[海外サッカー] ユン・ソギョン、デンマークリーグに移籍
NEWSIS




※一部要約

デンマークプロサッカーのブレンビーIFは13日、HPで「ユン・ソギョンが自由契約でブレンビーに入団した。背番号は2番」として、「今年までと明記された契約書にサインした」と伝えた。

2012ロンドンオリンピックに出場し、韓国サッカー史上初の銅メダル獲得の一助となったユン・ソギョンは、2013年にイングランドプロサッカーのクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)に移籍した。

QPRでの生活は険しい主戦競争を伴った。
2014~2015シーズンのプレミアリーグで23試合に出て出場機会の保障を受けたかに見えたが、昨シーズンは再び立場を失った。
チャールトン・アスレティックでレンタル生活をし、5月に結局QPRから放出された。

所属チームの試合にちゃんと出られず、代表チームに合流する機会も自然と減った。
ユン・ソギョンは去年からたった2回のAマッチ試合を消化するのに終わっている。

ユン・ソギョンはブレンビーで再跳躍を狙っている。

彼はクラブを通じて「ブレンビーに入団したのはとても誇らしい」として、「チームに合流して手助けしたかったので、熱心にする準備はできている」と入団の所感を伝えた。

ブレンビーは1965年創立で正規リーグの優勝カップを10回持ち上げた名門である。

今シーズンは開幕から8試合で5勝3分けを記録して無敗記録を更新中だ。


スポンサーリンク
楽天





ドイツに必ず行く・・・"コリアンリーガー"のヨーロッパ中級リーグ移籍ラッシュ、なぜ?
スポーツソウル




※一部要約

"コンディションと感覚を見つけてビッグリーグ再入城を狙う"

ヨーロッパでプレーする韓国選手が新たなトレンドを作りながら気丈に努力している。
いわゆる"ビッグリーグ"ではない中型級のリーグに巣を作って挑戦を続けるということである。
代表チーム主戦級の選手が予想外にイングランドやドイツの現所属チームに残留した中で、代表を出たり入ったりしたりオリンピック代表に抜擢された選手がより小さなリーグへの移籍を選択した。

ユン・ソギョン(デンマーク・ブレンビー)やリュ・スンウ(ハンガリー・フェレンツヴァーロシュ)、パク・インヒョク(スロベニア・コペル)、パク・チョンビン(デンマーク・ヴィボー)が該当する選手たちだ。
代表でAマッチ11試合に出たユン・ソギョンは13日、デンマーク1部リーグ優勝10回の名門ブレンビーと今年末までの4ヶ月短期契約を結んだ。
2016リオオリンピックに出場してフィジー戦でハットトリックを炸裂させたリュ・スンウはバイエル・レバークーゼンを去ってハンガリーの名門フェレンツヴァーロシュと1年のレンタル契約を結んだ。
リュ・スンウは先週末の初戦でゴールまで決めた。
去年ドイツ1部のホッフェンハイムに入団した長身FWパク・インヒョクもスロベニア・コペルにレンタルで去り、パク・チョンビンは前所属チームであるホブロが2部に降格して1部クラブのヴィボーに移った。
パク・インヒョクとパク・チョンビンはオリンピック代表出身である。
去年始めにオーストリア・ザルツブルクに入団したファン・ヒチャン、最近オーストリア2部のホルンと契約した19歳以下代表キム・ジェウもヨーロッパの中型級リーグでプレーする韓国選手だ。

実際には彼らの年俸水準はそれほど高くない。
2014年に英国の"コートオフサイド"が発表した格好リーグの平均週給を見ると、デンマーク1部は2868ポンドでそれを年俸に換算すると14万9136ポンド、韓貨で約2億2050万ウォンほどになる。
オーストリア1部の平均年俸は2億6300万ウォンである。
もちろんブレンビーやザルツブルクなどは当該国家の名門クラブなのでもっと多くの年俸を選手に与えられる。
だがKリーグクラシックの平均年俸が1億7000万ウォン前後で、ヨーロッパの物価が高いという点を考慮すると、金銭的な側面でデンマークやオーストリアでプレーするのは大きな利益にならないものとみられる。

だが若い年齢で飛び込んだヨーロッパの舞台で成功するという意志と、出場時間が増えるだろうという期待などが、韓国選手を中級型リーグに導くモチベーションとなっている。
ユン・ソギョンはQPRで多くの監督交代によって主戦とベンチを行き来したが、ヨーロッパでもう一度挑戦することができるという気持ちで、韓国などアジアの他のリーグからのラブコールを断った。
リュ・スンウとパク・インヒョクも所属チームの監督が入団後に代わって浮沈を経験しているが、ヨーロッパでもう少し可能性を探ってみるという考えで、馴染みはないが西ヨーロッパに近いハンガリー・スロベニア行きを選択したわけである。
ドイツ1部でもプレーしたパク・チョンビン、ドイツ語圏のオーストリアでプレーするファン・ヒチャンとキム・ジェウも、ドイツ・ブンデスリーガへの復帰や再進出にターゲットを設定して焼入れしている。

そうした理由で彼らは現所属チームとの契約期間を短く設定した。
コンディションや感覚を取り戻せば、ドイツなど規模の大きなリーグのクラブに移籍するため、現所属チームをベースキャンプにしているところだ。
ワークパーミット強化政策によって韓国選手のイングランド1~2部クラブへの進出が難しくなったという点を見たとき、ユン・ソギョンやリュ・スンウ、ファン・ヒチャンらが狙うところはドイツ・ブンデスリーガに圧縮される。
デンマークやハンガリー、スロベニア、オーストリアはすべてドイツの周辺国である。

ただし中型級リーグでも振るわなければ、ヨーロッパを去るしかない状況に追い込まれるかもしれないということは、当該の選手にとって心理的負担として作用する見通しだ。
ユン・ソギョンを除いた残りの選手は、現実的な軍の問題も考えなければならないので、1年以内にビッグリーグ再進出をしなければならないというのが専門家らの見解である。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…レバークーゼンのリュ・スンウがハンガリーのフェレンツヴァーロシュにレンタル移籍
韓国メディア「18歳のCBキム・ジェウ、本田が買収したオーストリア2部のSVホルンに入団」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...