"また無職"ユン・ソギョン、契約満了でブレンビーIF去る
Newsen




※一部要約

ユン・ソギョンが再び無職の身分になった。

デンマークのブレンビーIFは12月9日、公式HPで「2016年12月まで契約していたユン・ソギョンと再契約しない」と発表した。
ユン・ソギョンは3ヶ月で再び自由契約身分になった。
2015-2016シーズンを最後にクイーンズ・パーク・レンジャーズとの契約が満了して自由契約選手になったユン・ソギョンは、実戦感覚をつけるためにブレンビーと短期契約を結んだ。

1月の移籍市場でより良いチームを見つけるための布石だった。
だがユン・ソギョンはブレンビー入団後、リーグ戦で一度も出場できないままチームを去った。
これで次の移籍市場で良いチームを探すのも難しい見通しだ。

ヨーロッパの辺境リーグやドイツなどビッグリーグの下部リーグでもなければ、デンマークリーグでも出場できなかった選手を獲得対象に考慮する可能性は低い。

ユン・ソギョンは公式HPで「私はブレンビーでもう少し多くのことを期待していた」として、「それでも私はここで歓迎を受けたので、ブレンビーもずっと良いことがあるよう願っている」と別れの挨拶を残した。


スポンサーリンク
楽天





[単独] ユン・ソギョン、Jリーグチャンピオン鹿島入団有力
フットボールリスト




※一部要約

ブレンビーIFとの契約が終わったユン・ソギョンが、ヨーロッパを去ってアジアの舞台に戻る。
行き先は日本Jリーグだと明かされた。

アジアのサッカー移籍市場に詳しい複数の関係者は、ユン・ソギョンが2016シーズンのJリーグで優勝した鹿島アントラーズ入団が迫っていると伝えた。
関係者の言葉によると、ユン・ソギョンは鹿島側のオファーを受諾した。
まだ日本に入国してなくて契約書にサインできてないが、口頭の合意を終えたことがわかった。

ユン・ソギョンは昨夏QPRとの契約が満了した後もいくつかのJリーグクラブの関心を集めていた。
具体的なオファーをしたチームもあったが、ヨーロッパの舞台で再び挑戦を選んだ。
ユン・ソギョンはデンマーク最高の名門クラブブレンビーと短期契約を結んだが、カップ大会の試合で出場機会を得るだけで終わった。

2016シーズンのJリーグ優勝を達成した鹿島は、着実にユン・ソギョンに関心を見せてきた。
ユン・ソギョンがブレンビー入団を確定してから間もなくユン・ソギョンにラブコールを送ってきた。
鹿島の団長が直接デンマークまで渡り、強い獲得意思を送った。
拒否しにくい好条件を提示したことがわかった。

鹿島は韓国代表DFと縁の多いチームである。
過去にCBイ・ジョンスと左SBパク・チュホが活動したことがある。
今でも2014ブラジルワールドカップでユン・ソギョンと共にしたDFファン・ソッコがアジアクォーター選手として活躍している。

ユン・ソギョンはもう長かったヨーロッパ生活を終えるところである。
帰国前までに優れた条件を提示するチームが出てこない限り、鹿島との契約書にサインするものとみられる。
ユン・ソギョンが鹿島に入団すれば、2017シーズンのACLの舞台にも出撃する。
鹿島はムアントン・ユナイテッドの他プレーオフ勝者の2チームとE組に属した。
済州ユナイテッドがプレーオフで通過すれば鹿島と激突する。


【関連記事】
【クラブW杯】鹿島アントラーズDFファン・ソッコ「鹿島は勝ってもみんな普通だが南米チームに勝てば大騒ぎになるのでは」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...