[Kリーグ] FCソウルの新司令塔にファン・ソンホン・・・チェ・ヨンスは中国行き
NEWSIS




※一部要約

"鷲"が行って"コウノトリ"が来た。

FCソウルは21日、チェ・ヨンス監督が中国プロサッカー江蘇蘇寧の指令塔に就任し、ファン・ソンホン監督が新たにソウルの指揮棒を取ると明かした。

突然の監督交代だ。
ソウルは今シーズン、9勝3分け3敗の優れた成績でKリーグクラシック2位を走っている。
ACLでも無難に8強に到着した。

変化は常勝疾走していたチェ監督が中国行きを決めてから起きた。
今月初めに指令塔の空席が生じた江蘇がチェ監督に積極的なラブコールを送り、チェ監督が決断を下した。

直ちに後任監督探しに乗り出したソウルは、去年まで浦項スティーラースを率いていたファン監督に指揮棒を任せた。

契約期間は2年6ヶ月で、ファン監督は2018年までソウルを導く。


スポンサーリンク
楽天





[単独] ファン・ソンホン監督、今週末にFCソウル最初の挨拶・・・フランスから急遽帰国
スポーツワールド




※一部要約

スポーツワールドの取材結果、現在"ユーロ2016"観戦のためフランスに留まっているファン監督は、当初7月まで留まる予定だったがFCソウルとの切迫した交渉が展開されて急遽帰国する。
これに対し、今週末にチームに合流して選手だと挨拶を交わす予定である。

クラブの高位関係者はこの日、スポーツワールドとの通話で「江蘇からチェ監督を迎えたいという噂が再び聞こえてきたのは4週間前で、公式にオファーが来たのは2週間前」として、「チェ監督は35億ウォンという年俸より、現在江蘇で活躍しているラミレス、アレックス・テイシェイラと一緒に選手と監督で呼吸を合わせてみたいという熱望をあらわした。もちろんシーズンが終わってから去るのが最も理想的な図だが、状況は思いのままに流れたりはしない。クラブでも苦心の末にチェ監督の未来のために大乗的なj決定を下した」と説明した。





それとともに後任のファン監督については「ファン監督と最初に接触したのは5日前である。フランスに留まっているファン監督と直接連絡を取って対話をし、交渉が急流に乗った」として、「ファン監督は当初7月までフランスに留まる予定だったが、すぐ飛行機のチケットを入手して帰国する予定だ。週末にチームに合流して最初の挨拶を交わすだろう」と説明した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...