[クラシックPOINT] "青い頭"の公約を守ったユン・ジョンファン、完璧な復讐劇を演出
インターフットボール




※一部要約

二つの約束をどちらも守った。
ファンとの約束を守って青色に髪を染色した蔚山現代のユン・ジョンファン監督が、浦項戦に勝利して完璧な復讐劇を演出した。

蔚山現代は18日、文殊サッカー競技場で行われた浦項スティーラースとの現代オイルバンクKリーグクラシック30ラウンド、別名東海岸ダービーでメンディのゴールに力付けられて1-0で勝利した。
この日の勝利で蔚山は0-4の大敗を完璧に復讐した。

ユン・ジョンファン監督がファンとの約束を守った。
この日、ユン・ジョンファン監督は蔚山を象徴する青い頭に変身してグラウンドに出た。
理由は出征式の公約のためだ。
ユン・ジョンファン監督は今シーズンの前に行われた出征式で、ホームの観客が2万人を越えれば青い髪に染色するとファンと約束し、8月27日の光州とのホーム試合で2万239人が入場して条件が満たされた。

最終的にユン・ジョンファン監督は青い髪に染色して約束を守った。
もう一つの約束も守った。
ユン・ジョンファン監督は6月29日に行われた東海岸ダービーで0-4の大敗を喫した後、ファンに囲まれて次の東海岸ダービーで必勝を誓った。
それについてユン・ジョンファン監督は、試合前から「屈辱的な敗北だった。今回は勝たなければならない。選手も重要性をよくわかっている」として、浦項戦に必ず勝つという意思を明かした。

結果的に完璧な復讐劇を演出した。
試合中ずっと主導権を握っていた蔚山だったが、前半はゴールが出なくてやや苦しい流れだった。
そのときユン・ジョンファン監督が出したカードがコヴァだった。
最終的には勝負の賭けが通じた。
後半34分に左サイドを崩してコヴァが低くて速いクロスに繋げ、それをゴール前にいたメンディが落ち着いて決めた。


スポンサーリンク
楽天





ユン・ジョンファン、「青い頭、もう一度するか悩む」
OSEN




※一部要約

蔚山現代は18日、蔚山文殊競技場で行われたKリーグクラシック31ラウンドで浦項スティーラースを1-0で退けた。
3位の蔚山(勝ち点45)は1試合行っていないが2位のソウル(勝ち点50)を猛追撃した。
浦項(勝ち点35)は9位を維持した。

試合後、ユン・ジョンファン監督は「キム・ビョンジ兄さんが引退して私も髪染めをした。今日は選手がしようとしている姿を見せた。多くの得点は出なかったが、活発で迫力溢れる試合をした。1勝してある程度選手を回していく余裕ができた。二日休んですぐ城南と試合をする。この雰囲系を続ける。最後までこの集中力を維持すれば、さらに良い結果が出る」として、笑みを浮かべた。

この日の勝利で蔚山は浦項戦の0-4の敗北を克服した。
ユン監督は「覚悟を新たにした。あの試合を忘れることはできない。韓国に来て最も恥辱的な試合だった。多得点の差で勝つことを願ったが、1点差の勝利でも満足する。選手の精神力が蘇ったことがさらに満足だ」と評した。

蔚山が勝利して、ユン・ジョンファン監督はずっと青い頭を続けるのだろうか。
彼は「頭に気を使う余裕はなかった。選手といつも一緒にプレーすることを考える。頭を洗ったら色が濃くなる。勝ったのでもう一度するかは考え中だ。選手がすごく笑って恥ずかしくはあった。この気分をずっと続けたい」と言って笑った。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…ダービーで大敗した蔚山のユン・ジョンファン監督、バスを止めたファンに謝罪






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...