"競争力強化"日本Jリーグ、外国人選手の拡大推進
聯合ニュース




※一部要約

日本プロサッカーJリーグが競争力強化のため、外国人選手の拡大を推進することにした。

日本の日刊スポーツは21日、Jリーグが前日に理事会を開いて外国人選手のロースター拡大などの改革方案を議論したと報じた。

現在、Jリーグの各クラブは外国人選手を最大5人まで登録することができる。

外国人選手の人数を制限しているのは、Jリーグで日本選手が出場時間を確保してこそ代表チームの競争力も維持できるという判断に伴うものだった。

だが最近はJリーグ内でチームの拡大などにより日本選手の出場機会が増えたので、外国人選手を増やすことがむしろ競争力を強化できるという主張が拡散した。




日本Jリーグ、ポストシーズンを放棄するのか?
スポーツ京郷




※一部要約

スポーツニッポンは21日、Jリーグが前日に理事会を開き、正規リーグを前後期に分けて各優勝チームと最多勝ち点の3位までがチャンピオンシップに上がり、優勝チームを決める現行制度の廃止の有無を議論したと報じた。

観客減少で悩んでいたJリーグはこの制度の導入により、チャンピオンシップ決勝戦が11年ぶりに地上波で生中継される効果をmチア。
だがサッカーとは合わない制度だという批判と同時に、シーズンを通じて最高の成績を出したチームが肝心の優勝カップを持ち上げられない可能性もあるという公正性の論難が起きていた。


スポンサーリンク
楽天





日本-タイリーグ、外国人クォーター改革を推進・・・Kリーグにとってもただならない
スポーツソウル




※一部要約

Jリーグが外国人の限度を増やすことを推進している背景には、1~3部に56チームが参加するなど、リーグの規模がますます拡大していることがまず挙げられる。
今でも3部リーグへの加入要請が列をなしていて、Jリーグは選手の需要が多くなり、日本選手だけで満たせば全体的なリーグの質が落ちるかもしれないという判断をしたものとみられる。
韓国プロ野球が10球団に増やした後で外国人クォーターを増やしたことと似ている。
そこにJリーグは、10年間で2兆5000億ウォンのマンモス級の中継権契約を締結し、各クラブの懐事情が良くなるだろうということも一役買っている。
東南アジア選手をより多様に選んでタイやベトナム、インドネシアなどのサッカー人気が高い国の市場攻略で大きな効果があるだろうという声も出ている。

最近アジアの新たなビッグリーグに浮上したタイも、外国人クォーターの変化を模索している。
外国人選手3人、アジアクォーター1人に、ASEAN所属国家の1人をさらに入れるよう推進している。
外国人選手を減らす代わりに、近隣諸国の選手を増やすものとみられる。

日本とタイのリーグ外国人選手の限度の変化は、Kリーグとも密接な関連がある。
Jリーグが外国人選手の限度を大幅に増やせば、Kリーグでプレーしている水準級の選手はもちろん、中間級の選手まで日本に大挙して行く可能性が高い。
韓国より日本でプレーしたほうが、所得の面で依然として良いからだ。
ユース代表級の選手の日本行きが再び加速化することもあり得る。

Kリーグの"新たな食べ物"と言われる東南アジア市場の攻略も、日本とタイに押されて事実上厳しくなりかねない。
韓国は東南アジア選手を連れてくる場合、アジアクォーターに入れなければならないので、"フィジカルが足りない"という偏見などに囚われて各クラブが実践できないケースが多い。
自国選手がプレーしないKリーグを見る東南アジアの視聴者は多くない。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…日本Jリーグの優勝賞金が10億円(107億ウォン)に引き上げ、韓国Kリーグと20倍以上の差



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...