パク・チソンに押されてサブだったポール・ポグバ、世界最高の身代金(1671億)目前
東亜ドットコム




※一部要約

セリエAチャンピオン・ユベントスの核心MFポール・ポグバのマンチェスター・ユナイテッド移籍が近づいたという報道が出てきた。

英国ガーディアンは21日、「マンUがポグバを獲得するために移籍金9200万ポンド(約1393億ウォン)を提示した。エージェントに支給する最大で1840万ポンド(約279億ウォン)のエージェント費を合わせれば、彼の値段は1億1040万ポンド(約1671億ウォン)まで上がる」と報じた。
マンUは19日に8700万ポンドの移籍金を提示して拒絶されると、すぐ翌日に金額を上げて再びポグバ獲得に出た。

マンUはポグバの週給を29万ポンド(約4億4000万ウォン)に策定し、それ以外に肖像権などポグバの商業的権利も420万ポンド(約64億ウォン)で買うことにした。




パク・チソンに押されたポール・ポグバ「マンU復帰」
ブリッジ経済新聞




※一部要約

ポグバはマンUユース出身だ。
2011~2012シーズンにマンUの1軍でデビューしたが、たった3試合のプレーで2012年7月にユベントスへ移籍した。
当時マンUを率いていたアレックス・ファーガソン監督は、ポグバの成長の可能性を低く見ていた。

だがポグバはユベントスに行ってから恐ろしいほどの成長をした。
ユベントスの4連覇を導き、チームの中心の席を確保した。
その後ユーロ2016に出場して印象的な競技力を繰り広げた。
圧倒的な中盤掌握でフランスの攻撃力を最大化した。


スポンサーリンク
楽天





ポール・ポグバ、パク・チソンに押されてユベントスに行ってマンUに錦衣還郷
忠清トゥデイ




※一部要約

ポグバはマンチェスター・ユナイテッドを去った理由でパク・チソンに言及したことがある。
2013年10月、オランダのサッカー専門メディア"サッカーニュース"の報道によると、ポグバはマンU時代にパク・チソンとの主戦競争で押されてチームを去る決意を固めたことがわかった。

ポグバは「アレックス・ファーガソン監督に私は、準備ができているかいないかは試合に投入してみれば分かるはずだと話した。だが彼はラファエル・ダ・シルバとパク・チソンを中盤に投じた。私は本当に酷い気分を感じた」とファーガソンを恨んだ。




パク・チソンのせいでマンUを去ったポグバ、いかに復帰を決めたのか
スポーツ韓国




※一部要約

ポグバが2012年にマンUを去った理由は簡単である。
出場機会の不足を理由にユベントス行きを選んだのだ。
面白いのは、当時ポグバがパク・チソンによって移籍の決意を固めたという事実である。

ときは2011年12月31日に遡る。
当時マンUの監督だったファーガソン監督は、自身の70回目の誕生日とブラックバーン戦を控えていた。
このときマンUは中央MFがいなくて苦悩していた。
スコールズは1次引退を宣言していて、フレッチャー、ルーニーをはじめとする中央MFの資源が負傷で離脱いていたからである。

弱り目に祟り目で、CBまで負傷していて、ファーガソン監督は泣く泣く中盤の核であるキャリックをCBで起用しなければならなかった。
問題は中盤。
当時も超特級有望株と評価されていたポグバは、内心先発出場を期待していた。
だがファーガソン監督の選択はラファエル・ダ・シルバとパク・チソンだった。

ポグバは交代メンバーにも入れず、このとき彼の失望は極限に達した。
知っての通り、ラファエルとパク・チソンは中央MFが専門のポジションではなかったからだ。
中央MFが専門ではない選手にすら押されたという事実は、ポグバには受け入れがたい現実だった。
さらに試合は2-3でマンUの敗北に終わった。
ポグバが失望を感じたのは当然だった。

後日、ポグバはESPNとのインタビューで「マンUを去らなければならなかった瞬間は、私の人生で本当に苦しい時期だった。私は本当にマンUを愛していたからだ」と明かしたことがある。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...