「直してくれ!」・・・スコラーリ監督を不快にさせた誤謬
ベストイレブン




※一部要約

ブラジルサッカーが産んだ世界的名将の一人でありルイス・フェリペ・スコラーリ広州恒大監督にとって、韓国はかなり大きな意味を持つ国である。

記憶力の良いファンなら、あるいはサッカー史に関心の高いファンならすぐ気づいたかもしれない。
スコラーリ監督は2002韓日ワールドカップで"サンバ軍団"ブラジルを率いて、祖国に通算5回目のワールドカップ優勝をもたらした。
当然韓日ワールドカップはスコラーリ監督が世界的名将だという評価を受ける舞台になった。
GL3試合を行った韓国は、その伝説的な歩みの出発点だったので、スコラーリ監督にとって忘れられない国になる他ない。

韓国の都市である水原は特に縁の深い都市である。
スコラーリ監督は"3R(ロナウド・リバウド・ロナウジーニョ)"トリオをはじめとしてカフー、ジウベルト・シウバ、ロベルト・カルロスなどが身を置いていた当時のブラジルA代表を率いてワールドカップGL最後の試合、そして韓国で行う最後の試合を水原ワールドカップ競技場で行なった。

そのときコスタリカ相手に5-2で大勝をおさめ、韓日ワールドカップで最も素晴らしい得点の一つに挙げられるエジミウソンの幻想的なオーバーヘッドキックがまさにこの競技場で炸裂した。
水原は大会開幕前でも悲観的な見通しを受けていたブラジルが、GLで3戦全勝を達成してワールドカップ優勝を十分に狙えるという確信を得たところだったと見ることができる。

当然水原ワールドカップ競技場への愛着は大きくなるしかないだろう。
スコラーリ監督は広州恒大を率い、1日夜7時にまさにこの水原ワールドカップ競技場で2017AFCチャンピオンズリーグG組2ラウンドの水原三星戦を行なった。
だが記者会見場を抜けてミックスゾーンを通り過ぎるときには表情が優れてなかった。
ベストイレブンをはじめとするいくつかの韓国取材陣に不満をあらわした。


スポンサーリンク
楽天








「壁にあるブラジル代表名簿の監督の名前を見ろ。監督の名前にアントニオ・オリベイラと記されているが、当時のブラジルの指令塔はまさに私だった。オリベイラは当時ポルトガルの監督だった。前回もここに来たとき直してくれと言ったがまだ変わってなかった。絶対に措置を取ってくれ」

水原ワールドカップ競技場管理財団は、水原ワールドカップ競技場内のミックスゾーンに韓日ワールドカップのときここで試合を行った各国代表選手団の名前を刻んだパネルを壁につけて展示している。
前述したようにスコラーリ監督が率いていたブラジルA代表もここで試合をしたので当然名簿がつけられている。
だが肝心のブラジルの監督の名前には、スコラーリ監督が指摘したように、オリベイラという当時ポルトガルの監督の名前がつけられていた。
ハングルを知らないスコラーリ監督はハングル名に関心を示すことは皆無だったし、英文名に敏感な反応を示すのは当然だった。

実は当初スコラーリ監督は、周囲の水原のクラブスタッフを通じてこれについて抗議しようとする姿を見せていた。
海外では通常、競技場はクラブの所有であることが多いのでそうしようと考えたようだが、なぜかその場にクラブ職員がいなくて取材陣にこのような不満事項を伝えたものとみられる。
その事実を水原のフロントに伝えると、困ったという表情になった。
誤記があるので当然直すべきなのだが、水原はこのパネルに手をつける権利がなかった。
前述したように、選手団のパネルをはじめとする競技場内のすべての装飾物の管理権限は、水原ワールドカップ競技場管理財団にあるためである。
ただしこの事実を管理財団側に伝えて訂正させるようにするという意を伝えてきた。

スコラーリ監督は他のチームの名簿に関心を向けなかったから良かったが、実は誤記は他にもあった。
2002韓日ワールドカップで韓国と共に旋風を起こしたと評価されているセネガルの指令塔の英文名には、ブルース・アリーナ当時アメリカ監督が刻まれていた。
当時のセネガルの監督は獅子パーマヘアをなびかせてセネガル選手を指揮していたフランス出身のブルーノ・メツ監督だった。

だがそのような誤謬は、管理団体の無関心の中で韓日ワールドカップが終わった2002年から15年間続いてきたという点を思い出させるので、恥ずかしいという感情を消すことができない。
海外でサッカー史を扱う文化スペース、例えばサッカー博物館が持っている地位が非常に高いことを思い浮かべれば特にそうである。
ちなみにスコラーリ監督が広州恒大の指令塔を引き受けている間だけは、韓国をかなり頻繁に訪れると予想される。
そのときにも誤記がそのままであるならば、彼は韓国に対してさらに大きく失望するのではないだろうか?
スコラーリ監督の失望の有無を離れて、韓国サッカー史の道標と言える韓日ワールドカップ関連の資料に明白な誤謬があるというのは大きな誤ちである。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...