恐ろしくなったJリーグ、マンUで得点王になったファン・ペルシ獲得も推進
聯合ニュース




※一部要約

日本プロサッカーJリーグのクラブが続々と特級外国人選手の獲得に乗り出している。

日本メディアのサッカーダイジェストは2日、トルコメディアを引用してサンフレッチェ広島がオランダ代表出身ファン・ペルシの争奪戦に飛び込んだと伝えた。

このメディアは「広島はファン・ペルシ側と接触し、現所属チームのフェネルバフチェに移籍金650万ユーロ(約80億ウォン)を提示した」と説明した。

ファン・ペルシはアーセナルで2011-2012シーズンに得点王を取り、翌年マンチェスター・ユナイテッドで再び得点王になった世界的スタープレーヤーである。

彼は2015年にトルコ・フェネルバフチェに移籍した。

ファン・ペルシはオランダ復帰とアジアリーグ進出で悩んでいることがわかった。


スポンサーリンク
楽天





[SWイシュー] 日本Jリーグに吹いた"マネーサッカー"・・・"投資or過消費"
スポーツワールド




※一部要約

量的膨張に伴う投資なのか過消費なのか。
Jリーグが規模を育てている。

最近の日本Jリーグは連日世界的なスター級選手の獲得に熱を上げている。
日本メディアのサッカーダイジェストは2日、トルコメディアを引用してサンフレッチェ広島がオランダ代表出身のロビン・ファン・ペルシの争奪戦に飛び込んだと伝えた。

2015年にフェネルバフチェに移籍した彼は、最近自国リーグのオランダ復帰とアジアリーグ進出で悩んでいる。
トルコメディアは「広島がフェネルバフチェにファン・ペルシ獲得のために移籍金650万ユーロを提示した」と説明した。

日本Jリーグクラブの大型スタープレーヤー獲得のアプローチは今回が初めてではない。
最近、ヴィッセル神戸はドイツ代表出身のルーカス・ポドルスキ獲得を推進した。
現在ヴィッセル神戸はポドルスキの現所属チームであるガラタサライと移籍金交渉を繰り広げている。
以前セレッソ大阪がやはり"ウルグアイの英雄"ディエゴ・フォルランを獲得したことがある。
当時セレッソ大阪は2部リーグに落ちたが、フォルランを見るためにファンが大変な賑わいを見せたりもした。

これは中国の歩みと似ている姿だ。
全盛期から衰退期に入った世界的なスターに巨額の投資をしてラブコールを送っている。
これは明らかに興行に影響を与える要素である。
ただし、量的膨張がメインになっている中国スーパーリーグと違う点は、質的膨張が成されているという点だ。
Jリーグは最近英国のスポーツ企業と10年間で計2000億円(約2兆3490億ウォン)に達する中継権契約をした。
それに対して新シーズンの優勝チームに優勝賞金10億円(約102億ウォン)を分配する。
昨シーズンと比べて10倍も跳ね上がった金額である。
それと共にJリーグ1部の18チームには、それぞれ30億9000万円(約315億ウォン)の配当金が策定された。
配当金が大幅に増えたので、クラブでも積極的な投資の歩みを繰り広げている。
最近鹿島アントラーズが全北現代の守門将クォン・スンテを獲得したのも、攻撃的投資のワンシーンである。

一方、アジアサッカーを主導している韓国Kリーグは投資にケチな状況だ。
中国スーパーリーグに続いて日本Jリーグにも吹いた"マネーサッカー"が、どのような影響を及ぼすのか注目が集まっている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...