Jリーグ、優勝賞金だけで233億引き上げ
スポーツ京郷

20161013092603.jpg


※一部要約

日本プロサッカーJリーグが実質的な優勝賞金を21億5000万円(約233億ウォン)に増やす。

読売新聞は13日、Jリーグが強化配分金を賞金項目に新設し、優勝クラブに与える賞金を大幅に増やすことに決めたと報じた。

強化配分金はアジアチャンピオンズリーグ優勝を目標に、各クラブが戦力強化と施設改善に使うように規定した金である。

Jリーグ優勝チームは強化配分金だけで15億円(163億ウォン)に達する。
それにともない、来シーズンにJリーグで優勝したチームは優勝賞金3億円(33億ウォン)と、財源安定のための配分金3億5000万円(38億ウォン)を含め、総額21億5000万円を受けることになる。




日本Jリーグ、賞金大幅上昇・・・優勝すれば233億ウォン
SBSニュース


※一部要約

2位チームにも7億円、約76億ウォンの強化配分金が与えられ、3位チームには3億5000万円、38億ウォン、4位チームには1億8000万円、20億ウォンを受けられる。


スポンサーリンク
楽天




Kリーグの優勝クラブはいくら貰うんだ?



韓国のFAカップ優勝賞金とシュースケーの優勝賞金が同じくらいというのは事実?
(※シュースケー=たぶんスーパースターKというオーディション番組のこと)


┗シュースケーを無視するのか・・・?



233億;;;
優勝に相応しいね;;;



いったい韓国は何をしてるのか?



羨ましい
私たちは5億だったか?
チォブ!



我が国の優勝賞金は本当に不十分だ・・・



韓国プロリーグの50倍
フフッ
だがKリーグとすればKリーグが勝つ



うわ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実力はKリーグが高く賞金はJリーグが高い・・・



┗もうすぐ実力も第2リーグが高くなるだろう
 (※第=ジェ、2=イ)



Kリーグの優勝賞金は5億なのに;;;
シュースケーと同じくらい・・・


┗5億TT
 少なくとも50億は行かないとTT


┗ふふふふふふふふふふふふふふふふふふ
 5・・億・・;;


┗Jリーグは入場料収入が1200億、中継料が2000億
 一方のKリーグは入場料収入が84億、中継料が64億
 そもそも比較自体が・・・・・



中東のオイルマネーや中国のサッカー崛起、日本もユースや50倍多い賞金
なぜACLでKリーグはサッカーが上手なのか
本当に世界の不思議だ
投資の分だけを見れば東南アジアよりできないはずなのに



┗日本は自国サッカーを国家ブランディングの一環と考えて投資している


┗単に才能の差だ


┗実力だけ良くてもプロの存在意義がない
 何より重要なのはファン層の拡大だ
 そのために全クラブはマーケティングに総力を傾けなければならない


┗登録サッカー選手の人口
 2012年基準:韓国2万4000人vs日本92万7000人



アジア最強のリーグはKリーグ・・
最高のリーグはJリーグのようだ
観客もすごく一杯で人気があって・・
中国野郎は例外として


┗中国も日本のように観客は多いと思うのだが中国リーグはなぜ例外なんだ?


┗大韓民国は発展する兆しが見えない



これができるのは英国のメディアグループと10年2兆の中継権契約を結んだからだ・・



うわ何だって
日本に移籍しなければならないね
ふふふ



Kリーグは最強ではない
JリーグはKリーグよりチーム数が多くて良い選手がすごく分散していて
ACLではKリーグチームが強く見えるのだ

共感5非共感7



クラシック(※1部)のチームを増やす必要がある
以前のように16チームに戻して4チームまで昇降制にしよう
これでチャレンジ(※2部)のチームはクラシックに上る可能性が高まって
クラシック昇格イベントも多くなるだろう



Kリーグは今の技量はともかくこの先はただの選手需給リーグに転落するだろう



企業やメディアが内需人気用スポーツの野球を掴んで居座ってるから



Kリーグは優勝賞金で選手1人の年俸も払えないのに・・・



率直に観客収入や中継権料を比べたら当然じゃないか
ふふふふ
現実を見てくれ




私たちも優勝賞金を30億に増やせ



Jリーグ、外国人傭兵の登録範囲を拡大・・・3+2→5
ベストイレブン




※一部要約

Jリーグは基本的に起用可能な外国人選手の人数を3人認めている。
これに対してアジアクォーター制1人を含むJリーグ協力国基準を1人まで加えた3+2の外国人傭兵制を構築していたという点が特異だった。
例えばベガルタ仙台の場合、ブラジル傭兵3人衆の他に、韓国のキムミンテと北韓のリャン・ヨンギを保有している。
だがJリーグはこの規定に少しの変化を加えた。

つまり自国リーグでは傭兵の活用の幅がさらに広くできるという意味である。
自由になったフレームの中で、水準級の傭兵を土台にした質的ローテーションが可能になったわけである。
もちろんACLに出場するときは3+1制度を守るのは変わりない。

一方、Kリーグは外国人選手を出場選手リストに3人まで登録できるようにしている。
ただAFC加盟国国籍の外国人選手は1人に限り追加登録と出場が可能である。
つまり3+1のシステムだ。
中国スーパーリーグは外国人4人にアジア選手1人を追加する4+1のシステムを使っている。
それでもリーグの試合に出場できる外国人の人数は4人に制限されている。



本当に私はサッカーファンとしてヨーロッパまでは望まなくとも
日本がすごく羨ましい・・
実力が羨ましいのではなくJリーグの競技場を見れば毎回満員の観客ですごい・・
優勝賞金も200億で本当に実力は私たちより低いのに
そういうインフラと情熱は羨ましい・・
Kリーグもいつかそういう日が来るのだろうか?
空っぽの競技場や八百長波紋は本当にうんざりする



┗間違っている
 Jリーグも少数の人気チームの観客が多いのである
 全チームがいっぱいなのではない
 数チームを除けば競技場が小さくていっぱいに見えるのだろう
 そう見えるからといって羨んでベンチマーキングするのは危険である


┗私たちより観客が多いのは事実


┗Jリーグでプレーすればブンデス進出確率が高い
 どうしてなのかは省略する


┗人口が私たちより3倍い多くて経済力も私たちより良いのに
 私たちと比較するのは無理だろう


┗日本の連中には絶対羨望する必要はない



アジアでなくても5人ならる南米/ヨーロッパで満たせるのか!
だがそうすればACLでは3人しか使えない


┗ACLは4+1に拡大するらしいが・・・
 これが通れば私たちは泣き寝入りするしかない



これは始まりに過ぎない
日本だけでなくACLなどアジアサッカー界も開放されるはずだ
井の中の蛙式の閉鎖的価値観はリーグにも代表にも決して助けにならない
ユースを強化して育成をしなければならない
開放は必要不可欠だ
我が国も外国人選手を開放する必要がある



┗それで・・・制限のない英国代表が今どうなったんだ・・・?


┗雑魚グランドは自国出身8人の保有もあるのに
 最初から制限のないドイツ代表は常勝疾走してるのだが?



プロリーグは私たちより10年遅れて始めたが行政や先進化では
私たちよりも遥かに進んでいる
私たちもこうした部分を積極的に学ばなければならない


┗そういうつもりも意志もない^^



自国選手の実力が外国傭兵を増やしてる
それは長期的にはリーグが滅び、最終的には全体が滅ぶ


┗これが興宣大院君のような井の中の蛙式マインドか
 ドイツは外国人選手の割合が50%を越えて他のイタリア、スペイン、フランスなども
 外国人選手が10人以上のチームが多くある
 ポルトガルは最初から半ブラジルリーグだ
 それで代表が滅んだのか?
 多交流と国際的な競争によって得られる3・4次効果のほうが
 遥かに多いいからこうして開放しているのだ
 代表の生命はユースが重要であり、その次が国際的競争力である
 井の中の蛙は代表の競争力に絶対役に立たない



Kリーグは優勝賞金が5億ウォンなのに・・
どこからどう発展させなければならないのか



┗方法はなくあらゆる物事を大企業が握っている


 ┗だが大企業がなければサッカーファンは滅びる
  ex)水原第一毛織
 (※1962年~1971年まであったサッカーチーム)



私たちは保有7人出場6人でいこう・・・
そして各クラブ別に優れた傭兵1人ずつポジション別に責任を持って帰化させ
純粋国内派代表を追放しよう・・・!!



日本は20以上のチームがあるから代表の需給にも影響しないでできる話だ
チーム数の少ないKリーグは絶対に不可能


┗日本の1部がいつから20を越えた?


┗20を越えるのはJリーグというカテゴリ全体について言ったことだ
 そういえばKリーグもクラシック+チャレンジを合わせると現在23だった



こうすれば結局抜け出ていくのは我が国の選手じゃないのか・・・?



長期的に見れば海外の傭兵選手が増えたら自国選手の技量は落ちる
これは不変である
自国の有望株はさらにプレーする機会が少なくなる
良くない



お前もCリーグみたいに傭兵だけが勢力を伸ばして結局代表チームは滅ぶだろう



韓国は統一されれば面積22万と人口8000万で
1部20、2部20、3部20も可能だろう




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...