[Aマッチレビュー] "21年ぶりの快挙"ドイツ、ホームでイタリアを4-1で撃破・・・アズーリジンクス脱出
インターフットボール




※一部要約

ドイツがイタリアから21年ぶりの勝利を手にしてアズーリジンクスを振り落とした。

ドイツは30日、アリアンツ・アレーナで行われたイタリアとの評価試合に4-1で完勝した。


20160330053605a.jpg

20160330053605b.jpg


この勝利でドイツは1995年以降21年ぶりにイタリアを下し、それとともにイングランド戦の逆転負けの悪夢から脱することができた。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…イングランドがドイツに0-2から劇的な逆転勝ち

スポンサーリンク
楽天





これはほとんどドイツが殴り倒したレベルだった・・
ブッフォンはドイツ遠征でまた4失点した

(関連:【CL】韓国ネチズン「名勝負だった」…バイエルン・ミュンヘンが大逆転でユベントスを下して8強進出!


┗ブッフォンは過大評価を受けてる1人



イタリアがドイツをボコると言ってた連中はどこに行った?



信じられないゲッツェの活躍
アンビリーバブル~



ゲッツェは期待できる
未来のドイツのエース



最も無駄なのがドイツの心配


いくらこれまでイタリアジンクスがあったとしても
今回は互いのレベル差がかなり出た



ただエジル、クロースのラインが詐欺だ;;;
サッカーをあまりに簡単にする



エジルはワールドクラスだ



祝!ドイツのイタリアジンクス脱出!
良かったね^^




なぜ毎回ドイツが優勝するのかが分かった



ドイツの中盤はワールドクラス級だけを集めてる
フフッ



さすが戦車軍団~



イタリアもスカッドがかなり死んでる・・・
ピルロ、マルキージオが見たい試合だった・・・
エジル、クロースに耐えられる中盤の資源がいない



トニ・クロースは代表では毎回ゴールを決めて
レアルでは1年に1ゴール決める
ふふふふふ




オランダ>>>イングランド>>>>ドイツ>>イタリア?



確かにゲッツェはミュンヘンでベンチにいるのはもったいない



ドイツはユニフォームから競技力まですごくスッキリとした試合だった
ブッフォンはアリアンツ・アレーナに二度と来たくないだろう



イタリアチームのクラスは以前とは違う



イタリアの守備サッカーはどこに・・・



いくら実験でもイタリアのスカッドはかなり薄くなったようだ・・
エントリーに名のある選手が特にいない・・



シュテーゲンは所属クラブがバルセロナだというのを
本当に幸いだと思わなければならない



メイン写真のゲッツェがキリンみたいだ






ブッフォンは今日可哀想だった・・・TT



ブッフォンはまだ代表でプレーしてたのか
フフッ



エムレ・カンはドイツ代表のクラスじゃない・・・



今のイタリアは2006ワールドカップのときのカンナバーロがいない(笑)(笑)



イタリアはネームバリューがかなり死んだ



ラインナップを見ると主戦はほとんど出てなかった・・・



イタリアはリーグが滅びたら代表も滅んだ・・
なので自国リーグが重要で・・
だから中国が恐ろしい



┗アジアは違う・・・・・・・・・



ドイツのこんな選手層が羨ましい



ゲッツェは早くミュンヘンを出よう
サブでいるにはあまりにも惜しい才能だ



イタリアは私たちがやっても勝つ



韓国はドイツサッカーを見習わなければならない



ところでイタリアは1.7軍くらいじゃない??



やはり今のイタリアは韓国レベルだ



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...