GKイ・ボムヨン、江原と3年契約
スポーツソウル




※一部要約

前国家代表GKイ・ボムヨンが江原との契約を終えた。

江原クラブは「イ・ボムヨンと3年契約に合意した」と19日発表した。
去年釜山を去って日本のアビスパ福岡に移籍したイ・ボムヨンは、1年ぶりにKリーグに戻ることになった。
イ・ボムヨンは江原で全盛期を開くという覚悟である。
彼は「江原の明確な目標を聞き、一緒に挑戦することを決めた。チームの目標を達成できるよう、最後方で最善を尽くす」として、「個人的には0点台の失点を記録してチームに役立ちたい」と明かした。

江原は今冬の移籍市場でイ・グノを筆頭にオ・ボムソク、キム・キョンジュン、キム・スンヨン、カン・ジヨン、ムン・チャンジンを連れてきた。
そしてイ・ボムヨンの獲得まで成功した。


スポンサーリンク
楽天





イ・ボムヨン獲得のため釜山まで下った江原FC
スポーツワールド




※一部要約

実際はイ・ボムヨン獲得も簡単なことではなかった。
身長194センチのイ・ボムヨンは制空権、反射神経、判断能力、PK防御など、GKが持たなければならないものですべての才能を備えている。
GK干ばつ現象を経験しているKリーグにはイ・ボムヨンを狙っているクラブもかなり多かった。
実際に首都圏の某クラブがイ・ボムヨン獲得を強く推進し、イ・ボムヨンもまたそのクラブと一次的に意思決定を論じた状態だった。

だがチョ・テリョン江原代表理事は、それにもかかわらずイ・ボムヨン争奪戦に飛び込んだ。
イ・ボムヨンを獲得するため前向きに動いた。
9日には副団長が直々に5時間30分の運転をしてイ・ボムヨンのいる釜山に向かい、夜9時くらいに釜山市内にあるカフェでイ・ボムヨンと会った。
そこで副団長は深夜12時を過ぎる時間までイ・ボムヨンと長い対話をして、江原の今後のビジョンを説明した。

イ・ボムヨンは自分のために長距離を駆けつけた江原に真正性を感じた。
江原と一緒にACL進出を達成した情熱が生まれた。
二日間熟慮してから江原に合流するという意向を伝えた。

イ・グノは「2年連続で所属チーム(釜山、アビスパ)が降格する痛みを体験し、江原移籍を迷ったのは事実だ。だが江原だけの明確な目標とビジョンが魅力的に感じられた。新たに獲得された選手も素晴らしい。江原で最善を尽くしたい」と所感を伝えた。

チョ・テリョン代表理事は「過去を克服して人間ドラマを演出するのがスポーツの醍醐味だ。あり得ないことを現実にするのがオフラインゲーム制作者の役割である」として、「獲得した選手一人ひとりにすべて理由がある。過去の痛みを良い記憶に変えられるよう、積極的に助けたい」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...