「ソン・フンミンとキ・ソンヨン、北韓の2大サッカースター」トルコの有力紙が荒唐な誤報
聯合ニュース




※一部要約

イングランドプレミアリーグでプレーする国家代表サッカー選手のソン・フンミンとキ・ソンヨンが、トルコメディアで突然北韓サッカー選手に化けた。

トルコの有力日刊紙ヒュッリイェト・インターネット版は今月17日、キム・ジョンウン北韓労働党委員長の"現地指導"写真とともに、北韓がリオネル・メッシのようなサッカースターを養成するためサッカーに積極的な投資をしているという外信を伝えた。

ヒュッリイェトはこの記事で北韓サッカー選手を紹介し、「北韓で最も重要なサッカースターはソン・フンミンとキ・ソンヨン」と誤報を出した。

新聞は「北韓は海外の有名リーグに選手をあまり送らないが、イングランドプレミアリーグで2人を見つけることができる」として、「トッテナム所属のソン・フンミンとスウォンジー・シティ所属のキ・ソンヨンが北韓出身」とデタラメな説明をした。

それと同時に「両選手の海外リーグでの経験が、これから(北韓で)活用することができる」と呆れる見通しまでした。


スポンサーリンク
楽天








さらに北韓代表チームについて説明した部分では「日本リーグでプレーするチョン・テセが最も認められた選手」と国籍を正しく記していた。

記事を見たトルコの韓人は、2002年の韓日ワールドカップからトルコと韓国の"サッカー縁"が格別であるのに、有力日刊紙がこうしたデタラメな記事を掲載したことが残念だという反応を見せた。

2002年の韓日ワールドカップ4強神話の主役イ・ウルヨンが2004年から2006年までトラブゾンスポルで活躍し、現在はソク・ヒョンジュンが同じチームに所属している。

その他にも1998年にキム・ドヨン、2009年にシン・ヨンロクがトルコリーグでプレーしたことがある。

トルコの海外同胞C某(28・イスタンブール)さんは21日、「ヒュッリイェトは主要な日刊紙なのにどうしてこうしたデタラメな記事が掲載されたのか、呆れるし残念だ」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...