"宅配クロス"高萩、ソウルの強大火力の導火線
OSEN




※一部要約

チェ・ヨンス監督が指揮するFCソウルは20日、ソウルワールドカップ競技場で行われた2016アジアチャンピオンズリーグF組5次戦で、タイのブリーラム・ユナイテッドに2-1で勝った。
FCソウルは残りの広島サンフレッチェとの遠征試合の最終戦の結果に関係なく1位で16強進出を確定させた。

ソウルはアドリアーノ、デヤンの強大2トップを出撃させた。
アドリアーノは4試合でなんと9ゴールを爆発させ、早期に得点王を予約している状態だ。
そこにデヤンまで加勢して猛威をふるっている。
デヤンが守備陣をかき回して空いたスペースに食い込んだアドリアーノが決めるパターンは、ソウルの必勝公式に固まっている。

だがいくら攻撃陣が良くても、ボールを配給する2列目の支援がなければ火力は急減するほかない。
ソウルが爆発的な攻撃力を誇る秘訣には、高萩の大活躍が根底に敷かれてある。

ブリーラム戦で前半23分のデヤンの先制ヘディングゴールは、高萩が作った作品だった。
右サイドに侵入した高萩が上げた鋭いクロスは間違うことなくデヤンの頭へ正確に届いた。
GKが手を使えない完璧な仕上げだった。

高萩の"ゴール配達"は終わらなかった。
前半42分のFKの状況で再びキッカー高萩が出た。
高萩の上げたボールをパク・ヨンウが追加ゴールに繋げた。
高萩は2回のゴール配達を完了させた。
ソウルがACL100号得点を達成した意味のあるゴールだった。


スポンサーリンク
楽天





[ACLスター] "2アシスト"高萩、シン・ジンホのいない中盤の支配者
インターフットボール




※一部要約

課題は明白だった。
シン・ジンホの代案を探すことだった。
今シーズンを控えてソウルのユニフォームを着たシン・ジンホは、たった10試合で大活躍を繰り広げてとてつもないインパクトを残した。
軍問題が困難に陥らせた。
ソウルは今シーズンシン・ジンホを中心に中盤を作り上げていたが、軍入隊でチームを去ったシン・ジンホの代案を探すことが課題として残った。

だが心配なかった。
ソウルはもう一人の中盤の支配者高萩がいたからだ。
この日、チェ・ヨンス監督はシン・ジンホの空白を埋めるために高萩-パク・ヨンウ-イ・ソクヒョンに繋がる中盤の組み合わせを稼働させた。

大活躍だった。
シン・ジンホの代替者として期待を集めたイ・ソクヒョンの活躍も悪くなかったが、最高の活躍を繰り広げたMFは高萩だった。
前半に出た2ゴールのすべてを高萩が作った。

後半も印象的だった。
高萩は特有の柔らかいタッチと精巧なパスを基に、ソウルの中盤の責任を担った。
後半22分に守備の過程でPKを許してやや惜しい思いをしたが、全体的な競技力は印象的だった。

シン・ジンホのいないソウルの中盤の支配者は高萩だった。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...