[サッカー] ブラジル・日本・フランス出場・・・水原JSカップ5月開幕
NEWSIS




※一部要約

世界サッカーの次世代スターが水原に集結する。

パク・チソンが理事長のJSファウンデーションが主催し、京畿道と水原市が後援する水原JSカップU-19国際青少年サッカー大会が5月18日から5日間水原ワールドカップ競技場と水原総合運動場で進められる。

今大会には開催国韓国と南米の強豪ブラジル、永遠のライバル日本、ヨーロッパのフランスら4ヶ国のU-19代表が参加して雌雄を競う。




"ドイツ遠征メンバー発表"アン・イクス号、イ・スンウ除外の理由は?
スポーツ朝鮮




※一部要約

大韓サッカー協会は17日、ドイツU-19代表との遠征評価試合に参加するU-19代表メンバーを発表した。
アン・イクス号は26日と29日にドイツU-19代表と2回評価試合を行う。

24人の招集メンバーにはバルセロナで活躍しているイ・スンウとペク・スンホの名前が外された。
評価試合ではない現地練習であるだけに、長期間所得チームを離れられない彼らに配慮した選択である。
イ・スンウとペク・スンホは成人チームであるバルセロナBでデビューしたばかりだ。
所属チームで出場時間を増やした方が良いという判断を下した。
アン監督はヨーロッパに渡って彼らの試合を見て、コンディションなどを把握することにした。
ドイツ現地練習が終わってスペインに渡る予定である。

U-19代表はドイツ現地練習を終えた後、5月に水原JSカップに参加する。
ブラジル、日本、フランスを相手にする。
10月にはAFC U-19チャンピオンシップに参加し、11月にはU-20ワールドカップ開催都市と連携して親善試合を行う予定だ。


スポンサーリンク
楽天





パク・チソンのJSカップ、ブラジル・日本・フランス・韓国参加
スポーツ韓国




※一部要約

特にフランス、ウルグアイ、ベルギーらのサッカー強国が総出動した去年の"水原JSカップU-18国際青少年サッカー大会"で、イ・スンウの35Mドリブルやイ・ドンジュンの感覚的な決勝ゴールなどの記録的なプレーを披露して話題を集めた大韓民国は、迫るU-19大会で優勝に挑戦する。

今年もやはり各参加国のU-19代表有望株が大挙出場して歴代級の試合が予想される中で、来る2017FIFA U-20ワールドカップで活躍する次世代スターのハイレベルな競技力を確認できる機会になる見通しだ。

パク・チソンJSファウンデーション理事は「去年の水原JSカップうー18国際青少年サッカー大会の成功を足場に、未来の韓国サッカーの根幹となる青少年サッカーの発展のために一歩さらに近づいた」と語り、「今回の国際大会もやはり単なる競合を越えて、線審ユース教育システムを備えている多様なサッカー強国と活発に交流できる意義深い大会にするだろう」と明かした。

JSファウンデーションは2ヶ月余り先に迫った今大会を前に、国内サッカーファンのために多様なオンオフライン参加イベントで、"水原JSカップ"大会の成功的開催のための事前広報にも拍車をかける予定だ。

"水原JSカップ"は青少年サッカーの後援と慈善試合の開催など、多様な慈善事業を展開しているJSファウンデーションと水原市がともに国際舞台を通じた青少年サッカーの発展と底辺拡大のために用意された国際青少年サッカー大会である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...