キム・ナミル「ソン・フンミンの態度を指摘、チームの雰囲気のために必要だった」
スポーツ韓国




※一部要約

サッカー代表の核心守備選手として活躍したキム・ナミルが、最近膨らんでいたソン・フンミンの態度論難について立場を明かした。

キム・ナミルは4日、京畿道の安城フットサルドーム球場で行われた"チーム2002安城フットサルドーム球場"建設記念イベントに参加し、聯合ニュースらメディアとのインタビューで「代表チーム内の状況をよく知らない」と線を引いてから、「監督様が公開的に選手の態度問題を取り上げたというのは、色んな意味があるのだろう」と語った。

続けて「内部の問題を一度確かめてから進むようだ」として、「代表チームの雰囲気のためには悪くないだろう」と意見を伝えた。

先にシュティーリケ監督は代表チームメンバーを発表して、ソン・フンミンに不遜な態度を直さなければならないと苦言を残した。
交代に抗議して水差しを蹴飛ばすなど、競技場の内外で見えた彼の行動を叱責したのである。

キム・ナミルは「シュティーリケ監督の言葉には目的がある」として、問題を予め遮断するためのシュティーリケ監督の腹案だと解釈した。
また、「実際にグラウンド内で謙虚な態度を見せる必要はないだろう」として、「監督様も萎縮した行動を見せるのを望んではないだろう」と付け加えた。


スポンサーリンク
楽天





指導者の準備をしているキム・ナミル、「監督?まだまだです」
マイデイリー




※一部要約

引退後、指導者の準備をしているキム・ナミルが自身の近況を伝えた。

昨シーズンを最後に現役から退いたキム・ナミルは、監督の修行中だ。
彼は「ガンバ大阪、ヴィッセル神戸など現地クラブを行き来して多くのことを学んでいる」として、「Kリーグにも関心がある。最近はFCソウルと全北現代の試合を見た」と語った。

引退後、日本で生活しているキム・ナミルは「家族と平凡な日常を過ごしている。こういうのは初めてなので嬉しい。早く引退していればという気がしたりもする」と笑った。

監督修行も着実に進行中である。
キム・ナミルは「今年までは休んで、指導者の勉強をもっとしなければならないようだ」と語った。

続けて「サッカーというのは難しい。することと外から見ることは大きく違う。もっと努力しなければならない。まだ道のりは長い。経験をさらに積まなければならない」と説明した。


【関連記事】
引退を決めたキム・ナミル「韓国で指導者教育を受けた後はJリーグクラブで研修を受ける機会があるだろう」
韓国メディア「キム・テヨンとキム・ナミルのパタヤ・ユナイテッド進出が最終交渉の過程で霧散」
シュティーリケ韓国代表監督がソン・フンミンら海外派選手に厳しい忠告「不遜な態度は問題がある」
【アジア最終予選】韓国メディア「シュティーリケ監督のSON子兵法」「ソン・フンミンの爆発、カタール-イランは震えてるの?」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...