エッシェン、アデバヨール、ドログバ・・・Kリーグで見るところだった"スター"
フットボールリスト




※一部要約

先日フランスメディア"ルディスポール"の報道でコートジボワールのFWディディエ・ドログバが済州ユナイテッドと接触した事実が明かされた。
済州はすでに外国人選手の構成を終えていて、ドログバ獲得を打診したのはすでに期間が過ぎたことだった。

実現はしなかったが、ドログバがKリーグの舞台でプレーしていれば興味深いことになっていただろう。
ドログバは40近い年齢になったが、モントリオール・インパクト所属として、2016シーズンのメジャーリーグサッカーでリーグ22試合に出場し10ゴールを記録した。
相変わらず優れた技量を維持している。

韓国サッカーファンに人気の高いEPLの舞台で走っていたスターが終期を迎えたり再起の足場を用意するために、Kリーグ進出に関心を持ち始めた。
ヨーロッパ地域をベースにあるエージェントは、アジアリーグに対する選手の好感が上がっていて、巨額の条件を提示している中国の他に韓国でプレーすることに関心を示している選手は少なくないと伝えた。

実際、江原FCはボルトン・ワンダラーズでイ・チョンヨンと同じ釜の飯を食べたフランス青少年代表出身FWのダビド・ヌゴグと獲得交渉をしたりもした。
ヌゴグはパリ・サンジェルマンユース出身で、2006年にプロデビューして2008/2009シーズンから2010/2011シーズンまでリバプールで活躍した選手である。

江原が身代金の高いヌゴグの代わりに、若くて将来性のある選手を獲得することに舵を切って最終交渉は決裂した。

ヌゴグとガーナ代表を共にしていたマイケル・エッシェンもあるKリーグクラブと公式に接触した。
チェルシーで全盛期を過ごし、レアル・マドリードとACミランでも活躍したエッシェンは、2015年夏にギリシャクラブのパナシナイコスと2年契約を結んだが、去年11月に双方合意の下で契約解除した。

当時エッシェンはKリーグ進出に好感を見せ、韓国人のエージェントに公式委任状を発行した。
エッシェンは2006年6月、ワールドカップを前に行った韓国との評価試合で1ゴール1アシストを上げて3-1の勝利を導いた。
大会後、10月にガーナ代表と共に来韓して再び韓国戦で3-1の勝利を導く過程で決定的なゴールを決めた。
韓国サッカーとの縁は良い。

実際にある企業クラブと交渉が進められたが、事務局とコーチングスタッフの間で意見が違って失敗に終わった。
具体的な水準の議論が続いたが、十字靭帯の負傷から競技力が低下し、年齢の高いエッシェンの活躍の可能性について負担があった。
韓国行きが失敗に終わったエッシェンは現在、ブラジルリーグ進出を推進していることがわかった。


スポンサーリンク
楽天








韓国サッカーファンに馴染みのスターの中で、今シーズンKリーグ進出の可能性があったもう一人の選手はトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールである。
ASモナコ、アーセナル、マンチェスター・シティ、レアル・マドリード、トッテナム・ホットスパーなどを経てヨーロッパの舞台で最高級の活躍を繰り広げてきたアデバヨールは、2016年にクリスタル・パレスで浮き沈みのときを経験した。

2016年夏の契約解除から新チームを探していたアデバヨールは、Kリーグの数チームとリンクされた。
年俸は10億ウォン台であることがわかった。
だがアデバヨールに積極的な関心を示したチームはあらわれず、トルコ・スーパーリーグで旋風を起こしているイスタンブール・バシャクシェヒルに入団した。

名前を聞くと知っている往年のスターが韓国行きを好む理由は、韓国が生活面で安定的であり、給与未払いの問題がほとんど起きないという点である。
同時に韓国での活躍によって、中国や日本などの近隣リーグへ身代金を上げて移籍できるという希望もある。

韓国行きを打診した往年のスターは浮き沈みの時期を経験しているという共通点がある。
どんな選手でも成功の可能性は確答できない。
あるエージェントは「ネームバリューのあるスターがKリーグに来ることは、間違いなくリーグの注目度などレベルを上げることのできるチャンスになり得る。一緒にやるチームメイトに好影響を与えられる選手なら、良い効果を出すことができる」と語った。



投資=成績=観客=興行



エッシェンは実力面が駄目でもクラブ価値の次元ではすごいメリットのはずなのに



いや接触したのみで期待だけを膨らませてどうする
獲得しないと



06のときのガーナは本当に信じられないくらい強かった



10億台で連れてこれる往年の大スターなら連れて来い
1、2年で商品性を上げて中国移籍させられないのか???



Kリーグは残念だ・・・
あぁ・・・そして中国の奴は・・・
あまりに選手のインフレを酷くさせた・・・
それにしてもKリーグの財政も厳しいが・・・
いつかはプレミアリーグのようにすることができるだろうか?



スター獲得はクラブマーケティングにとって間違いなく役立つはずなのに



私がKリーグで最も見たい選手はエブラ






たとえ実力が落ちてもスターを獲得することは
今のKリーグにとって必要な戦略だ



ドログバが来てほしい



率直に関心がないというより彼らの年俸に耐えられないから
獲得できないのだと見るべき



Kリーグはアジア最強のリーグだ・・
ピークの過ぎた選手が来て大成功する舞台じゃない・・
だからKリーグもファンサービスの次元で獲得を考慮してはやめるのだ



フォルランを連れてきて降格したセレッソ大阪だけを見ても
大金をかけてこんな選手を連れてくる必要はない



┗フォルランが来たシーズンは観客がものすごく増えたのに
 ずっとそういうマインドだから観客がいないのだろう


┗それでもビッグネームの選手がいたら観客はもっと来るだろう


┗スター選手のコスパに対する分析はすでに終わっている
 Jリーグがなぜもうスター選手の獲得に積極的じゃないのかよく調べてみろ・・


┗今のKリーグに必要なのはスター選手だ・・
 ドログバが来てみろ
 大韓民国のサッカーファンがみんな見に行く
 それほど波及効果がとてつもないのだ



アデバヨールとドログバが韓国で見れたら本当に良いね



Kリーグの興行のためには必要だと思う~



接触は世界中のどの国のリーグでもすべてできる・・・
獲得できるかどうかが問題だ・・・
お前たちはチュオンレベルで満足してろ



たぶんプロ連盟の年俸公開の影響が大きかったようだ・・・
(※参考:韓国ネチズン反応…Kリーグの選手流出、本当の原因は年俸公開ではない



アデはちょっと使ってみる価値があるんじゃないか



ふふふふ
結局来たことは一度もなく口だけ
来てから言え



エッシェンは本当に歴代級だった
サッカー選手で恐ろしい感じがする選手は初めてだった



一人でも来てから言おう
ふふ



ベッカム、ロナウド、メッシほどの認知度じゃないと
ほぼ5試合くらいしか効果がない



接触は誰でもできる



通り過ぎるKリーグ
最終的にはJリーグや中国スーパーリーグに進出するための踏み台!




だが現実は無名のブラジル三流野郎
ふふ



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...