[サッカー] "名将"リッピの存在・・・中国がよりチクチクする理由
ニュース1




※一部要約

韓国は23日午後8時35分、中国長沙の賀竜スタジアムで中国と2018FIFAロシアワールドカップアジア地区最終予選A組6次戦を行う。

9回連続ワールドカップ本戦出場を狙う韓国は、今回の対戦で勝ち点3が必要だ。
韓国は現在3勝1分け1敗でイランに次いで2位を記録中である。
だが3位のウズベキスタンの激しい追撃を受けている。
主将キ・ソンヨンは「中国戦の結果によって1位に上がったり3位に落ちることもある」と中国戦の重要性を語った。

重要な試合だが気になる点が多い。
まず試合が中国で行われるという点である。
中国ホームのファンの熱狂的な応援が予想される。
そこに最近サード(THAAD・高高度ミサイル防衛体系)の設置で両国関係が荒れ、一部の過激な中国ファンの突発的な行動も憂慮されている。

また、今シーズンのACLで中国スーパーリーグがKリーグチームを相手に2勝1分けを記録し、自信を持つようになったもの変数になり得る。

だが最も韓国が警戒しなければならないのはリッピ監督だ。
リッピ監督は言葉の必要がない名将である。

去年10月に中国代表を引き受けたリッピ監督は、短い時間でチームを率いてから11月にカタールと初戦を繰り広げた。
リッピ監督は初戦から自身が楽しんで使ってきた4-3-3のフォーメーションを持ち出して良い試合をした。
決定力不足で最終的には笑えなかったが、韓国に緊張感をもたらすには十分だった。

キ・ソンヨンもやはり「カタール戦を分析したがチームがとても整備されている。攻撃的運営をしていた。最初の試合では2-3で負けているので、やってみる価値はあると考えてもいるようだ。もっと強く出てくるだろう。対策をしなければならない」と警戒した。

中国の指揮棒を手にして5ヶ月になった"名将"リッピ監督の存在は韓国が最も警戒し、気になる部分である。


スポンサーリンク
楽天





中リッピ監督「韓国相手に3ゴール決める、長沙は幸運の場所」
スターニュース




※一部要約

マルチェロ・リッピ中国代表監督が韓国戦を前に堅い覚悟を明かした。

中国サッカー代表は自国リーグもしばらく中断して16日に早期招集、集中的に練習を実施した。
21日の公式練習では序盤の15分だけを公開してから非公開に切り替えて戦術の完成度を高めた。
去年の9月1日に韓国は中国をホームの呼んで3-2で勝利した。
だが後半の中盤以降は2ゴールを許して苦戦したことがある。

試合前日の22日午後、中国代表の公式記者会見が行われた。
リッピ監督は「明日の試合はとても重要だ。全選手が明日の試合の重要性をわかっている。ゴールを3点くらい入れなければならないと決心している。そのくらい明日の試合は重要だ」と堅い覚悟を明かした。

現在の選手のコンディションや韓中戦に対する質問には「今は中国の医療チームが選手団のコンディション管理に最善を尽くしている。サッカー場から休憩スペースまで非常に気に入っている」と満足感をあらわした。

中国は長沙で行なった代表戦で4勝4分けを記録、たった一度も敗れたことがない。
それについてリッピ監督は「中国長沙はとても幸運な場所だと知っている。明日の試合で証明できたら良い」と期待感をあらわした。

続けてリッピ監督は「5ヶ月前の試合はもう考えてない。明日の試合だけに集中している。明日の試合を見守ってほしい」と、去年9月1日に敗れたことについて意に介さなかった。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…中国代表監督「韓国は思ったより弱かった」、戦術的判断ミスを認めた中国の本心
【W杯予選】韓国ネチズン「弾劾したい」:韓国代表が3月のAマッチ中国・シリア戦の招集メンバーを発表
【W杯予選】韓国メディア「韓国代表シュティーリケ号が中国長沙で国賓級の警護」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...