"幸運のPK"日、サウジに2対1の勝利
スポーツ朝鮮




※一部要約

ハリルホジッチ日本監督がとりあえず一息ついた。

日本がサウジアラビアに完勝して雰囲気の反転に成功した。
日本は15日、埼玉スタジアムで行ったサウジとの2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選B組5次戦に2対0で勝った。(※2対1の間違い)
この日の勝利で日本は勝ち点10(ゴール得失+4)になり、サウジ(勝ち点10・ゴール得失+3)を引きずり下ろして2位を狙えるようになった。

日本は序盤から強い圧迫を前面に出してサウジのパスを遮断した。
だがサウジも日本の攻勢に肉弾防御で対抗し、ゴールはなかなか炸裂しなかった。

ホームの利点が日本を微笑ませた。
前半45分に日本が先制ゴールを取った。
ペナルティエリア内正面で清武弘嗣が試みたシュートがサウジDFの左脇付近に当たったが、主審はすぐにPKを宣言し、キッカーとして出た清武がゴール左隅を正確に揺らして機先を制した。

サウジは後半45分に追撃ゴールを決めて追撃の手綱を緩めなかった。
だが終盤のチャンスは日本の守備に阻まれ、結局日本の1ゴール差の勝利で終わった。


スポンサーリンク
楽天





[ワールドカップ予選] "誤審PK"日本、サウジアラビアを下して起死回生
スポーツ韓国




※一部要約

日本がサウジアラビアを下して起死回生した。

日本が序盤から主導権を握った。
強力な前方圧迫を前面に出して相手を追い詰めた。
長谷部誠、吉田麻也などのシュートで前半序盤から相手ゴールを脅かした。

ただ結実がなかった。
ずっと攻勢を繰り広げても、ゴール前での集中力が足りなかった。
むしろ時間が経つほど相手の速いカウンターで危機を迎えた。

だが日本はPKで拮抗した0の均衡を破ってしまった。
前半終盤の清武弘嗣のシュートが相手DFの胸に当たったが、主審はハンドボールを宣言した。
サウジアラビアは激しく抗議したが、判定は覆らなかった。
直々にキッカーとして出た清武はこれを成功させた。

有利な高地を先取した日本は、後半に本田圭佑と香川真司を相次いで投じて勢いを上げた。
後半戦は同点ゴールのためのサウジアラビアの攻勢と、楔のゴールを狙う日本の攻勢が激しく拮抗する様相に展開した。

時間は日本の側だった。
日本は集中力を失わずにサウジアラビアの攻勢をしっかりと防いだ。
むしろ後半35分に香川のパスを受けた原口の楔のゴールが加わって勝機を固めた。
その後日本は後半終盤に相手に挽回ゴールを奪われたが、その後1ゴールのリードをしっかりと守って勝利を鳴り響かせた。

この日の勝利で日本は予選3勝1分け1敗で首位サウジアラビアと肩を並べた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...