堂々たる主将キ・ソンヨン「韓国は亜最高レベル、みんな恐れる」
ジョイニュース24




※一部要約

シュティーリケ号の主将キ・ソンヨンは自信に溢れていた。
最終予選について心配もしてなかった。

キ・ソンヨンは28日午前、仁川国際空港から代表チーム選手団とともに帰国した。
タイとの親善試合を行ったバンコクから直に英国へ戻らず、しばらく個人の仕事をするため韓国に戻った。

タイ戦で攻撃型MFとして出て1-0の勝利を導き、韓国の8試合連続無失点勝利と9試合無失点試合という新たな記録を作ったキ・ソンヨンは「(レバノン、タイ戦の)2試合を無失点で終えて満足している。日程が厳しい部分はあったが、選手はしっかりと持ちこたえた。2試合とも勝って選手にご苦労様と言いたい」と伝えた。

2次予選を7戦全勝で終えた韓国は9月の最終予選を準備する。
4月13日に組み合わせ抽選が予定されている。
韓国はアジア4位が有力で、イランや日本など厳しい相手と同じ組に縛られる可能性がある。

キ・ソンヨンは「これまでの経験で見るなら、最終予選で簡単な相手は一つもない」と前置きしながらも、「韓国は相変わらずアジア最高レベルだ。恐れはない。アジアでは韓国サッカーをみんな恐れる。しっかり準備すればワールドカップに行くことができる」と自信を見せた。

続けて「私たちが日本やイランを警戒するように、相手も私たちを恐れる」として、心理を逆に利用すれば問題になることはまったくないと堂々たる態度を見せた。

6月に基礎軍事訓練を受ける予定で、スペイン・チェコとの6月遠征評価試合で不参加が有力なキ・ソンヨンは、同僚への激励も忘れなかった。
彼は「最終予選で良い姿を見せるには、まず負傷がなく所属チームでも着実にプレーしなければならない」と明かした。


スポンサーリンク
楽天





イ・ジョンヒョプ「最終予選では相手が私たちを恐れる」
スポーツソウル




※一部要約

イ・ジョンヒョプは27日に行われたタイ遠征Aマッチでは先発出場の機会を掴んで良い活躍を繰り広げた。
彼は28日、仁川国際空港での帰国インタビューで「久しぶりに代表チームに合流してすごく緊張した。2試合すべてで良い姿をお見せしなければならなかった。今回の招集期間に足りなかった点を補完し、リーグでさらに良い姿をお見せする」と所感を伝えた。

イ・ジョンヒョプはタイとの評価試合で、ポジションのライバルであるソク・ヒョンジュンとともに先発出場して初めて呼吸を合わせた。
彼は「ヒョンジュンはあまりにも多くのものを持っている選手だ」と褒め称え、「互いに話をしてたくさん合わせていこうと努力した。私はヒョンジュンにあまり合わせられなかったようなので申し訳ない。チームにも申し訳ない」と率直な思いを伝えた。

イ・ジョンヒョプは9月から行われるワールドカップ最終予選ではより良い姿を見せると誓った。
彼は「最終予選ではもう少し体の管理を上手くして、コンディションを上げてからより良い姿をお見せしたい。私もやはり所属チームでもっと努力しなければならない」として、「最終予選の相手が負担になることはないだろう。むしろ私たちのチームがしっかりと自分たちの準備をすれば、相手が私たちを恐れるだろう」と語った。


【関連記事】
韓国代表キ・ソンヨン「W杯アジア最終予選で相手にするならオーストラリアよりは日本」
韓国ネチズン「失望した」…韓国がタイ遠征で辛勝、8試合連続無失点勝利の新記録



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...