Jリーグに"暴風投資"の英パフォームグループ、韓国進出
フットボールリスト




※一部要約

世界最大のデジタルコンテンツおよびメディア企業の"パフォームグループ(Perform Group)"が韓国のスポーツ市場を狙う。
国内スポーツおよび文化事業の専門企業"ワクティ(WAGTI)"と手を握り、本格的な市場参入を狙っている。

パフォームグループはアジアサッカーの潜在力を高く評価し、様々なビジネスを展開中である。
2016年始めに中国最大のインターネットポータルサイトのバイドゥと手を握ってゴールドットコムチャイナをランチングし、同年7月には日本プロサッカーJリーグと10年間で計2100億円(約2兆ウォン)に達する超大型中継権契約を結んで大きな関心を集めた。

パフォームグループとワクティは20日、ソウル市江南区新沙洞にあるワクティの事務室でパートナーシップ調印式を行なった。
この日の調印式にはパフォームメディアのゴールドットコムグローバル総責任者のマーティン・ジョーンズとカン・ジョンフンワクティ代表が同席してパートナーシップを締結した。

ワクティ(WAGTI)はパートナーシップを通じてパフォームグループが運営中の世界最大規模(計37ヶ国)のサッカー専門メディアであるゴールドットコム(Goal.com)の韓国エディションを統括する。
またオンラインショッピングモールとサッカーキャンプなどの様々な事業を通じて、大韓民国のサッカー文化の多様性と水準を高め、"サッカーのすべて"を発展させるロードマップも構想中である。

パフォームグループが韓国パートナーにワクティを選んだのは、国内のどこよりもワクティ構成員のグローバルスポーツ市場に対する豊富な経験や国際的ビジネス感覚に注目したためというのがワクティの説明である。
構成員は国内最多のオリンピックおよびグローバルスポーツマーケティングの経験を基に、平昌オリンピックのスポンサーマーケティング代行業務やグローバルスポーツイベントライセンス事業を展開し、業界に新風を起こしている。


スポンサーリンク
楽天





パフォームとワクティ、新たなGOALに向かって一つのチームになる
ゴールドットコム




※一部要約

Q.2005年からゴールドットコムコリアがサービスされてきた。今年ワクティと手を握って新たにランチングする理由は何なのか?

A.ゴールドットコムは2011年からパフォームグループの家族になった。ゴールドットコムは37ヶ国、18の言語でサービスされている世界1位のサッカープラットフォームだ。サッカーは最も世界的なスポーツで、アジアに多くのサッカーファンがいる。去年は中国最大のインターネットポータルサイトのバイドゥと手を握ってゴールドットコムチャイナをランチングし、日本Jリーグとも協業を強化した。ゴールドットコムコリアのランチングはゴールドットコムのユーザー数をさらに増やし、韓国サッカーとKリーグの価値を上げるターニングポイントになれると信じている。パートナー社であるワクティはグローバルスポーツに対する豊富なDNAとビジネス感覚を持っている企業で、ゴールドットコムのブランドを韓国で最も上手く発展させられる企業だと考えている。


Q.去年結んだJリーグとの超大型中継権契約は韓国でも大きな話題になった。パフォームが提供するJリーグ中継の核心と差異化は何なのか?

A.ダゾーン(DAZN)はグループの子会社であるパフォームOTT(Over the top、インターネットを介したメディアコンテンツサービス)が構築した革新的なストリーミングサービスのダゾーン(DAZN)を提供している。利用者は月に定額を払い、Jリーグをはじめとしてブンデスリーガ、セリエA、MLB、NBA、UFC、F1などをオンライン、モバイル、テレビなどすべてのスマートデバイスを通じてリアルタイムで視聴できる。プラットフォームの利用モデルはネットフリックスに似ている。簡単に会員加入やキャンセルができ、一ヶ月に1750円(約18000ウォン)ですべてのサービスを使える。ダゾーンは現在日本、ドイツ、オーストリア、スイスで運営されている。


Q.最近中国、日本、オーストラリアのサッカーが自国リーグを中心に躍進中だ。Kリーグと韓国サッカーにも転換点ができるためには何が必要だろう?

A.韓国サッカーの魅力的な要素は豊富だ。ワールドカップ最多出場、AFC最多優勝で競技力は証明された。かつてのチャ・ボングンとパク・チソン、そして現在ヨーロッパで活躍しているキ・ソンヨンやソン・フンミン、ク・ジャチョルらは韓国サッカーを世界に紹介する重要な媒介となっている。ただしKリーグはコンテンツという低評価された商品をファン、中継権企業、スポンサーに合わせてパッケージして提供することを悩むのが、最も重要な要素であるだろう。Kリーグコンテンツの価値を上げてからは、現在ヨーロッパサッカーを好んでいる若いファン層のためのコンテンツを作り出す必要がある。ファンを満足させる多彩なコンテンツを用意しなければならず、それがどれだけ購買力を持っているのかを確認する段階は絶対に必要な過程だ。ゴールドットコムのグローバルネットワークを活用し、十分Kリーグと選手の価値を上げることに貢献できるだろうと信じている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...