キム・ジンス-ユン・ソギョン-パク・チュホ、来る1月の移籍市場で新チームを見つけるか
スターニュース




※一部要約

代表チームの左SBを担う選手がすべて所属チームで席を取れずにいる。
彼らの移籍は競技力のため、代表として選手本人として早急にしなければならない。

ユン・ソギョンは約3ヶ月間デンマークリーグで出場記録がなく、8試合でベンチにいただけだった。
カップ大会1試合が唯一の出場記録である。
11月に代表チームに招集されたが、ウズベク戦を前に最終メンバーから脱落した。
現在ユン・ソギョンは多く出場するため、新しいクラブを探しているところである。
日本Jリーグの鹿島アントラーズ入団の噂が出たが、まだ公式発表はない状況だ。


20161218063604a.jpg


スポンサーリンク
楽天





ユン・ソギョン、日本の柏レイソル入団有力
スポーツソウル

20161220060120128.jpg


※一部要約

"シュティーリケ号"の左SBユン・ソギョンがヨーロッパ生活を精算し、日本Jリーグに巣を作る見通しである。
ホン・ミョンボ監督が現役時代にプレーした柏レイソル入団が表面化している。

プロサッカーの移籍市場の関係者は「ユン・ソギョンはだいぶ前にJリーグクラブと入団について合意をある程度したみたいだ」として、「ホン監督など多くの韓国選手を迎えた柏がそのチーム」と明かした。
ユン・ソギョン側の関係者も「日本の良いチームと協議しているのは事実である。巷に出回っている鹿島ではない」と伝えた。
柏の関係者がブレンビー入団直後にユン・ソギョン側と会ってラブコールを送っていたことがわかった。
ユン・ソギョンは自身が今夏まで3年6ヶ月活躍した英国で身辺整理をして、15日に帰国した。

2012ロンドンオリンピックで"ホン・ミョンボ号"の左SBを引き受けて大活躍、マンチェスター・シティ移籍説など話題の主人公となった彼は、翌年1月に全南から完全移籍で英国ロンドンが縁故地のQPRのユニフォームを着て"プレミアリーガー"になった。
だがQPRが1~2部を行ったり来たりして監督が頻繁に変わると、ユン・ソギョンの立場も踊ったのが残念だった。
2014年上半期には、当時2部だったQPRの左ウィングとSBを代わる代わるプレーして昇格に貢献したが、現地の指導者らはユン・ソギョンの能力を過小評価した。
彼はチャンピオンシップのドンカスターやチャールトンの2クラブに短期レンタルするなど、"生きる道"を模索したが結局昨夏にQPRとの再契約オファーを振り切ってデンマークのブレンビーに行った。

デンマークを去ったユン・ソギョンが、新チーム探しでまず条件に置いたのは出場時間だった。
クラブと監督が自分を望んでいるところに行くために心血を注ぎ、柏が彼の才能を高く評価した。
アジア内の他クラブもユン・ソギョンを注視しているが、柏に行く可能性が非常に高い。
柏は今シーズン、Jリーグ1部で前後期総合8位を占めた。


【関連記事】
韓国メディア「また無職になったユン・ソギョンの鹿島アントラーズ入団が有力、拒否しにくい好条件を提示」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...