憂鬱なチャンレンジ・・・10クラブ体制確定
スポーツ京郷




※一部要約

プロサッカー2部リーグのチャレンジが、来年は10クラブ体制での運営が不可避となった。

チャレンジ創立の功臣である高陽ザイクロが先月(※10月)28日にプロサッカー連盟に脱退希望書を提出し、忠州ヒュンメルが30日を最後に門を閉めたからである。
市民クラブの安山が来年創立し、警察庁が牙山に移って再創立する好材料を活かせないまま、むしろ11クラブから10クラブに後退した。

プロサッカー連盟は先月から忠州ヒュンメルの問題で頭を痛めていた。
親企業のヒュンメルが経営難に陥り、サッカーチームの運営から手を引いた。
プロサッカー連盟は忠州ヒュンメルの市民クラブ転換を試みたが、妙案は出てこなかった。
縁故地の忠州市が約束していた支援金を縮小したのだ。
今月(※11月)始めからは縁故地移転で突破口を探したが、これもまた失敗に終わったとみられる。

ヒュンメルのある関係者は「財政的に余力があり、サッカーに投資している天安市と水面下の交渉を行ったが、30日までに成果を出せなかった。解体は避けられない状況」と説明した。
1999年に実業サッカーで創立し、議政府や利川、蘆原を経て2010年に忠州に巣を作ったヒュンメルが消える瞬間である。

プロサッカー連盟は高陽と忠州の離脱を念頭に置いたまま、対策の準備に追われている。
迫る来年1月の定期理事会で2クラブの脱退を承認してから、10クラブ体制での運営案を用意する見通しである。

規定だけで言えば高陽と忠州はどちらも来年にでも脱退は可能だが、倒産したのと同じである2チームを引き止めることには意味がない。
しかも高陽と忠州はどちらも今年の平均観客がそれぞれ353人と942人に過ぎないほど、プロというネームバリューから不足しているという点で、むしろ今回の機会を契機にチャレンジの質的向上を図らなければならないという声も大きい。

高陽は脱退以前に解決すべき問題がある。
高陽は財政難を理由に、文化体育観光部からプロスポーツ協会を通じてスポーツTOTO支援金を転用して検察に告発されている。
この金はプロスポーツ活性化事業と幼少年サッカーだけに使わなければならない。
また選手団の給与が一部未払いだった。
プロサッカー連盟の関係者は「高陽がチャレンジから去るのは、転用した支援金と未払いの賃金を解決してから可能」と語った。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…龍仁市庁の解体が決定し忠州ヒュンメルも決別、韓国サッカーでクラブの解体や危機が相次ぐ


スポンサーリンク
楽天





クラブの頭数だけ揃えるよりも条件をしっかり確保したチームで
内容のあるリーグ運営をするのが答えだ・・



┗私たちの実情で昇降制は無理だ
 (※1部の)12個でも多いのに昇降制が意味あるのか
 ACLの3+1のためにリーグの未来を売り飛ばしている


┗10クラブの面々を見ると悪くない
 むしろ10でスッキリとしていて戦えば面白い~~


┗訳もなく税金リーグなのではない・・・
 率直に2部体制を維持する理由がわからない
 単一化してプレーオフをしたほうがもっと良いのではないか
 必ずしもヨーロッパに倣う必要はない


┗残るクラブさえ残れば良い


┗2部にしたいのではない
 ACLに出るためには仕方ない



今シーズンの昇格戦争は見ものだ
城南、水原FC、牙山警察庁、富川
フフッ


┗釜山は?


┗慶南は
 ふふふふふふふ


┗買収慶南はまだまだだ
 城南、釜山、富川、牙山警察庁の4強の争い


┗イーランドにはまったく言及してない
 ふふふふふふふふふふふふ


┗慶南は?イーランドは?



企業が国内サッカーに投資しない>金がないから観客が来ない>
週末も働いて遊び方は知ってるが休む方法を知らない韓国>
スポーツ文化の形勢が難しい社会>だが無理にクラブを作ろうとする>
こうなって当然



┗観客もいなくて慈善事業でもないのに企業がなぜ投資するんだ・・
 企業と観客の順序が逆だ


┗人気がないのにまた投資しないと文句を言って・・・


┗それじゃあ(※ほぼ毎日試合のある)野球を見てる人は失業者なのか
 ふふ


┗スポーツ文化は野球のほうを見れば活性化されている


┗またまた企業のせいだ
 ふふふふふ


┗いったい不等号は何を言うために使ったんだ?


┗最も根本的な理由は面白くないからだ
 タダでも見ないほどである



チャレンジの戦いはクラシックの戦いより薄氷になった



イーランドも来年昇格できなければ事実上支援は終わりらしいが
ふふ



┗そんなことはないのだが?



むしろこれで良い
少数精鋭



プロの資格もないチームが消えたのだから
長期的に見れば良くなった



公企業が毎年払ってるボーナスの金でクラブ運営をすれば
Kリーグを5リーグ、計100クラブの運営が可能




10は偶数でちょうど良い
奇数だと1チームは休まないといけないので中途半端だ



私たちの実力はアジア最高だが
プロサッカーの財政や管理、観客数はアジア最悪だ



この際チャレンジをなくそう



量より質だ
頭数だけ増やそうとするな
ふふ



運営不可能なチームはすぐ整理したほうが良い



来シーズンのチャレンジは首都圏がなんと6チーム・・
ソウルイーランド、富川、安山、安養、水原FC、城南FC



┗牙山も入れろ
 地下鉄に乗って見に行ける



高陽は353人なのか
高陽市の人口は100万人くらいなのに



むしろ上手く行ってる
能力のないチームは消えるべき



KBOを見て感じろ
同じ韓国のプロチームなのに差があまりにも出ている




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...