[海外サッカー] プレーできないパク・チュホ、ドルトムントクラブと面談・・・1月の移籍推進
ニュース1




※一部要約

今シーズンの主戦競争で押されたパク・チュホがクラブとの面談で1月移籍を推進する。

昨シーズンドルトムントに移籍したパク・チュホは、今シーズンのリーグでたった2試合の出場で65分を消化した。
その中で先発はたった1回に過ぎなかった。
ドルトムントの左SBには"主将"マルセル・シュメルツァーとポルトガル代表ラファエル・ゲレイロがいて、今後もパク・チュホの主戦競争は容易でない見通しだ。

パク・チュホの移籍業務を担当するグッドシュポートマネジメントのイグナス・グッド社長は「現在の状況はクラブとパク・チュホ双方にとって利益にならない。パク・チュホの年齢を考えればもっと多くの試合に出なければならない。近いうちにミハエル・ツォルク団長と会って現状況について話を交わす」と明かした。

グッド社長は「パク・チュホはドルトムントに移籍する前にマインツですでに自分の技量がブンデスリーガで競争力があることを証明した」として、「彼は左SBの選手としてはもちろん、守備型MFも消化できる。団長と会ってから移籍を考慮する。移籍するならドイツで探すだろう」と語った。

パク・チュホは昨夏の移籍期間にブンデスリーガのベルダー・ブレーメンとハンブルクから関心を集めていた。


スポンサーリンク
楽天





憂鬱な海外派・・・"負傷"ク・ジャチョル、キ・ソンヨン、"不振"ソン・フンミン、イ・チョンヨン
エクスポーツニュース




※一部要約

"マブダチ"ク・ジャチョルとキ・ソンヨンの負傷のニュースが伝えられ、海外派に暗雲が立ち込めている。

23日、英国BBCはスウォンジー・シティのMFキ・ソンヨンが足の指の骨折で当分欠場するというニュースを伝えた。
キ・ソンヨンの欠場期間はおよそ2週と予想されている。
ウズベキスタンとのワールドカップ最終予選で活躍してからスウォンジー・シティに戻ったが、試合に出られなくなった。

ク・ジャチョルの負傷のニュースも同時に伝えられた。
24日、アウクスブルクの地元紙はディルク・シュスター監督が「ク・ジャチョルは少なくとも2~3週間試合に出られないだろう。もしかしたら前半期が終わるまで戦力から離脱するかもしれないと言った」と報じた。
アウクスブルクのクラブ側は「ク・ジャチョルはふくらはぎの内部に炎症がある。長時間の飛行をすると血栓の症状が酷くなり、血栓症まで誘発しかねないだけに十分な休息が必要である」という意見を出した。

ソン・フンミンとイ・チョンヨンの不振もやはり骨身にしみる。
ソン・フンミンは23日、ASモナコとのUEFAチャンピオンズリーグで2回の決定的チャンスを逃してトッテナムの16強脱落の一助となった。
20日に行われたウェストハム戦で後半に交代出場し、逆転勝ちに貢献した上昇の勢いを続けられなかったことについて、残念さが大きくなっている。
イ・チョンヨンも20日のマンシティ戦でパーデュー監督の指示伝達でエラーを犯してチームの敗北に大きな影響を及ぼした。

チ・ドンウォンはAマッチで負った軽い筋肉の負傷にもかかわらず、所属チーム復帰後の初戦である20日のベルリン戦にフルタイム出場した。
攻撃ポイントを記録できなかったチ・ドンウォンは、Aマッチの後遺症で体の状態がそれほど良くないことがわかった。


【関連記事】
ウズベク戦同点アシストのパク・チュホ「ドルトムントで出場機会がなければ移籍を考慮」
韓国ネチズン反応…キ・ソンヨンの発言が誤解され論難に、スウォンジー監督も批判「チームの役に立たない」
韓国ネチズン反応…クリスタル・パレスの監督が指示を伝えず決勝点を許したイ・チョンヨンに「腹が立つ」
韓国メディア「ソン・フンミンが英国メディアから10点満点中2点の酷評」「香川2ゴール岡崎1ゴール、交錯した韓日の悲喜」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...