選手価値が最も暴落したEPL選手10人・・・"チェルシーが最多"
スポータルコリア




※一部要約

ドイツの移籍市場調査サイト"トランスファーマルク"が調査した統計によると、2015年7月1日以降で選手価値が最も大幅に落ちたEPL選手10人に、チェルシーの選手が最も多く含まれていることが明らかになった。

高い移籍金と年俸を受けていることが伝えられているチェルシーの選手は、昨シーズンの序盤に度重なる不振でリーグ下位圏から抜け出せなかった。
最終順位は10位で終えたが、それに伴うチェルシーの選手の身代金下落は避けられなかった。

その他にも負傷や老衰化による技量の低下で選手価値が下落したのはシュバインシュタイガー、ウェイン・ルーニー、ダビド・シルバ、そしてカミロ・スニガなどがいる。

特にマンチェスター・ユナイテッドに来る前までは高い身代金を記録していたシュバインシュタイガーは、最も大幅な下落率を記録した。
マンU移籍当時、シュバインシュタイガーの身代金は1800万ポンド(韓貨270億ウォン)だったが、現在の身代金は1000万ポンド(韓貨150億ウォン)である。
移籍して1シーズンで約45.5%に当たる身代金が下落した。





スポンサーリンク
楽天




シュシュはマンUに間違って来たようだ
そのままミュンヘンのレジェンドとして残っていれば
なぜ30代で突然EPLに挑戦したのか



┗ミュンヘンが出したのだ
 高額の週給でベンチだから


┗30代でマンUに来たのが間違いなら
 ズラタンは何になるのか


┗そのままKリーグに来い!



イバノビッチはもっと落ちても言葉がない・・・


┗髪もかなり落ちて・・・
 ふふふ



ルーニーが3位・・
今回のユーロ後にもっと落ちただろう



┗ドゥビュシーが3位なのだが・・・?



ところでなぜダビド・シルバがそこにいるのか?
負傷でフルシーズンプレーできなかったが・・
技量は相変わらずなのになぜ?


┗年齢・・・



そこにデパイやスターリングがいないのが不思議



ソン・フンミンは300億は減っただろう
ふふ




リバプールの選手は落ちるほどの価値がないようだ



ソン・フンミンがなぜいないのか
ふふふ
1位っぽいのに



ソン・フンミンが10位内にいないのは驚くべきことだ



S.ファブレガスって誰・・・?
セスクというときはCESCじゃないのか




不思議な事にデパイがいないね
フフッ



S.ファブレガス
ふふふふふふふふふふふふふふふ



マンU+チェルシーで70%だ



アザールが食い逃げなのは確実だ



ルーニーはまだバブルだ



スターリングは・・・?
デパイは・・・?



ドゥビュシーはベジェリンが良すぎた



ダビド・シルバのせいで信頼性が落ちる・・・



ソン・フンミン400億→0ウォン(尚州尚武)



オスカルがいないね?



暴落ではなくそもそもバブルだったのだ



トーレスがいないね・・・



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...