"ヨーロッパ残留かKリーグ復帰か"ソク・ヒョンジュンの去就、今月末に決定
スポTVニュース




※一部要約

トラブゾンスポル(トルコ)と決別し、ポルト(ポルトガル)でも立場の狭いソク・ヒョンジュンが苦悩に陥った。
ヨーロッパ残留とKリーグ復帰をめぐって選択の岐路に立った。

トラブゾンスポルは1日にソク・ヒョンジュンとの契約解除を発表した。
ポルトで主戦競争から押され、トラブゾンスポルへのレンタルで雰囲気の反転を試みたが、結局成功的な結果を出すことはできなかった。
ヨーロッパサッカーの冬の移籍市場は閉じられたので、ヨーロッパ内の移籍も容易ではなさそうに見える。
現在移籍が可能なリーグはロシア、ギリシャ、スウェーデン、ノルウェーなど制限的であり、兵役問題などの個人的な事情まであるのでヨーロッパでずっと夢を続けることは簡単ではないだろうという意見がある。

ソク・ヒョンジュンの知人によると、休暇を取っているソク・ヒョンジュンはすべての可能性を開いている。
彼は「(ソク・ヒョンジュンの去就に関して)1位は移籍が可能なヨーロッパのリーグに移ることだ。冬の移籍市場は終わったが、それでもロシアや北欧など移籍できるリーグは結構ある」として、「ヨーロッパ内の移籍が上手く進まなかったとき、Kリーグ復帰で糸口を掴むだろう。Kリーグ開幕前の2月末までには行き先が決まるだろう」と語った。

ソク・ヒョンジュンはポルト移籍前、ヴィトーリアFCやFCフローニンゲンでプレーしてゴール感覚をつけた。
シュティーリケ監督の招集を受けて代表チームでも大活躍したのがこのときである。
悩みは深いが迅速で賢い選択が必要だ。


スポンサーリンク
楽天





[サッカー] "ジャーニーマン"ソク・ヒョンジュン、去就不透明・・・次の行き先はKリーグ?
NEWSIS




※一部要約

去年8月の移籍市場でトラブゾンスポルに合流したソク・ヒョンジュンは、5ヶ月でトルコ生活を終えることになった。

ソク・ヒョンジュンは再び移籍を準備していることがわかった。
だが簡単ではない。
現在ヨーロッパのサッカー市場は閉まっている状態だ。
移籍できるリーグはロシア、ギリシャ、スウェーデンなど制限的である。

そこに兵役問題も解決できない状況なのでKリーグ移籍も考慮している。

満26歳のソク・ヒョンジュンは尚州尚武(軍)か牙山ムグンファ(警察)で現役生活をして兵役問題を解決しなければならない。
そのためには満27歳の前に国内に籍をおいておかなければならない。

ソク・ヒョンジュンの所属事務所は「まずはヨーロッパ残留を目標にしているが、すべての可能性を残している」として、「思い通りにならなければKリーグに移籍する可能性もある」と語った。

それに対して蔚山現代がソク・ヒョンジュン獲得に関心を示している。

蔚山は今年、ACL本戦進出が確定してFW補強が切実な状況である。

蔚山の関係者は「今シーズンのリーグやACLなどで好成績をおさめなければならないだけに、やや不足している攻撃力に傍点をつける選手としてソク・ヒョンジュンの獲得を検討中」と明かした。

ただしソク・ヒョンジュン側と獲得に関して具体的な協議に入ったわけではなく、様々な候補群のうちの一人というだけであると線を引いた。

ソク・ヒョンジュンにとっても時間は多くない。
もしヨーロッパ残留が不発になればKリーグ移籍を選択するものとみられる。

今シーズンのKリーグのの1次選手登録締め切りは28日である。
移籍やレンタルは3月30日の追加登録期間まで許される。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...