[チョン・ソンリョンインタビュー] 彼が見た"同僚キム・ジンヒョン、偶像チェフ、後輩キム・ドンジュン"
日刊スポーツ




※一部要約

電話機の向こう側から聞こえてくるチョン・ソンリョンの声はいつもまったく同じである。
最高の活躍をして賛辞を受けたときも、最悪の姿を見せて非難の中心に立ったときも、声は常に落ち着いている。

14日、彼と電話したときもそうだった。
明らかにチョン・ソンリョンの状況は変わった。
国内サッカーファンの一方的な非難の中で生きてきたが、5日のチェコ戦から変わった。
チョン・ソンリョンは印象的なファインプレーを披露して韓国の2-1の勝利の主役となった。
ファンはチョン・ソンリョンに向けて心からの拍手をした。

そのような変化の中でも、いつもの様に彼は毅然としていた。

彼は「ファンの非難を意識しないように努力していた。ただ練習場で熱心に練習し、運動場で良い姿を見せるという考えだけだった」と淡々と語った。

続けて「チェコ戦から良い言葉をしてくれるファンが多くなったのは事実である。もちろん良いことだ。気分も良い」として、「だが心の変化はない。運動を熱心にしなければならないという考えだけである」と打ち明けた。

チェコ戦で得たものがあるなら、代表チームと自分に訪れてきた"希望"だ。

彼は「ヨーロッパ遠征で良いチームと良い経験をすることができた。頻繁には来ない瞬間だ。韓国がヨーロッパの強豪相手に勝利した。個人的に最も良かった部分」として、「所属チームでも熱心に準備すれば、また代表チームに選ばれることができるということも分かった」と強調した。

そして"同僚"キム・ジンヒョンと"偶像"ペトル・チェフについて話しだした。
2016リオデジャネイロオリンピックに立ち向かう"後輩"キム・ドンジュンに向けて心からの助言も投げた。


20160629060104a.jpg


スポンサーリンク
楽天





2012ロンドンオリンピック4強戦で韓国はブラジルに0-3の完敗を喫した。
当時ゴールを守っていたのは、チームメイトであり後輩のイ・ボムヨンだった。
イ・ボムヨンは相次いでミスを犯して3失点を許した。

当時チョン・ソンリョンはイ・ボムヨンにこう言った。

「非難を気にするな。こういう経験によって発展することができる。試練を通じてより大きな選手になることができる。そしてこの経験と記憶を絶対に忘れてはならない。今の感じを一生胸の中に抱いてろ」



20160629060104b.jpg


当時と同じような状況が展開された。
スペイン戦に出たキム・ジンヒョンがミスを繰り返して6ゴールを許した。
韓国は1-6の惨敗を喫した。
試合後、チョン・ソンリョンはキム・ジンヒョンとともに散歩をしながらあれこれ言葉を交わした。

チョン・ソンリョンは「ジンヒョンも良い経験をしただろう。私もそういう経験をした。勝敗を離れて、ジンヒョンは最善を尽くした。準備も熱心にしていた」として、「ジンヒョンに"大丈夫だ"と言ってあげた。これから試合が多いので、肯定的に考えろと言った。"一緒に頑張ろう"とも言った」と会話内容を公開した。

続けて「ジンヒョンにも今の痛い経験を絶対に忘れないでくれと言った」と語った。

チョン・ソンリョンのチェコ戦の相手は、世界的GKと評価されるチェフだった。
チェルシーの伝説だったし、チェコ代表の象徴的人物である。
チョン・ソンリョンは常々チェフを好んでいた。
偶像のような存在との対決で、チョン・ソンリョンは判定勝ちをおさめた。
意義深い試合という他ない。

チョン・ソンリョンは「エドウィン・ファン・デル・サールが最も好きだが、チェフも私が本当に好きなスタイルのGKだ。重みがあり安定的である」として、「チェフのような世界的GKと対決すること自体が光栄だった。良い試合をしたかった」とチェコ戦を振り返った。

チョン・ソンリョンはチェフの人柄に惚れた。
彼は「チェフは性格が本当に良かった。競技場に入ったとき、チェフが先に握手を求めた」として、「試合後は私が先にチェフに挨拶した。チェフは本当に気持ちよく受け入れた」と振り返った。

チェフとユニフォームを交換した状況も説明した。
チョン・ソンリョンは「私が先にユニフォームを交換しようと言い、チェフはご苦労様と言ってユニフォームを脱いだ」と笑った。


20160629060104c.jpg

チョン・ソンリョンは「オリンピック代表の後輩に必ずしたい話がある。チームが一つになることが最も重要だ。そうすれば望む目的地まで絶対に行ける」と助言した。

チョン・ソンリョンは「(キム)ドンジュンの試合をたくさん見た。良い選手だと聞いていた。直接見て私の考えも違わなかった。特にゴールポストでの動きが良かった」として、「(ク・)ソンユンも良いGKだと思った。期待される」と愛情を示した。

最後に彼は後輩に「後悔なしに最善を尽くして帰って来い。そうすれば必ず良い結果も伴うだろう。ファイティン!」と叫んだ・


【関連記事】
【6-1惨敗】韓国メディア「キム・ジンヒョンをなぜ交代しなかったのか」「スペインから友人のキム・ジンヒョンと皮肉られる」
チェコ戦で健在さを誇示したGKチョン・ソンリョン「食もたれで体調が良くなかったが、精神力で持ちこたえた」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...