日本、サウジを下してAFC U-19チャンピオンシップ頂上
デイリアン




※一部要約

日本U-19代表がAFC U-19チャンピオンシップでサウジを制圧し、頂上に上った。
この大会で日本が優勝したのは初めてである。

日本は31日、バーレーン国立競技場で行われたサウジとの決勝戦で、0-0の引き分けを記録した後のPK戦で5-3で勝利した。

すでに来年5月に韓国で開催される2017FIFA U-20ワールドカップ本戦行きを確定している両チームだったが、決勝戦であるだけに激しい勝負を繰り広げた。

サウジは前半に日本のゴールポストを叩いて気勢を上げたと見られたが、日本もやはり小川と三好を前面に出して何度か相手を脅かした。
だが両チームはとうとう正規時間内に勝負をつけられず、結局PK戦に突入した。

PK戦でも両チームはみな落ち着いてゴールを成功させ、3-3まで拮抗した。
だがサウジの4人目のキッカーがゴールを成功させられず、結局最後のキッカーがミスせずキックを決めた日本が5-3で劇的な勝利をおさめて優勝を手にした。

一方、韓国は来年国内で開催されるFIFA U-20ワールドカップで、開催国の資格で自動出場権を確保している。
だが20日にサウジとのGL3次戦に1-2で敗れ、2勝1敗をおさめたが8強進出に失敗して自尊心を傷つけられた。


スポンサーリンク
楽天





日本サッカー、年代別アジア大会を占領・・・U-19選手権も"頂上"
スポーツソウル




※一部要約

日本サッカーが年代別アジア選手権を占領している。

"アジア幼少年サッカーの決定版"と言われるU-19アジア選手権で日本が頂点に上ったのは今回が初めてである。
日本は1959年から始まったこの大会で一度も優勝したことがなかった。
準優勝だけを6回占めただけだった。
2020年の東京オリンピックを開催する日本は、オリンピック代表世代がアジアを号令し、自信を持つことになった。

日本サッカーの成長はU-19大会だけに見られたことではない。
1月にカタール・ドーハで開催されたU-23アジア選手権では、オリンピック代表が韓国に3-2の逆転勝ちをおさめて優勝した。
また、先月終わったU-16アジア選手権では、久保建英という傑出した有望株を国際舞台に紹介して3位に上がり、来年にインドで開催されるU-17ワールドカップ本戦のチケットを手にした。
これまでアジアの舞台で韓国や中東に押され、年代別のワールドカップに出るのが難しかった日本サッカーが、徐々に大陸最強の強者に上っているわけだ。

韓国はシン・テヨン監督がオリンピック代表が8月のリオオリンピックで8強に上がって成果を出したが、最近行われたU-19アジア選手権、U-16アジア選手権の2大会ではどちらもGL脱落の屈辱を受けた。
幸いU-19代表は開催国の資格でU-20ワールドカップに出場するが、現時点では日本の幼少年サッカーの大躍進を羨むしかない。


【関連記事】
韓国メディア「衝撃脱落のU-16韓国代表は何が問題だったのか」「日本の勢いが最も鋭かった」
【U-19】韓国ネチズン反応…韓国代表がサウジアラビアに逆転負けして8強進出失敗、自国開催のU-20W杯に不安
韓国メディア「韓国サッカー、また聞こえてきたアジア予選脱落の便り」「ともすればアジアの盟主を譲ることに」
韓国ネチズン反応…アン・イクスU-19代表監督が成績不振で電撃更迭「U-20W杯で4強に入る自信があったのに・・・」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...