[海外派フォーカス] "EPLシュート不正確度"ソン・フンミン、零点照準が最優先
スポータルコリア




※一部要約

ソン・フンミンのつま先がなかなか生き返らずにいる。

トッテナムは11日、ホワイトハートレーンでマンチェスター・ユナイテッドとEPL33ラウンドを行う。
トッテナムとマンUはリーグ首位追撃と4位圏進出という目標を前に激しい対決をする見通しだ。

だが春が来たのにソン・フンミンの心は相変わらず冷たい。
低調な得点力が原因である。
サッカー統計サイト"フースコアードドットコム"によると、ソン・フンミンはEPLのシュート対比得点比率が低い選手10人の中で2位を占めた。
彼は今シーズン、シュート30本中2ゴールに終わる低調な数値を見せている。

英国のサッカーメディア"フットボール365"もこれに同意した。
このメディアは「ソン・フンミンは去年、2200万ユーロ(約400億ウォン)の移籍金でトッテナムに入城した。だが最近の競技力は期待に満たないレベル」と酷評した。

慰めとなる点はライバルの負傷である。
エリック・ラメラはアルゼンチン代表で負った負傷により戦力から離脱した。
リバプール戦で出場できなかった理由はそのためである。
回復のニュースは聞こえているが、ラメラの空白はソン・フンミンにとっては非常に貴重なチャンスだ。
ラメラの空白期に、得点で自分の価値を証明しなければならない。

一方、トッテナムはリーグ首位を狙っている。
レスターとの勝ち点差7を縮めるために、いつもより得点と勝利が切実な状況である。
これからソン・フンミンがグラウンドを踏むためにも、マンU戦では"零点照準"が最優先課題だ。


【関連記事】
韓国メディア「リーグ10試合連続攻撃ポイント失敗のソン・フンミン、果たして何が問題なのか」
スポンサーリンク
楽天





ロ乱射のようにソン乱射しましょう


┗普及型ロナウド
 私生活も普及型、実力も普及型、ロールモデルすらロナウド・・・


┗ふふふふふふふ


┗実力が普及型ロナウドと言うにはあまりにも実力が涙目・・


┗普及型ではなく偽物だろう!



とにかくスキャンダル記事が出てからちょっとおかしくなった


┗ゴミ記者が問題だ


┗元々しょぼかったのを過大評価していた


┗芸能人と会ってはならない・・・
 引退後で十分だろう・・



レバークーゼン時代を考えろ


┗ハリー・ケインやケインの家族がこの記事を見たら血の涙を流すだろう



ちょっと大胆にやってみようTT



ソン・フンミンはシュートモーションが長くて相手がシュートのタイミングを予測できて
精度が落ちるようだ




その試合でシュートが不正確で乱射をしても決めれば良いが
ゴールも決められないので問題



1位がデパイなのは皆さんご存知でしょう?^^



陸軍訓練所の扉は開いてます
いつでも歓迎します
零点照準をしっかり合わせます^^



ソン信者には見えない記事です



ソン・フンミンの大砲シュートは1、2本運が良ければ決まる
シュートより基本的なボールタッチのほうが優先だろう



ソン・フンミンはオフザボールの動きだけが問題なのではなく
基本技もかなり不足している




このままだと本当に最悪だ



ソンだけじゃなくて韓国サッカーがそうなのだ・・



ターラブトもこの分野で2位だったが・・・
フンターラブトのようだ



1位は誰なんだ
気になる


┗デパイ



シュート数はケインが1位じゃないのか
ケインもシュート数に比べて精度は低いようだが




韓国版乱射王だね(笑)
それでもチャンスが来たら積極的に打ってこそさらに成長する



それで1位は誰なんだ?


┗デ烈士です
 ふふふふふ



レバークーゼンのときとスタイルが違う



軍隊に行くのは惜しいと思っていたが今は行け
君からパク・チュヨンが見える




Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...