イラクのサッカー場で自爆テロ 市長含む30人死亡
日刊スポーツ

 イラクの首都バグダッド近郊のサッカースタジアムで自爆テロが発生し、少なくとも30人が死亡、65人以上が負傷した。AFP通信などによると、バグダッドから約50キロ南にあるイスカンダリヤのスタジアムで爆発があった。試合後の表彰式の途中で、優勝チームにトロフィーを渡している時に、男が人混みの中で自爆したという。

 この爆発でイスカンダリヤのアハメド・シャケル市長が死亡。市長のボディーガード1人と治安部隊の5人も亡くなった。死者はさらに増える見込み。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000074-nksports-soci




IS、イラクのサッカー場で自爆テロ・・・最低30人死亡
インターフットボール




※一部要約

現地警察は「彼らは優勝チームにトロフィーを授けるイベントを行っていた。だが観客の中で自爆テロが起きた」と明かした。
続けて、65人の負傷者の中には重傷者が多く死亡者がさらに増えると伝えた。

現在ISはSNSの発表文で今回のテロの背後に自分たちがいると伝え、テロ現場の写真を掲載した。
最近のベルギーテロに続き、イラクのサッカー場でも爆弾テロが起きて全世界がテロ範囲に含まれた。


【関連記事】
韓国ネチズン反応…ブリュッセルテロの影響でベルギー代表の練習が取り消しに

スポンサーリンク
楽天





なぜこんなことが起きるのか?
ISを一日でも早く処断する必要がある



ロシアワールドカップにも影響がありそうだ・・
すぐにはユーロ、CL・・・・・
選手や観客すべてが命懸けで試合をしなければならないだろう



┗人生は常に戦争だ
 命懸けで外食しよう


┗観客がどうして試合をするのか



数日前に同規模のテロ被害がベルギーであったときは
フェイスブックに地球村の人々がpray for belgiumと
めちゃめちゃしていたがイラクなので気にしてないようだ・・



イラクのフセインをアメリカが核開発という濡れ衣を着せて排除したことが
今のISを育てた原因になってしまった
フセインが今生きていればISは存在しなかっただろう




大変だ・・
空港、駅、劇場、カフェ、会場、サッカー場など・・
もうスポーツの競技場までテロ危険地域だ・・



イラクの犠牲者に冥福を祈ります
全世界が力を合わせて強くISを懲らしめて根を抜かなければならない



故人の冥福を祈ります



幸いなのは我が国ではサッカー場に人が集まらない~!



いつ狂乱が止まるのか・・・
エヒュ・・・・・・
亡くなった方々の冥福を祈ります・・



ところでISはなぜサッカーの試合があるときに実行するのか?
サッカーが嫌いなのか?



ISを処理する方法はないのか?



ユーロが本当に心配になる・・



イラクのために祈ります



ワールドカップ、オリンピック、チャンピオンズリーグはすべて危険



助けてくれ海賊王~~~~~



オリンピックまで残り僅か
警備を強化しなければならない



なくす方法はないのか!?!?!?!?!?



ベルギーのテロは一日のリアルタイム検索語でニュースのメインに出るのに
中東や弱小国はあまり関心を受けないね



そしてカタールではワールドカップが開かれて・・・



なぜこうしてサッカー場で大騒ぎをするのか
本当に情けない



ここまで来たら自称警察国家のアメリカが立ち上がって掃討しろ



スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンのようなヒーローが必要



衝撃的だ・・・



メディアはISではなくISILやISISと表記して欲しい
ISはイスラムでもなく国でもない



何の試合だったんだ?
リーグだったのか?



衝撃だ・・・
ベルギーの空港も本当に酷かったがサッカー場で自爆テロとは




真剣にユーロ大会が心配になる・・・



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...