英メディア、ソン・フンミン-シュールレのスワップディールの可能性を提起
インターフットボール




※一部要約

移籍説に包まれたソン・フンミンがヴォルフスブルクのFWアンドレ・シュールレとのスワップディールの可能性が提起された。
だが可能性はあまり高く見えない。

かなり公信力のある英国現地メディアからソン・フンミンの移籍説が流れ出た。
なのでより一層衝撃は大きい。
英国メディア"テレグラフ"は20日、「トッテナムが1シーズンも経たずにソン・フンミンの移籍を準備している」と報じた。

このニュースを報じた記者は政論紙"テレグラフ"でチェルシーをはじめとしてロンドン地域のチームをすべて担っているサッカー記者マット・ロウである。
サッカーファンの間では非常に公信力の高い記者として知られていて、そうした理由でソン・フンミンの移籍説が衝撃的に迫ってきた。

そのような状況でスワップディールの可能性も提起された。
その対象は過去にチェルシーで活躍したヴォルフスブルクのFWシュールレ。
英国メディアの"HITCスポーツ"は21日、「トッテナムがヴォルフスブルクのFWシュールレ獲得のためにソン・フンミンとのスワップディールを試みるか?」というタイトルで、ソン・フンミンとシュールレのスワップディールの可能性を提起した。

もちろん可能性は高くないが、まったく根拠のない話でもない。
トッテナムのポチェッティーノ監督は以前からシュールレの獲得に関心を示してきたし、現地でも可能性が高いと評価していた。
特にソン・フンミンがトッテナムのユニフォームを着たときも、シュールレはやはり候補群にいたと伝えられている。

このメディアは「トッテナムはドイツ代表FWシュールレと関連付けられている。多くのドイツチームがソン・フンミンを迎える余裕がない状況で、スワップディールは良いカードにできる」と伝えた。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…英国メディア「トッテナムが1シーズンでソン・フンミンの販売を準備」「同僚がソン・フンミンに怒った」

スポンサーリンク
楽天





ソン・フンミンも屈辱だね
我が国にこれほど成功して認められる選手はいないのに
大型選手ほど雑音がある
勝ち抜いてくれ



┗ソン・フンミンがなぜ屈辱なんだ?
 シュールレを知らないのか?


┗シュールレの屈辱じゃないか?
 シュールレ>>>>>>>ソン・フンミンだ



今シーズンのシュールレは41試合出場12ゴール7アシストで
攻撃ポイントは213分に1つ、出場時間2558分
今シーズンのソン・フンミンは42試合出場8ゴール5アシストで
攻撃ポイントは250分に1つ、出場時間2001分
特に差はないのでラメラのようにもう1シーズンは見ないと


┗それ以外にもシュールレはすでにEPLを経験しているというのが長所



シュールレもEPLではいまいちじゃなかったか・・・


┗それでもブンデスやEPLでソン・フンミンと比較にならないクラスじゃないのか


┗ソン・フンミンはクロップのリバプールに行くべきだろう!



ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ



どうか取ってくれ
EPLの中継を見たくない



貪欲ケインがいなければソン・フンミンのゴールは少なくともさらに3ゴールは決まってた



トッテナムを出てマンUに行こう



決定はクラブオーナーとポチェッティーノがする
チラシ記事に振り回されないようにしよう



ラメラの最初のシーズンはソン・フンミンよりできなかった
1シーズンはさらに見守るべき



ソン・フンミンの最大の問題は体力だ



パス不正確1位デパイ、2位ソン・フンミン



ふふふ
そうだ、ブンデスリーガが合ってるようだ



値段に見合ってないから市場に出てきたのでは?



排ガスを操作してる企業がスポンサーのチームになぜ行くのか



パク・チソンのマンUのときもこういう記事を何度も経験した
ふふふふふ
来シーズンまで見て判断するべき




そのままオリンピックでメダルを取って軍免除になってマンUに行け



またレバークーゼンに行こう



サムスンが1チームを買収して韓国選手を集めよう



チェ・ガンヒ監督様が代表チーム監督だったときに
なぜソン・フンミンを選ばなかったのか理解できたか?



ソン・フンミンはセリエAのウディネーゼがぴったしだ



率直にソン・フンミンが良くなかったのは認めるが
これからの可能性は誰よりも高いのでチャンスをちゃんと与えろ
年齢もまだ若い




現在の危機がソン・フンミンをより大きな選手にする



昇格チームのバーンリーorミドルスブラに行こう



ドイツ代表VS韓国代表



こんな記事が出たら結局移籍になる・・・



シュールレの屈辱だ・・・・・



可能性のないチラシ



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...