ドルトムントに悪夢再び…? フンメルスの移籍先はバイエルン!?
GOAL

現行契約が2017年までとなっているフンメルスは、今年夏にドルトムントを離れることが噂されている。これまで、マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、チェルシーといったイングランドのクラブへ行く可能性が報じられてきたものの、最近ではバルセロナからの関心が伝えられた。

だが、ドイツ国内という選択肢もあるようだ。フンメルスの代理人を務める父親のヘアマン氏が、ドイツ『シュポルト・ビルト』でこのように語った。

「マッツは、自身のキャリア、人生における非常に重大な決断を下さなければいけない状況にいる。ドルトムントは、ヨーロッパのトップクラブに返り咲いた。だからこそ彼は、決断を下すにあたり、本当に悩んでいる」

「彼がドルトムントを去るとしたら、移籍先は最高級の5、6クラブに限られる。もちろん、バイエルンもそれらのクラブの一つだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000000-goal-socc




ミュンヘン、"BVB主将"フンメルス獲得推進・・・移籍金386億ウォン<独ビルト>
スポータルコリア




※一部要約

22日、ドイツ日刊紙"ビルト"は「ミュンヘンがフンメルス獲得に着手し、獲得のために移籍金3000万ユーロ(約386億ウォン)を用意した」と関連事実を報じた。
フンメルスはミュンヘンユース出身で、2008年にドルトムントに入団して現在主将を引き受けている。

ミュンヘンにとってフンメルスは適切な守備資源である。
ユース時代にミュンヘンと摩擦を経験したことがあるが、ミュンヘンの哲学をよく知っている。
ヨーロッパ対抗戦をはじめとする豊富な経験もプラス要因になるものとみられる。


スポンサーリンク
楽天




386億・・・
フッフッフッ
EPLに来るなら600億は受けられるはずなのに・・



やっぱり
ふふふふふふふふ



ミュンヘンは良心もないのか?????


┗正当に金を払って買うのになぜ良心がない?
 韓日併合のように強制的に主権を剥奪して奪い取るのか?



ミュンヘンというクラブは自らブンデスリーガの競争力と未来を蝕む行動をしてるようだ・・・
こういうことではフランスリーグのようになるのだが???
スペインやEPLがなぜ面白いのか知っておく必要があるだろう




だがこいつは元々ミュンヘン出身じゃないか



ドルトムントから吸血するのはちょっとやめろ



率直にフンメルスはミスが多すぎる



ドルトムントはミュンヘンの2軍なのか????



いい加減にしろ
マフィアみたいなミュンヘンの連中




リーグ優勝の秘訣だ・・



レバンドフスキ、ゲッツェにフンメルスまで・・・



そうでなくとも面白くないリーグをさらに面白くなくすミュンヘン・・・



本当にミュンヘンはゴミメンタル



ドルトムントの守備を崩壊させようと言う考え
ふふふふ



ドルトムントはミュンヘンの選手需給のために存在してるクラブなのか?????



だがフンメルスはミュンヘンが嫌いだと言ってる
ふふふふふ



フンメルスが386億ならEPLの全チームが獲得可能



ペップがマンシティに行ってフンメルスを拾えば終わり



現在世界最高レベルのDFなのに安すぎる
ストーンズが800億なのに・・・



ソン・フンミンより安い
ふふ



ミュンヘンは本当に呆れたクラブ



移籍金はソン・フンミン>フンメルス



EPLが面白い理由は・・・
平準化



マルコ・ロイスも移籍だろう


┗ロイスはジェラードと同じ道を歩むとみられる・・・



FW、MFの次はDFか・・・



ミュンヘンはドルトムントの連中を連れて行くのが趣味らしい・・・



そのままクラブを買収しろ



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...