ソン・フンミン、英国メディア"アジア最高選手"2位に選定
聯合ニュース




※一部要約

イングランドプレミアリーグのトッテナムソン・フンミンが、現地メディアが選定した"アジア最高のサッカー選手"名簿で2位に名前を上げた。

英国のサッカー専門誌フォーフォーツーが29日に発表したアジア最高のサッカー選手50人の中で、ソン・フンミンはリーグ優勝を目前にしているレスター・シティの岡崎慎司に続いて2位を占めた。

ソン・フンミンは去年、レバークーゼンで活躍していた当時は1位だったが一段階下がった。

フォーフォーツーは「ソン・フンミンは2200万ポンド(約365億ウォン)でトッテナムに移籍、史上身代金が最も高いアジア選手と公認された」と明かした。

フォーフォーツーは「ソン・フンミンは左足の負傷で6週間欠場した後、先発復帰に困難があった」と物足りなさをあらわした。

だがフォーフォーツーは「今まさに24歳のソン・フンミンは自分の役割を取り戻し、ヨーロッパの舞台で走る時間は十分である」として、「トッテナムは次の年にUEFAチャンピオンズリーグに出場する」と期待した。

スウォンジー・シティのキ・ソンヨンが3位で後に続いた。

フォーフォーツーはスウォンジーが不振で苦しんでいてキ・ソンヨンも1ゴールに終わっているが、キ・ソンヨンは今シーズンチームで29試合に出場し、韓国代表の主将としてロシアワールドカップ予選でも活躍したと評価した。

その他に中国・広州恒大でプレーしているDFキム・ヨングォンが10位を占めた。


スポンサーリンク
楽天





ソンセーショナルを越えたシンセーショナル、亜最高の星になる
インターフットボール




※一部要約

"シンセーショナル(Shinsational)"岡崎慎司がアジア最高の選手に選ばれた。
一方、"ソンセーショナル(Sonsational)"ソン・フンミンは一段下がって2位に名前を上げた。

英国サッカーメディア"フォーフォーツー"は29日、アジア最高のサッカー選手50人を発表した。
この名簿によると、岡崎慎司が最高の選手に選ばれた。
ソン・フンミンは2位、キ・ソンヨンは3位に選ばれた。

ソン・フンミンは去年は1位に上がったがトッテナムに移籍してからベンチを守る時間が増え、一方の岡崎はレスター突風とともにリーグ優勝挑戦の隠れた英雄として多くのメディアから高い評価を受けている。

今シーズンのこれまでの結果を見ても岡崎の判定勝ちだ。
岡崎はリーグ33試合に出場して5ゴールを炸裂させた。
多いゴールではないが、重要な瞬間に劇的な得点を記録してレスターの優勝挑戦に力を吹き込んだ。

30ラウンドのニューカッスル戦はシンセーショナルという単語が登場した試合だった。
岡崎は前半24分にヴァーディのヘディングパスを受けて、幻想的なオーバーヘッドキックでゴールネットを揺さぶった。
その回の勝利でレスターはトッテナムの追撃から逃れることができた。

だがソン・フンミンは厳しい時期を過ごしている。
シーズン序盤にポチェッティーノ監督から多くの機会を貰ったが振るわない姿を見せ、同時にエリクセンやデレ・アリ、エリック・ラメラが良い姿を見せてソン・フンミンは自然とベンチに押し出された。

このような状況でソン・フンミンにチャンスが訪れた。
デレ・アリが暴力行為で懲戒を受けてシーズンを終えたからだ。
ソン・フンミンはシーズン終盤に自分の価値を示すことができるチャンスが来た。
果たしてソン・フンミンがソンセーショナルな姿を見せられるのか注目されている。


【関連記事】
韓国ネチズン「素晴らしいゴールだった」…岡崎のオーバーヘッドでレスターがニューカッスルを制圧
韓国メディア「岡崎の幻想砲がベニテスの復帰戦を台無しに」「ソン・フンミンのソンセーショナルより岡崎のシンセーショナルが報じられている」
シンセーショナル岡崎、危機に強い勝利の魔法師「韓国ファンにも最後まで見守って応援してくれることを願っている」
韓国ネチズン反応…トッテナムのデレ・アリが暴力行為の懲戒でシーズンアウト、もう主戦はソン・フンミン?



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...