"同点ゴールアシスト"パク・チュホ、ボルトとの出会いに「期待できますかね?」と笑う
スポーツ京郷




※一部要約

「そうですね。そうなれば期待できますかね?」

ウサイン・ボルトと会うことになることについてパク・チュホが出した変事である。

世界陸上の短距離の帝王であるボルトは最近、ドルトムントに合流して選手とともにチーム練習に参加するというニュースを伝えたことがある。
パク・チュホもまたこの話を聞き、かなり関心がある表情だった。

パク・チュホは15日、ソウルワールドカップ競技場で行われた2018ロシアワールドカップアジア最終予選のウズベキスタン戦が終わった後、「ボルトが私たちのチームで練習するということを聞いた。すごく面白いことになりそうだ」と笑みを浮かべた。

ボルトは以前、マンチェスター・ユナイテッドの親善試合に参加し、クリスティアーノ・ロナウドら主力選手にスピードを出す方法についてアドバイスしたことがよく知られている。
パク・チュホもまたボルトにそのような点を学びたいが、すぐに首を横に振った。
パク・チュホは「ボルトにスピードの出し方を学びたい。だが私の走力の限界値は決まっているようだ」と語った。

パク・チュホはウズベキスタン戦でナム・テヒの同点ヘディングゴールをアシストするなど、攻撃で印象的な活躍をした。


スポンサーリンク
楽天





[一問一答] パク・チュホ「ドルトムント、機会がなければ移籍考慮」
スポーツワールド




※一部要約

─試合の所感は。

「先制の失点は運がなかった。守備のミスだとは思わない。DFなのでこのような状況をしばしば迎えるが、あまり意識しないようにした。逆転勝ちをして嬉しい」


─カナダ戦と今回のウズベク戦でオーバーラップを減らしている様子だったが。

「監督様が注文された。左ウィングで出場したソン・フンミンが突破を好んでいるので、私まで出ていけば相手のカウンターで危機を招くようになるとおっしゃった」


─同点ゴールのシーンを話すと。

「ソン・フンミンが相手DFを連れていて、私も攻撃に加われる状況が演出された。サイドが空いて果敢に上がり、積極的に攻撃参加して良い結果が出たようだ」


─逆転勝ちの秘訣は何だと思うか。

「選手同士が会話をかなりする。チームワークが良いからではないか。選手同士でウズベク戦にしっかりと備えたようだ。短い時間の中でチームをしっかりとさせなければならない代表チームの特性上、選手個人のコンディション管理はとても重要だ。これからもこの日と同じ動きを見せれば良い結果が出ると思う」


─所属チームで主戦競争を続けなければならない。

「試合感覚の憂慮をかなりされているが、個人的には悪くないと思う。今回Aマッチ2試合をプレーして、感覚も良くなった。所属チームに戻ったらどんなことが起こるのかわからないが、いつも試合に投入される準備をしている。9月までずっと負傷に遭ってプレーするのが難しかった。今後出場機会がなければ移籍を考慮する」


Puma Borussia Dortmund Reversible Jacket-(Black/Cyber Yellow)/サッカー ジャケット ボルシア ドルトムント (M)Puma Borussia Dortmund Reversible Jacket-(Black/Cyber Yellow)/サッカー ジャケット ボルシア ドルトムント (M)


Puma

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...