ホッフェンハイムを去れなかったキム・ジンス"手に余る死闘"
MKスポーツ




※一部要約

代表チームの選手が中国戦を終えて外泊に発った2日、キム・ジンスは所属チームで大粒の汗の雫を流した。

"ハイルブロン・アム・ラインバッハ1891"という見慣れない名前のドイツアマチュアチームとの親善試合に先発出場し、約1時間グラウンドを走った。

主戦級の選手が大挙して各代表に選出された状況で実施した親善戦で、一抹の機会が与えられた点に意味を付与することができそうだ。

キム・ジンスの置かれている現実が暗鬱なのは事実である。





スポンサーリンク
楽天





ユリアン・ナーゲルスマン就任の前後でフィリップ・オクスやジェレミー・トリアンに押され、左SBの3番目のオプションに転落した。

キム・ジンスは昨シーズン、1月31日のバイエルン・ミュンヘン戦を最後に公式戦に出場できずにいる。

夏の移籍市場でアダム・サライやイロアン・ハマドとともに、放出有力な3人に議論されたが、移籍が不発で結局残留した。

今シーズン開幕後のホッフェンハイムの2試合にも姿をあらわすことができなかった彼は、主戦級の選手の負傷がない限り、18人のリストのために戦わなければならない立場である。




移籍市場終わる、ヨーロッパ派コリアンリーガーの大移動はなかった
オーマイニュース


※一部要約

キム・ジンスとパク・チュホはブンデスリーガが先月開幕したのに出場機会を掴めなかった。
ユン・ソギョンは昨シーズンにQPRとの契約が満了してから自由契約選手になり、移籍市場の締め切りとは関係なく引き続き新たなチームを探せる状況だが、まだ成果は遅々として進まない。

かつて代表チームで最も人材が溢れて競争が激しいと評価されていた左SBのポジションは、彼ら3人衆の同時不振で重量感が急激に落ち、今はシュティーリケ号の最大の悩みになってしまった。
代表チームは中国戦でAマッチ初出場に加え、メインポジションが右サイドのオ・ジェソクに左SBを任せなければならなかった。
右SBにはCBが本業のチャン・ヒョンスが起用された。
だが中国戦でシュティーリケ号のSBは相次ぐ守備のミスで失点の口実を提供し、安定感を植え付けることができなかった。
主軸選手の競技力回復の問題が早く解決されなければ、SB不在は最終予選でずっとシュティーリケ号の足を引っ張る可能性も高い。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...