[クラシックレビュー] "キム・シヌク決勝ゴール"全北、湖南ダービーで全南に2-1の劇的勝ち・・・開幕戦6連勝
インターフットボール




※一部要約

全北現代が全南ドラゴンズとの湖南ダービーで劇的な勝利をおさめた。

全北は5日午後3時、全州総合競技場で行われたKEBハナ銀行Kリーグクラシック2017 1ラウンド開幕戦の湖南ダービーで、キム・ジンスの先制ゴールの後にフェツェシンに同点ゴールを許したが、キム・シヌクの劇的なゴールで全南に2-1の勝利をおさめた。
これで全北は6シーズン連続で開幕戦勝利を記録した。


20170305174621101a.jpg

20170305174621101b.jpg

20170305174621101c.jpg


スポンサーリンク
楽天





[全北-全南] "満点デビュー"キム・ジンス、「故郷のファンに幸せをプレゼントした」
スポータルコリア




※一部要約

キム・ジンスは5日、全州総合競技場で行われた全南ドラゴンズとのKリーグクラシック1ラウンドでKリーグデビューをした。
彼は前半39分にFKで全北に先制ゴールをもたらすなど、全北の2-1の勝利を導いた。

全州出身のキム・ジンスにとってこの日のデビュー戦は様々な面で意義深かった。
故郷のファンに自分の名前をはっきりと知らしめた。
彼は「私が生まれた場所で多くの方々声援を送ってくれた。ここでプレーすることは考えることもできなかった。故郷のファンの前で競技場に入っただけでも幸せで、得点によってその方々に幸せを与えることができて気持ちが良い」と言った。

続けて「FKゴールを決めたことを嬉しく思う。気持ちの準備をかなりしたし、私にとって重要な試合だった。最初の試合でチームに役立てて満足だ」と所感を伝えた。
彼は「ドイツ・ブンデスリーガでの最初のシーズンのときもFKを蹴った。中高校のときも続けていた」として、「今シーズンの準備を自分なりにやってきて、最初の試合でゴールが出て嬉しく思う」と準備してきたことが思い通りになり満足した。

キム・ジンスと呼吸を合わせているキム・シヌクは「いつもジンスはFKの練習をたくさんしている。100本ずつ蹴っている」と練習の成果だと伝えた。

キム・ジンスはFKゴールと同時に長いゴールセレモニーでも注目を浴びた。
彼は多様なゴールセレモニーをして、主審に遅延行為で注意を受けたりもした。
これについて彼は「ゴールを決めてチェ・ガンヒ監督様のところに行きたかった。ベンチの後ろには私と結婚する予備新婦もいた。(キム・)ミンジェと用意していたこともあり、一度やってみたら時間が長引いた」と笑って説明した。

続けて「私にとって重要な試合だった。ゴールを決めたときみんなと一緒にしたかった。最も重要なのは、私の妻になる人が来ていたのでより感慨深かった」と自分の予備新婦に愛のメッセージも付け加えた。




チェ・ガンヒ、「キム・ジンス、満点活躍をした」
OSEN




※一部要約

Kリーグデビュー戦でデビューゴールを決めたキム・ジンスについては「ジンスは思ったよりスピードや持久力など基本的な能力が良く、性格的にも明るい。積極的なだけに、細かさだけ整えたら本来の能力以上を見せられると思った」として、「一年以上試合に出られず心配していたが、満点活躍をした。適応さえすれば良い活躍を安定してすると信じている」と好評した。





※キム・ジンスのゴールシーン




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...