"また態度問題"バロテッリ、ニース2軍に墜落・・・"信頼を失った"
インターフットボール




※一部要約

復活の翼を広げたように見えた。
だがマリオ・バロテッリの墜落は相変わらず続いている。
ニースでも席を失ったのだ。

最高の才能と評価されたバロテッリは最近数年間、屈辱的なときを過ごしている。
バロテッリは昨シーズンを最後にACミランのレンタルから戻ってきてリバプールで新たな挑戦をしたいという意志を明確にしていた。
だがバロテッリはユルゲン・クロップ監督の計画に含まれなかった。
実際クロップ監督は「バロテッリはもう新しいチームを探さなければならない」と移籍を勧めたりもした。

これに対してバロテッリはベシクタシュやナポリ、アヤックスなどの名門クラブへの移籍を狙った。
だがこれらはすべて彼の獲得に関心がなかった。

それで目線を低くしたバロテッリはハル・シティ、キエーボ、ベローナ、サッスオーロ、ニースなどに視線を向けるしかなく、最終的にニース行きを選んだ。

これは最高の選択かと思えた。
ニースに移ったバロテッリはリーグ13試合で9ゴールを記録し、復活の羽ばたきを始めたと評価された。

だが不誠実な態度は相変わらずだった。
最近危険なタックルで懲戒を受けて物議を醸し、今度は態度の問題で試合に出られないのだ。
監督の気持ちも離れたものとみられる。

イタリアの"ガゼッタ・デロ・スポルト"は12日、「バロテッリとニースのロマンスは終わった」として、「ニースのリュシュアン・ファーブルはバロテッリが十分な守備加担をしないという理由で外した。すでにバロテッリは2軍に落ちた」と明かした。

このようにニースで戦力外に分類されたバロテッリ、彼はまた最悪の試練を目前にしている。


スポンサーリンク
楽天




序盤は良かったが・・



ふふふふふ
ダメな奴はダメだ



マンシティでも危険なタックルをしてヤヤ・トゥーレと喧嘩してなかったか?


┗マンチーニの胸ぐらまで掴んだ


┗ヤヤ・トゥーレじゃなくてボアテングじゃなかった?
 リチャーズだったか?
 DFだったのはわかってるが・・


┗バロテッリ・ボアテングで検索してみろ(笑)






人は簡単には変わらないというのが真理である・・・


┗簡単にはだと・・・
 絶対に変わらない


┗パク・クネは絶対に変わらない



中国に行こう
君が好きな少林サッカーが繰り広げられている



もう引退しろ・・・



インテルのときからなんとなく情が行って応援してた選手だが・・・
もう終わったようだ




自身がクラブオーナー兼監督兼選手をしなければならない選手だ・・・



やはりマンチーニは菩薩だった



雑巾は洗濯しても雑巾だ



これほどならサッカー界から退出させるのが答えだ



こいつはボールを持ったときを除けば走らない



Kリーグに来い



歴代級の新星だとかなり期待されたが結局は・・・



才能がもったいない・・・



典型的な才能の無駄である



Why always me?



全北現代に来い



チェ・ヨンスとなんとなく合いそうだ



本当に不思議な選手だ;;;



この人は職業を間違って選んだようだ
今からでもUFCにゴーゴー



怠惰な天才は常に地獄に落ちる・・・


┗それでも成功した金持ちだという



イタリアのイ・チョンス



彼の実力は相変わらずだがメンタルも相変わらずだね



救いのない奴だ



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...