"Kリーグデビュー"ペク・ソンドン、"胸"に刻んだク・ジャチョルのアドバイス
OSEN




※一部要約

「水原FCのゴールネットを破け」

去年末に水原FCは驚きの獲得をした。
2010ロンドンオリンピックでホン・ミョンボ号の一員として銅メダルを手にしたペク・ソンドンの獲得を発表した。

ペク・ソンドンは韓国サッカー期待の主だった。
多くの期待の主がいたが、彼もやはり多くの期待を受けていた。
U-20とU-23を経てオリンピック代表で活躍した。

2012年にJリーグのジュビロ磐田でプロ生活を始め、サガン鳥栖とVファーレン長崎を経て113試合プレーした。
Jリーグではもう多くの経験を積んだ選手。

多くの経験をしている選手だが、Kリーグは今シーズンにデビューする。
Jリーグでメディアやファンとたくさん交感していた彼は嬉しそうに挨拶し、韓国でサッカーをするのが楽しいと言った。

Kリーグ復帰で受けたアドバイスについて、ペク・ソンドンは落ち着いて語った。
彼は「(ク・)ジャチョル兄さんは"水原FCのゴールネットを破ってしまおう"という言葉を頂いた。ゴールをたくさん決めろというアドバイスで、頑張れという応援だった。(オ・)ジェソク兄さんと(チョン・)ウヨン兄さんも頑張れと伝えてくれた」と応えた。


スポンサーリンク
楽天





「ク・ジャチョル兄さんがゴールネットを破けと言った」・・・ペク・ソンドンが歌う"復活の歌"
スポーツソウル




※一部要約

─韓国へ来てボールを蹴ってどうだったか。

すごく楽しい(笑)。日本に5年いたが日本語だけ使っていたので、こうして韓国語で騒いで運動するのは楽しい。いつの間にか弟がたくさんできた。


─あえて今年Kリーグに来た理由はあるのか。特にクラシックでもなくチャレンジに来ることになったのだが。

今年韓国に来るというはっきりとした理由はなかった。韓国や日本などの様々なチームを見て、水原FCに決めることになった。(チャレンジ行きは)容易ではない決定だったが、それでも何かを達成できることが多いと感じた。今年は韓国年齢で27歳だ。変化が必要じゃないだろうかと考えているときだった。私の基準では慎重ながらも難しい決定をした。良い決定だったという言葉が後になって出てくるようにする。


─クラシックのクラブも欲しがっていたが、ここに来た決定的な理由があれば。

試合でたくさんプレーすることができるチームに行くことが基準だった。チョ・トクジェ監督様も私を望んでいることが感じられたし、クラブも私を望んでいることがわかった。最後に入団を決めたときはイ・グァンジン、ソン・スヨンら同年代の友人がプラスになった。かつて一緒に楽しくサッカーをした友人だ。決定的な瞬間に彼らがいて惹かれた。


─練習だけだが韓国チームは何が違うのか。

練習スケジュールは日本と似ている。
一つ違うのは冬季キャンプの期間が長いという点である。


─ロンドンオリンピック以降、外から見たときは忘れられた選手のようだった。

(忘れられたのは)合っている。また人々の前で私の名前が取り上げられてほしい。良い方で取り上げられることを願う。チームが昇格して上がっていけば私の名前もまた出てくるだろう。チームの中で忠実にプレーする。


─ロンドンオリンピックで一緒にプレーした先輩は何と応援したのか。

(ク・)ジャチョル兄さんは"水原FCのゴールネットを破ってしまおう"と言っていた(笑)。(オ・)ジェソク兄さんと(チョン・)ウヨン兄さんはお前の選択を応援するから頑張ってみろと言っていた。


─個人的な目標は。

チームの目標が私の個人目標である。クラシック昇格を絶対にできるよう努力する。個人的には攻撃手なので攻撃ポイントに気を使うだろう。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...