魂の抜けた守備・・・恥を晒した韓チャンプソウル
ベストイレブン




※一部要約

実に恥ずかしい競技力だった。
仮にも韓国最上位プロリーグのKリーグクラシックのディフェンディングチャンピオンだったので尚更そうだった。
FCソウルはまるで東南アジアの群小クラブのように無気力だった。

ソウルは28日、日本の埼玉スタジアム2002で行われた2017AFCチャンピオンズリーグF組2次戦で浦和レッドダイヤモンズに2-5で大敗した。
前半のパク・チュヨン、後半のデヤンのゴールで零敗を免れたのが幸いだった。
この日の敗北でソウルはGL2戦2敗でF組最下位と遅れを取った。

スコアが示しているように残酷な敗北だった。
内容と結果でどちらも完全に負けた。

ファン監督は前半だけで5ゴールを奪われると、すぐにハーフタイムでキム・ウォンシクを外してマウリーニョを投じて勝負の賭けに出た。
だが効果のない変化だった。
浦和は後半も退かなかったし、競技力を持続させた。

ソウルは後半に選手交代で変化を与えたにもかかわらず、押し込むどころか浦和に主導権を渡した。
スコア差が広がらなかっただけで、それでも状況は良くならなかった。
デヤンの挽回ゴールで体面を少し保てたのが慰めだった。
埼玉で露呈した守備の不安を解決できなければ、今シーズンのソウルはACLはもちろん、リーグでも容易ではない序盤を過ごすことになり得る。


スポンサーリンク
楽天





[浦和-ソウル] ファン・ソンホン監督、「大量失点の原因、相手パターンの対応に失敗」
スポータルコリア




※一部要約

昨シーズンのKリーグクラシックチャンピオンであり、ACL4強まで上ったので衝撃はさらに大きかった。
これによりファン・ソンホン監督の心も複雑で息苦しくなるしかなかった。

彼は試合後の記者会見で「前半に大量失点をして試合が難しい運営になった」と試合の所感を明かした。

ファン・ソンホン監督は「相手のパターンに対応が上手くできず、失点がずっと出てしまった。相手に試合の流れを渡して進み、全体的に難しい試合になった」と失点の原因を振り返った。

浦和はソウル戦の前に横浜戦で敗れていた。
横浜は浦和の攻撃にカウンターでしっかり対応したが、ソウルは前方プレスを選択したのが敗因だった。

ファン・ソンホン監督は「違う方法もあっただろう。選手は監督の判断で前方から強くプレスをしながら忠実に戦術を履行する試合をしたと思う。過ぎた試合に後悔はしない。これから残りの試合をしっかり準備するようにする」とあまり意に介さなかった。

ソウルはこの日の敗北から残り4試合で最大限に勝数を積んでこそ16強進出を期することができる。
厳しい競争を避けることはできない。

彼は「2連敗で予選突破が難しくなったが、しっかり準備して克服できるようにする。リーグ開幕戦も迫っているのでしっかり準備する。サッカーはゴールを決めなければならない競技だ。プレスもしっかり遂行しなければならない。ソウルが発展できる方法を模索してチームを運営していく」と敗北を薬にした。


【関連記事】
【ACL】韓国ネチズン反応:浦和レッズ5:2FCソウル、浦和遠征で埼玉大惨事



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...