[ソ・ホジョンのキックオフ] イ・ボムヨン、傭兵になって分かったもの
ソ・ホジョンコラム




※一部要約(4月26日の記事)

去年J2から昇格したアビスパ福岡はイ・ボムヨンの新しい所属チームである。
Jリーグ加入後の21年間で12年を2部リーグ、9年を1部リーグで過ごした典型的な"エレベーターチーム"だ。
2000年代に入って2回昇格したが、すべて1年で降格した。
今年も降格候補1位と評価されるチームで、実質的な目標も残留である。
イ・ボムヨンはそんなチームが少なくない移籍金を払って獲得した外国人GKだ。
ノ・ジュンユン、キム・ミンジェら韓国選手を以前にも獲得していた福岡は、井原正巳監督体制でチームのメインカラーである強い守備を補強するため、イ・ボムヨンを追加した。
イ・ボムヨンは今シーズンにチームが行った9試合にすべてフルタイム出場した確固たる主戦である。


sptPostArticleImage-89888a.jpg


Q.まず心配になった。九州地方に大きな地震があった。周囲は心配してるはずだが?

A.地震を生きてて初めて感じたが、すごく当惑した。最初の地震は家で日本人の課外の先生とともに勉強していた。スマートフォンに"緊急地震"と警報が来た。あまりにも驚いて飛び出すべきじゃないかと混乱したが、日本人の先生が落ち着きなさいと言った。どうやら日本人はこういう状況で落ち着いて対処している様子だった。2回目の地震は翌1時30分に来た。とりあえず一度経験したので落ち着いて対処した。家は揺れたが大きなことは起きなかった。その後も余震を2回くらいさらに経験した。まだ余震の危険があるというので気をつけなければならない。一方では確かに自分はJリーグでプレーする外国人選手になったんだなと思った。日本に来たからこういうことを経験するもの当然だという気がした。


Q.1人でどのように1日を過ごすのか?日常的な一日を紹介してくれ。

A.朝7時に起きて1人で朝食をとる。ご飯を温めて両親が送ってくれたおかずか自分が好きな唐辛子マグロを混ぜて食べる。そして服を着替えてから出勤する。7時40分に家を出れば通常はクラブハウスまで10分かかる。練習の準備をした後、9時に練習を始める。練習後に個人の補助運動を終えて出ると12時半を過ぎる。その後は近所の韓食堂で行って昼食を食べる。昼食をとったら1時30分だ。その後は日本語を勉強して疲れたら昼寝をする。午後遅くに買い物に行ったりもする。夕方にはウイニングイレブンを始める。マスターリーグで4シーズン目に向かっている。セルタ・デ・ビーゴで2位を走っている。ちなみに一番高いレベルだ。今はドイツ代表チームの監督を受け持っている。(Q.そんなに詳しく話す必要はない)ウイニングイレブンは私の自負心である。夕方6時に夕食を悩む。福岡で知り合った韓国人の後輩とともに、日本の食事でも色々と美味しい店を探している。ヤキニク、鰻丼などを発掘した。一週間に一度くらいは通訳、同じチームの韓国選手(キム・ヒョヌン)とボーリングをする。9時から寝る準備を初めて10時前に就寝する。家族が来たらプレステとウイニングを処分して育児に専念する。


Q.選手の口から出勤という表現は聞き慣れない。韓国でも使ってた表現か?

A.2007年に釜山に入団してずっとクラブハウスで過ごしていた。当然出勤という表現を使ったことはなかった。2年前から一人暮らしをしてきたが、Kリーグは合宿が多いので出退勤と感じる部分が少ない。外国で選手生活をして、朝起きて普通に午前練習を消化する過程をしてみると、一般人のように出勤して退勤しているという気がする。自然と社会性が取り揃う。早く練習が終わった後、半日をどう活用するか悩む部分が大きい。韓国では成人になったが様々な面で子供のようだった。2年前、家を探して転入申告をするのもまともにできなくて困り切った記憶がある。クラブが理解してすべてしていたからだ。寝て食べて生活し、移動するところまで。傭兵になって本当に大人になったようだ。


スポンサーリンク
楽天





sptPostArticleImage-89888b.jpg


Q.アビスパ福岡に来るまでの過程が気になった。Jリーグ移籍説もあったが、首都圏をはじめとするKリーグチームからの移籍説も多かったことを知っている。

A.Kリーグは首都圏と地方の計4チームからオファーがあった。監督様が直接連絡してきたチームもあった。だが最も積極的で具体的な内容でオファーを送ってきたチームが福岡だった。私もまた新たな環境で挑戦したかった。もう満28歳なので、いつまた海外挑戦できるのだろうかと思った。選択肢がJリーグだったということについて、ファンの物足りなさも分かるが、逆にGKにとって事実上唯一の海外進出のチャンスである。この経験が残りの選手生活とその後の人生でものすごい役に立つのではないかと考えて、Jリーグに来ることになった。


Q.釜山が去年降格したので、逃げるような姿に見られたのも事実だ。

A.釜山とは契約期間が残り1年の状況だった。事実を言うと、釜山は再契約について積極的な話をしなかった。(イ・)ジョンヒョプは毎日監督様の部屋に呼ばれていたのに、私は特に言及がなかった。チェ・ヨンジュン監督様が「一緒にしないとな?」と一度言ったが、それがすべてだった。釜山ファンの方々の応援が、移籍を決心した理由だった。降格した後チームに多くの叱咤を送っていたが、唯一私にだけ「ボムヨン、君はこれまで苦労が多かったが、これからは他のところで挑戦しろ」という話をされた。それが本心だったのか腹が立って言ったのかはわからないが、挑戦を悩んでいたとき、9年間の努力を認めてくれたことに力を得た。今でも釜山ファンとはしばしば連絡をする。ずっと気にして応援してくれる。釜山との義理であり、その義理を確認できてすごく嬉しい。


sptPostArticleImage-89888c.jpg


Q.再び福岡の話に戻って、チームの積極的なラブコールの他に惹かれた理由は何だったのか?

A.チームが私を望んでいるというので、ユーチューブでハイライトを探してみた。どんなプレーをするチームなのか調べて、間接的に感じてみたかった。昇格プレーオフのときに感じたのは、水原FCが本当に熱心にプレーしていて私たちの手に負えない、これが昇格するチームの力なのかと思ったが、アビスパ福岡も似ていた。2部リーグで3位になってプレーオフに行き、1部リーグレベルのセレッソ大阪を下して昇格した。ハイライトを見ると本当に選手が熱心にやっていた。こんなチームならやりがいがある、何か学ぶことができると思った。井原正巳監督の存在も一役買った。井原監督様は韓国でも有名な方だ。あれこれと魅力を感じた。都市も良かった。釜山と近いのもメリットだった。文化的に似ているのが多い。気質や雰囲気が韓国と似ている。日本語をあまりできないのに、生活するのに何の問題も感じられない。さらに私が暮らしてる町内では釜山MBCラジオを掴めるほどだ。


Q.井原監督はどういう指導者か?現役時代は"日本のホン・ミョンボ"と国内でもよく知られたスター出身だが?

A.カリスマがすごい。すごくポーカーフェイスだ。ある面ではホン・ミョンボ監督様と似ている。実際にお二方は通話もするほど親しい。選手といるときは明るい笑みや冗談を言うが、突然冷徹になるときがある。本人のサッカー哲学を確実にチームにインプットさせる。ひとまず守備的に強く行く。状況ごとに守備についてディテールがある。組織的なプレーのカラーもしっかりしている。絶対選手のせいにしない人だ。試合に負けても次を考えて、選手に自信を芽生えさせるタイプである。今日は早く忘れて次の準備をしようと言う。選手のキャリアが華やかで、チーム内外から多くの尊敬を受ける。チーム内でも影響力がある。通常、Jリーグでは戦力強化チーム長が監督より上にいて多くの力を発揮する。井原監督は戦力強化チーム長を自分が連れてきた。監督が選手団の最高決定権を持つ珍しいケースだ。なので選手も信じて従う。去年もそうだったが、ますますチームは良くなると思う。


Q.これまで行った試合の中で最も気に入った試合は?

A.どうしても(キム・)スンギュに会ったヴィッセル神戸との対決だ。無失点で終えた。以前にKリーグでもスンギュと対決したとき、2人がそれぞれシュートを10本ずつ防いだ名勝負があった。ファンが試合後にファインプレーショーを見たというほどすごい守備のやり取りをしたが、今回も互いが良い試合をして多くのことを感じた。終わってから互いにユニフォーム交換をしたが、本当に特別な感情だった。韓国ではなく外国でそういうことをすることになるとは想像もできなかったので。そして川崎とのリーグカップでJリーグに来て初めて勝利をおさめられたのも忘れられない。そのときは(チョン・)ソンリョン兄さんが代表に行ってて対決は失敗に終わったが、リーグ1位チームを倒してチームは多くのことを得た。


Q.Jリーグで韓国GKの競争力は何だと思うか?

A.これまでJリーグに多くの韓国選手が来た。以前は主にストライカーが来て多くのゴールを放った。今日ではチョ・ヨンチョル、キム・ミヌ、ペク・ソンドンのように速くて闘志のある選手が助けとなっている。そんな中で良いCBが大挙来た。フィールドプレイヤーは見せる部分が多い。だがGKはファインプレーで失点をしないことくらいだ。果たして私たちが日本GKより良いのだろうかと疑問があった。私、ソンリョン兄さん、スンギュまで3人がJリーグにしっかり適応して、"これだから韓国GKを選んだんだな、よく獲得した"という評価を聞かなければならないという責任感がある。ソンリョン兄さんはすでに皆に認められている。私もスンギュも試合をするほどますます良くなっている。チームを越えてリーグで認められ始めた。それでもまだそれぞれの長所やカラーをすべて見せることはできてない。時間がさらに与えられれば特別なものを見せるだろう。実際は韓国人GKだといっても共通した長所があると見るのは難しい。各自の特徴と長所はそれぞれだ。ただしJリーグは現在、外国人GKがいつのときよりも多く来ている。1部リーグには韓国人GK3人にポーランド出身のカミンスキー、オーストラリア出身のヴェラフィまで5人いる。外国人選手の競争力も重要だが、Jリーグは現在GKに対して物足りなさを感じているときのようだ。


sptPostArticleImage-89888d.jpg


Q.それではJリーグに来て感じた日本人GKの強みと欠点は何だろう?

A.サガン鳥栖のGK(※林彰洋、最近日本代表チームに抜擢)の背は194センチだが、その選手を除けば多くは身長が小さい。速くて瞬発力があり、フィールドプレイヤーに劣らないビルドアップ能力がある。それは確実な特徴である。それに比べて私たちはすべて190センチ以上だ。背に比べて瞬発力が良い。日本人GKがそういう特徴を見せるのは、日本サッカーのスタイルに最適化されているということだ。逆に言えば私たちが適応しなければならないスタイルなのだが、浦和レッズの西川周作を見ると、無理な状況でもGKがビルドアップで解いていこうとしている。私たちなら前方へ長く出せと要求されることだ。もちろん私もビルドアップはすることができる。ある程度の基本はある。ワールドカップに参加したレベルだから。韓国人GKが持つ大きな魅力の正体をはっきりとはわからないが、見せるべきものはあると思う。結局Jリーグでプレーすればそういうスタイルになるようだ。セレッソで長くやっている(キム・)ジンヒョン兄さんは韓国GKの中でビルドアップが水準級だ。最初からGKがロングキックをしないチームもある。Kリーグでは遠くて長く蹴るのを好むが、Jリーグは細かくGKが作っていくのを望んでいる。クリアするキックももう少し細かくしなければならない。一つ一つに意味があるように。日本という国の特徴がサッカーにも含まれている。私はKリーグでは釜山の1チームだけでプレーしていた。チームの指向が安全にプレーするのを好んでいた。KリーグはまずGKに安全を求める。価値判断が互いに異なる。ここに来ると、安全ながらもすぐ攻撃に繋げられることをしなければならない。求められるだけに、考えを育んでプレーする必要がある。


Q.Jリーグでスーパーセーブがあまり出ない理由はあるのか?

A.Jリーグではゴール前の前までパスで解いていく。一方、Kリーグは線が太く、クロスやシュートがスカッと入ってくる。Kリーグはサイドを突破した後に上げたクロスに打点の高いヘディングを試みるが、Jリーグは突破してももう一度考える。クロスが上がればすぐにシュートではなく、良い位置にいる選手に繋いで繋いで、GKとDFが手を出せない状況で決めることを作ろうとする。ここではそれを"ポケットゾーン"という。ペナルティボックスの両サイドまで深く掘り下げるのを好む。その中を突破すればゴールを多く決められるというのが日本サッカーの考えだ。なのでサイドでもパスプレーで繊細に進入し、カットバックで決めることをすごく狙っている。そのカットバックがGKとしては最も防ぎにくいルートだ。果敢なシュート、破壊力のあるシュートが出てこそGKは大きなモーションのスーパーセーブが多くなるのだが、ここでは3人目を越えて4人目の動きが入ってGKが手を使えないようにする。


Q.そういうスタイルの違いは自然とGKに多くの考えをさせるはずだが?

A.正しい。少し難しくなった。GKはさらに準備をしなければならない。より多くのことを考えなければならない。Kリーグではクロスが上がってきてヘディングやボレーシュートをしようとする、だがJリーグはシュートをせずにパスをするというオプションがさらにあるので考えが増えた。日本記者もすごく聞いてくる。両リーグの差は何なのかと。実はまだ分からない。Jリーグの方が細かいのは正しいが、チャンピオンズリーグでKリーグチーム相手にはそのようなプレーが出てこない。その正体は何なのか?ここにいて見つけたい答えの一つだ。もちろん日本はゾーンディフェンスを主にしていて、韓国はマンツーマンの粘り強い守備をするのは合っている。日本のDFはFWを苦しめるような持ち味がない。最後まで責任を負わないようにしている。ついていっても自分のゾーンを抜ければ別のゾーンの選手に任せる。そうするうちにマークを逃して失点することがある。初めは腹が立った。なぜ最後まで食い下がらないのか、捕まえようとしてなぜ逃したのかと韓国語が出てきたが・・・それは両リーグの原初的な違いだ。私のいるリーグはJリーグなのでそこに合わせなければならない。


sptPostArticleImage-89888e.jpg


Q.Jリーグで受けた強烈な印象が何なのか気になる。

A.分析だ。GKまで徹底的に分析する。韓国では相手の背が高ければ下に打てばよく決まるという程度だが、日本はそういうレベルの分析じゃない。1対1のシーンでこのGKは先に横になる傾向が多いので、一度フェイントを入れて打て、GKは前もって動くスタイルなので動作のパターンを把握して打て、セットピースのときにGKがかなり出るので出られないように2人でつけというような注文がされる。試合のたびに細かくすべて分析して出てくる。私もスンギュも積極的に出る指向だが、相手がそれを分析して、クロスのふりをしてシュートをする、いわゆるシュータリングを試みてやられたこともある。逆に私もやはり相手FWの分析をブリーフィング水準で受ける。私はJリーグをあまり知らない。Kリーグでは相手FWの長所、好きなシュートコースを経験しているのですべて頭の中にデータとして保存している。明日すぐにKリーグに行ってプレーしろと言われても、その部分では問題ない。だがJリーグでは完全にゼロから始まった。動画を見ても相手の習慣まではわからない。それを私たちの分析コーチがすべて教える。試合前日に15分ほどとっておいて、聞くとすべて見せてくれる。試合直前にも知ることができる。最大限に相手の情報を知って試合をしようとする。その部分は明らかにJリーグが優れている。


sptPostArticleImage-89888f.jpg


Q.試合外的な文化面ではどんな違いを感じるか?

A.どうしてもJリーグはファン層と規模で韓国と差が大きい。傭兵だがかなり知られている。釜山でもそれなりの看板選手で代表だったが、認知される程度が違う。基本的に地域でアビスパ福岡に対する認識や関心が大きい。ソフトバンクホークスという野球チームが大人気を享受している都市だ。ロッテジャイアンツが人気の釜山と似ている。だが両都市のサッカーチームが生き残る方法、ファンの規模には差がある。アビスパ福岡は1万人以上の観客が常に競技場を訪れる。Jリーグ内では小さな規模だが、それでも私が感じるにはすごい。Kリーグではそのような試合を毎試合経験することはできない。競技場外で私を知っているファンは、単に外国人選手で背の高いGKだというレベルではなく、昨日のチームの試合結果や最近の成績をすべて知っている。釜山ではタクシーに乗ろうと地下鉄の駅に行こうとみんなロッテの話しかしてなくて、釜山アイパークは関心外だった。福岡は明らかに野球の方が人気があるが、それでもサッカーチームへの関心が高く、深く広まっている。今私たちがいるこのカフェの中でも、アビスパ福岡の話を聞けば返事が来る。最近母親と一緒に市内のショッピングに行ったが、女性服店の従業員が私を知っていて、チーム順位や最近の結果などをスラスラ話していた。そのような面で羨ましいのは事実だ。韓国では"おっイ・ボムヨンだ、オリンピックのPK戦で止めた選手"だが、ここでは"韓国から来たアビスパ福岡のGK"である。釜山の人なのに釜山アイパークの選手というのを知らず、オリンピックの話だけをする。Kリーグでは代表になってこそ認められるという感じだが、ここではJリーグでプレーするだけで価値を認められる。もしかしたら多くの選手はその差のせいでここに来るのではないかと思う。


Q.チームの運営面で印象的だったことを話すなら?

A.私たちのチームはクラブバスがない。チームが用意した宿舎で生活するかなり若い選手を除けば、全員外で生活している。それぞれ車を持っていて出退勤する。ホーム試合のときも直接競技場へ行く。遠征試合のときに電車や飛行機で移動すれば、やはり直接駅や空港に行く。近距離に遠征へ行くときはバスが必要だが、そのときだけは貸切バスを使う。それぞれ家の前にバスが来て乗せて、終わるとそれぞれ家の前に下ろしていく。Jリーグ全体がそうなのではない。ただし私たちのチームの運営方針を見たとき、クラブバスの効用性は少ないと判断したのだ。それならなくても構わないと決めて、そうやって運営するのが印象的だった。Kリーグは全チームにクラブバスがなくてはならず、クラブハウスに宿舎機能がなくてはならず、そこで全員食事をしなければならない。統制するのは容易だが、本当にそれがすべて必要なのかを考えたりはしなかったようだ。そしてここではクラブがすべてのことを解決してはくれない。選手として練習や必要な支援はするが、他の問題は各自が解決するのだ。ユース選手もわかっていて、学校に登校してから練習場に来る。歩いて来ようがバスに乗ろうが自転車に乗ろうが、それは本人が選択する問題だ。私は高校のとき、一括的にバスに乗って学校に行き、また戻ってきて練習した。私たち自身が選択すべきことも、悩むこともなかった。韓国では成人になってもプロ選手になっても子供と表現するのはそのためである。公課金を出すのは普通の成人なら全部することだが、してみないと馴染みがない。


sptPostArticleImage-89888g.jpg


Q.最後の質問だ。JリーグはKリーグより弱いのか?Jリーグに行く選手に付けられるレッテルは、なぜKリーグより強くないところで選手生活をするのかというものだ。

A.私の答えは"違う"である。誰が上手か、強いかというのではなく、性質が違ってスタイルが違う。赤か青か、問題用紙2枚のうちどちらの方が良いのかと判断するのは難しい。レベルの差は大きくない。そしてサッカーボールは丸い。どちらが勝つことも負けることもある問題だ。ただしここに来て感じるのは、Kリーグで毎回経験していたカラーのサッカーから抜け出し、Jリーグの別のカラーのサッカーを経験して、私が発展しているのを感じる。海外に留学するのは自分の考えと知識を広げるためだ。私も知識、経験、見聞のあらゆることを広げている。会社員が外国の企業で働きたい、それと変わらない。Jリーグなので、日本なのでそこでプレーすれば実力やレベルが落ちると断言するのは難しい問題だ。Kリーグと違う性質の舞台に出て成長している。もちろんACLやAマッチで韓日戦が繰り広げられれば韓国を応援するのが私の気持ちだ。それは違うことなく明らかに一つだ(笑)。


sptPostArticleImage-89888h.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...