日本も本戦直行を壮語できず"混沌のB組"
スポーツ東亜




※一部要約

2018ロシアワールドカップアジア最終予選B組も、韓国が争っているA組に劣らず非常に激しい。
絡み合う混沌のレースが毎ラウンド繰り返されてきた。
A組よりむしろもっと乱戦模様である。
並んで3勝1分け1敗の勝ち点10を記録中のサウジが得失点差で日本をわずかな差でかわして1位に上がっている。

だが安心することはできない。
オーストラリアとUAEの追撃が鋭い。
オーストラリアは無敗行進(2勝3分け)で、UAEは3勝2敗で並んで勝ち点9を手にしていて、サウジと日本にピタッと追いかけている。
近年のアジア圏の大会で安定して好成績を上げてきた"ダークホース"イラクが1勝(4敗)しかできていないほど低調だが、4ヶ国が2枚のみのワールドカップ本戦直行チケットと1枚のプレーオフ進出権をめぐって互角の混戦を繰り返している。





B組6次戦のハイライトは24日午前0時30分に行われるUAE-日本戦である。
彼らにとって勝ち点3は高い飛翔と余裕を与えるが、敗北はまさに奈落を意味する。
去年9月1日に埼玉で行われた最初の対決では、UAEがホームチームの日本を2-1で崩して1ラウンドからB組の版図を迷宮に追い込んだことがある。

3年前のブラジルワールドカップでアルジェリアを率いて韓国を制圧したハリルホジッチ監督が率いる日本は、"海外派総動員令"を宣言したがファンの期待値はあまり高くない。
高いネームバリューにもかかわらず所属チームの主戦競争で完全に押された、上辺だけが華やかなメンバーが主をなしているという指摘が絶えない。
日本メディアが右往左往している"シュティーリケ号"について疑問を拭えずにいる隣国韓国を見ながら「私たちよりはるかに事情はマシ」と愚痴る理由も、彼らが置かれている苦しい現実と関係なくはない。


スポンサーリンク
楽天





韓国・中国に劣らない日本・UAE"負ければ地獄"
デイリアン




※一部要約

韓国サッカー代表が負担な中国遠征を控えている中、日本もやはり厳しいUAE遠征試合に出撃する。

日本が属しているB組もやはり、韓国が2位を走っているA組に劣らず混戦模様だ。
A組では中国が最下位で3チームが混戦模様を帯びているなら、B組は4チームが勝ち点1差でぎっちりしている。

日本がこの日のUAE遠征で敗れれば2位の席を守ることはできない。
日本サッカー協会関係者の言葉通り、地獄に落ちる気分を味わうことになる。
同日にサウジとオーストラリアがそれぞれタイとイラクを相手に勝ち点を取る可能性が高く、日本のUAE戦の重圧はかなりある。

ともすれば3位で最終予選を終えて、1次プレーオフを行なってから大陸プレーオフまでしなければならない手に負えない旅程にでなければならない。
最終予選序盤に韓国と日本が同時に振るわなかったとき、「韓国-日本(韓日戦)で1次プレーオフが行われるのではないか」という話も、そのような日程のために出てきた。

不慣れな気候、長距離移動、時差など遠征試合を行うときに当然抱く負担はあるが、UAE戦は特に難しい。
日本は最近のUAE遠征で3分け1敗と最悪の成績表を出している。

弱り目に祟り目で、フランクフルトで活躍中のMF長谷部誠がシーズンアウトになり、エースの本田圭佑をはじめとして香川真司、岡崎慎司らの海外派が所属チームの主戦競争で押され、コンディションが以前とは同じでないこともハリルホジッチ監督の悩みを深めている。
ハリルホジッチ監督は「先発メンバーの構成が簡単ではない」と話したりもしていた。

サード配置をめぐって大きくなった葛藤の中で行う韓国サッカーの中国遠征と同じくらい、日本のUAE遠征試合も非常に思い一戦になった。
負ければ地獄という覚悟でプレーするアジア伝統の強豪のあがきは注目に値する。


【関連記事】
韓国メディア「ハリルホジッチの本田抜擢で日本代表でも義理サッカー論難が膨らみ始めた」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...