全北のいないKリーグ4龍、ACLで苦戦する"二種類"の理由
スポーツソウル




※一部要約

2017ACLグループリーグの日程で14~15日に3ラウンドが行われて折り返し地点を回った中、Kリーグ4チームの苦戦の様相がはっきりとあらわれている。
今年はこれまでACLで韓国サッカーの自尊心を立ててきた全北が抜けて憂慮が深かったが、蓋を開けてみた結果現実となっている。
だがまだ即断するの早い。
Kリーグチームは毎年危機論を経験しながらもアジアの舞台で自尊心を生かしてきたので、残りの4~6ラウンドで4チームすべてではなくても2~3チームは16強に行くことができる。

東アジアが属するE~H組の中でグループ1位の国内クラブがないというのが、Kリーグの現実を証明している。
上海上港と広州恒大、江蘇蘇寧ら中国の3チームが3チームがF・G・H組の1位を総なめにしていて、去年の日本Jリーグ優勝チームの鹿島アントラーズがE組1位を奪った中、Kリーグでは水原三星と済州がそれぞれG組とH組の2位に上がってそれなりに体面を生かしている。
蔚山はタイのムアントンに遅れを取ってE組3位になっている。
残り3試合で順位の上昇は可能である。
問題は3戦全敗でタオルを投げる直前のソウルだ。
中国と日本の優勝チームが各組1位を守って巡航しているのとは正反対に、ソウルは絶望の奈落に落ちている。

Kリーグ不振の理由には二種類が挙げられる。
まず巨額を投じて特級FWを連れてきた中国クラブとのゴール決定力の差が際立っている。
江蘇はチェルシーでプレーしていたMFラミレスが2試合で決勝ゴールを決めるなど、GLの4ゴールすべてが外国人選手から生まれている。
上海上港はハルク(3ゴール)・エウケソン(2ゴール)・オスカル(1ゴール)らのブラジル三銃士が爆発し、3試合で9ゴールというとてつもない火力を誇っている。
一方、Kリーグクラブは決定的な瞬間でゴールが炸裂せず、内容でリードしていても結果で引き分けたり負けた試合が多かった。
ソウル-上海(0-1負け)、済州-江蘇(0-1)、蔚山-ムアントン(0-0分け)は、相手を圧倒しても"一発"がなくて頭を下げた試合である。

もう一つはホーム試合での苦戦だ。
KリーグはGLのホーム試合で6勝4分け2敗、2015年は7勝5わけを記録するなどホームで猛威を振るった。
今年は雰囲気が違う。
国内でACL6試合が行われた中、成績は1勝2分け3敗に過ぎない。
今後残り6回のホーム試合の結果によってKリーグの悲喜が交錯する可能性が高い。
水原と済州はそれぞれ2回のホーム試合を残しているだけに、彼らの善戦の有無によって16強進出のチーム数が決まるものとみられる。


スポンサーリンク
楽天





Kリーグ4龍、ACLで並んで"不振"・・・中国スーパーリーグ"超強勢"
聯合ニュース




※一部要約

スーパーリーグの3チームは計9試合でたった一度も負けないまま7勝2分けの圧倒的な戦力を誇示した。

大物外国人選手を獲得した投資効果をはっきりと見たわけだ。

日本も鹿島アントラーズがE組で2勝1分(※2勝1敗の間違い)けで1位に出て、浦和レッズがF組2位にランクされるなど、4チームが5勝4分け3敗を合作してKリーグより優位を示した。

韓・中・日の争いで韓国が劣勢を免れることができないのは、最近Kリーグの競技力が低下したためである。

国内クラブは中国スーパーリーグレベルの"特級傭兵"の獲得が容易ではないうえ、それなりの準尺級であるアドリアーノや全北でプレーしていたレオナルドを引き止めることができなかった。

国内トップクラスのDFとGKが中国スーパーリーグと日本Jリーグに移籍した余波も小さくない。

ファン・ソンホンソウル監督はシドニー戦の敗北後、Kリーグチームの不振について「他リーグのレベルは上がっているが、Kリーグは競技力が落ちたのではないかと思う」と語った。

ハン・ジュンヒKBSサッカー解説委員も「Kリーグチームの問題の前に、中国と日本チームの戦力が去年より良くなった」として、「蔚山はキム・ドフン監督が指令塔になってから初めてのシーズンで、ソウルもファン・ソンホン監督が去年の途中にチェ・ヨンス前監督から指揮棒を譲り受け、自分の色をつける過渡期的な状況で産みの苦しみを味わっているとみられる」と分析した。


【関連記事】
【ACL】韓国ネチズン「1分け3敗」:済州ユナイテッド0:1江蘇蘇寧、攻め続けた済州だったがラミレスの一発に沈む
【ACL】韓国メディア「中国・日本の常勝疾走、韓国だけふらつく」「FCソウル・水原三星の監督が冷酷な現実について語る」
【ACL】韓国メディア「浦和レッズ戦の大敗はソウルだけでなくKリーグにとっても自尊心が傷つく屈辱」
【ACL】韓国ネチズン反応:FCソウルがホームでウェスタン・シドニーに敗れて3連敗、16強進出が難しくなる



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...