日メディア「ユン・ジョンファン監督、セレッソ大阪監督就任の見通し
スターニュース




※一部要約

蔚山現代のユン・ジョンファン監督が日本J2リーグ所属のセレッソ大阪の監督に就任する予定だという日本メディアの報道が出てきた。

日本メディア"日刊スポーツ"は10日、「ユン・ジョンファン監督がセレッソ大阪の監督に就任するだろう」と報じた。
この記事は「来週中に招聘作業は完了するだろう」と具体的な時期まで同時に載せた。





セレッソ大阪はユン・ジョンファン監督が現役時代の2000年から2002年まで活躍したクラブである。
また、10日現在でJ2リーグ3位を走っていて、1部リーグのJリーグ昇格の可能性が高いチームだ。

一方、2014年12月に蔚山現代の監督に就任したユン監督は2年契約を結び、1年延長のオプションを持っている。
就任初年度の昨シーズンは9位と振るわない成績を上げたが、2年目の今年はKリーグクラシックで4位を走っている。


スポンサーリンク
楽天





蔚山ユン・ジョンファン監督「日本行き?詳しい内容を知らない」
聯合ニュース




※一部要約

蔚山現代のユン・ジョンファン監督が、セレッソ大阪の指令塔で接触中だという現地メディアの報道について「詳しい内容を知らない」という曖昧な立場を示した。

具体的な交渉はあったのかという問いには「何もなかった」と否定した。

ユン監督は10日、聯合ニュースとの通話で「日本にエージェントがいることはいる」として、「知人を通じて関連のニュースが出ていることは知っている。詳しい内容は聞いてみなければならない」と明かした。

日本のスポーツメディア日刊スポーツは10日、「J2リーグのセレッソ大阪がユン・ジョンファン監督を新任指令塔に選任する計画」だと報じた。

匿名のクラブ幹部はこのメディアとのインタビューで「来週中に(ユン・ジョンファン監督の選任を)決める可能性がある」と具体的な時期まで指摘した。

ユン・ジョンファン監督の日本行きの報道は先月から続いている。

ユン監督は現地メディアの報道について「関心はありがたいが、重要な試合を前にこのような報道が出てきて当惑する」として、「選手が動揺するのではないかと思い心配になる」と明かした。

ユン・ジョンファン監督は2008年に日本のサガン鳥栖で選手を引退したあと、2011年に同チームの監督に就任した。

ユン監督はサガン鳥栖をクラブ初の1部リーグに昇格させて指導力を認められ、2014年12月に蔚山の監督に選任された。


【関連記事】
蔚山ユン・ジョンファン監督「セレッソ大阪と接触してないし、推測性の報道が出てくるのは不快なこと」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...