勝利に喉が渇いているソ・ジョンウォン「ガンバ大阪戦にすべてをかけた」
スポーツ京郷




※一部要約

水原三星のソ・ジョンウォン監督がACL16強進出に向けた希望を離さなかった。

ソ監督は18日、大阪の吹田スタジアムで行われたG組5次戦を控えた公式インタビューで必ず勝つと誓った。
水原は19日午後7時、同場所でガンバ大阪と対決する。
水原は現在グループ3位、ガンバ大阪は最下位の4位である。
水原はひとまずガンバ大阪を下し、来月3日に上海上港まで捉えてこそ16強進出を狙うことができる。

ソ監督は「まだ2試合残っていて希望はある」として、「水原は勝利にすごく喉が渇いている」と語った。
彼は続けて「先週末のKリーグで主要選手6人を出場させずに体力を備蓄するなど、ガンバ大阪戦にすべてをかけた」として、「選手は監督の私よりさらに熱心に準備したので、良い結果が出るだろうと信じている」と語った。


スポンサーリンク
楽天





勝利に喉が渇いているソ・ジョンウォン「ガンバ戦にオール・インする」」
エクスポーツニュース




※一部要約

ソ監督は選手と監督として日本遠征試合にひときわ強い。
選手時代は今でも広く知られる東京大勝の同点ゴールの主人公で、監督としても去年2回の日本遠征で勝利を掴んだ。

ソ監督は「選手として日本でゴールを決めたし、監督としても日本で行った試合はほとんど勝った」として、「それは過去だけのことである。明日は必ず勝利することが重要だ。監督より選手がもっと多く準備したので、上手くやるだろうと信じている」と語った。

ガンバは中盤のプレーが良いチームである。
ソ監督は「相手の守備要員が負傷で抜けてMFが下がっていきバランスが揺れているが、相変わらずガンバのスタイルを見せている。相手のMFのプレーをどう制御するかが鍵」と警戒した。

記者会見に同席したヤン・サンミンは「勝利がなくて状況は厳しくなったが、それでも希望はある。ガンバを倒せば希望はさらに大きくなる」として、「私たちの競技力は悪くないので、明日は無条件に勝たなければならないという話をした。良い結果を持っていこうとここに来た」と自信を示した。


【関連記事】
【ACL】韓国メディア「水原はガンバ大阪を倒してこそ逆転の足場を用意できる」「全北はFC東京遠征で勝ち鼓を鳴らさなければならない」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...