ブラッドリーの誤解「キ・ソンヨンの発言、助けにならない」
ゴールドットコム




※一部要約

キ・ソンヨンの発言が不本意ながら論難となっている。
彼が国内取材陣に語った"危機"の意味が、現地ではまったく違って解釈されているためである。

問題はキ・ソンヨンが代表チームの日程を終え、所属チームのスウォンジー・シティに戻る前に空港に集まった取材陣に覚悟を明かしたことから始まった。
この席でキ・ソンヨンは、現在プレミアリーグの降格圏に墜落しているスウォンジーの状況を挙げて「個人的にはサンダーランド時代に降格圏で争った経験があり、今のスウォンジーのチームの雰囲気をよくわかっている。サンダーランド時代の経験を最大限に活かす。チームメントと一緒に危機を克服する」と語った。
これは誰が見ても現在厳しい状況に置かれているスウォンジーがプレミアリーグで生き残れるよう、自ら努力するというキ・ソンヨンの意志をそのまま示した責任感ある発言である。

だが英国メディアはキ・ソンヨンの発言を伝える過程で、"危機"という単語の意味を否定的に解釈した。
現地ではキ・ソンヨンが国内取材陣に韓国語で表現した"危機"を"crisis"と伝えられている。
ここでの"crisis"の辞書的な意味は"危機"で合っているが、この単語の実質的な意味は少し違う。
韓国語で"危機"とは"厳しい状況"を意味する反面、英語の"クライシス(crisis)"とは"最悪の状況"や"恐慌"というもっと極端な意味が含まれている。
英国メディアは「危機を克服する」と明かしたキ・ソンヨンの発言を、「スウォンジーはクライシスに陥っている」というニュアンスで翻訳し、そのため予想できない論難が膨らんでいる。

翻訳されたインタビューの内容だけに接したブラッドリー監督も、公開的にキ・ソンヨンを批判した。
彼は"デイリースター"で「キ・ソンヨンの発言はチームの役に立たない。キ・ソンヨンや私たちのチームの他の選手がスウォンジーのために献身し、今の状況を変えるという話をしてほしいと思う。多くの人たちと同じように、私はまだキ・ソンヨンが今シーズンに自分の能力の最大値を見せたり一貫した活躍をしたとは思ってない(Ki’s comments don’t help the team. I would rather that Ki or anybody speak in a strong way at this time and say they’re committed and are going to change it around. Like many others,I would say that Ki hasn’t played to his best level consistently this season.)」と選手個人の競技力まで指摘して不満をあらわした。


スポンサーリンク
楽天





ただしブラッドリー監督の発言は、キ・ソンヨンが国内で韓国語で伝えた意味を理解できていないというところから始まったという点で惜しさが残る。
国内インタビューのとき、キ・ソンヨンは「私はサンダーランドで降格圏の争いをしたことがあるだけに、当時の記憶を活かして同僚と危機を克服する」と言ったのであり、「スウォンジーは今危機」とは言ってない。
だがこの内容は辞書的な意味で翻訳されて「スウォンジーは今最悪の状況の置かれている」という風に伝えられ、キ・ソンヨンはチームに関して無責任な発言をした選手として映し出されている。

一方、スウォンジーは今シーズン現在、プレミアリーグで1勝2分け8敗で最下位から二番目の19位に墜落している。
スウォンジーと生存圏のマジノ線である17位のウェストハムとの差は勝ち点6である。
特にスウォンジーはブラッドリー監督が就任してから1分け3敗をおさめるのに終わっている。

キ・ソンヨンは最近3試合で連続先発出場して、ブラッドリー監督の信頼を受けていた。
実際ブラッドリー監督は先月、1-1で引き分けたワトフォード戦後の記者会見で「キ・ソンヨンの活躍は鼓舞的だった」と満足感をあらわしたりもして、スウォンジーが得点力の不在に苦しめられているという指摘にも「選手1人ではなくチーム全体が解決しなければならない問題だ。キ・ソンヨンも以前に得点力を見せていた選手」と期待を示していた。



外国の記事を勝手に解釈する韓国のゴミ記者が誤解を招くように
韓国のインタビュー記事を勝手に解釈する外国のゴミ記者もいるということ
やはり世界中どこにでもゴミ記者は存在するという結論



┗キ・ソンヨンが間違ってたのだこれは・・・
 共感4非共感59


┗いつも監督と不和が絶えないキ・ソンヨンが問題だ
 共感5非共感20



ところで最悪の状況なのは正しいじゃないか;


┗最悪というのは降格したのが最悪である



すべて刺激的な記事を書くゴミ記者が問題なのだ


┗キ・ソンヨンがチームに役立たないのは事実だ
 共感5非共感15



翻訳が上手でも間違っていても今のスウォンジーが最悪の状況なのは正しいだろう!
何れにせよ上手く解決しようということじゃないか!



解釈をどうするかによってこうして意味が変わる



キ・ソンヨンは中国がぴったしだ



チームが危機なら口に気をつけよう
エースでもないのに




バックパスマスター-ki



キ・ソンヨンはいつも口が問題のようだ



イ・チョンヨンのときもそうだし東洋人だと甘く考えて
前後の状況を聞くこともなくメディアで公開的に貶しているようだ
気に入らないな

(参考:韓国ネチズン反応…監督批判をしたクリスタル・パレスのイ・チョンヨンに5000万ウォン水準の罰金、決別が有力



本当に・・・
キ・ソンヨンは監督運がないのか・・



翻訳を間違ったとしてもむしろそれが正しい言葉なのでは?



外国記者の前では危機という言葉の代わりに困難な時期と表現しなければならない
常識じゃないのか?



キ・ソンヨンが監督をディスったわけでもなく実際に今は降格圏だから
危機的状況なのは合っているのでは?
上手くやろうということなのだが・・
これは翻訳が問題のようだ・・・



キ・ソンヨン、イ・チョンヨンはEPL級ではないようだ



モンク更迭+主将ウィリアムズ移籍=降格



うん、スウォンジーは今シーズン100%降格する^^



チラシを真に受けて興奮する監督のほうが良くない



もう世界中の公用語をハングルに変えよう



もう誤解は解けたのか?



結論としてすべての責任はゴミ記者という・・



くだらない
ゴミ監督は外国人選手の言葉よりゴミ記者を信用した



そのままスウォンジーを去るのが答えだ



ファクト暴行されて効いてるね
危機は合ってるだろう



それでも選手にまず確認するべきなのではないのか・・・



アメリカの監督だから英語で直接話して釈明できる
なので大した問題ではない



Ki:計画通り(笑)移籍しよう



世界中のゴミ記者は本当に最悪だ



ところで最悪の状況なのは合ってるだろう;;
マンUにも負けて・・・



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...