[オー!セン人] 岡崎の幻想得点、ベニテスのEPL復帰を台無しにした
OSEN




※一部要約

岡崎慎司の幻想的な得点砲が炸裂した瞬間、ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は顔をしかめるしかなかった。
首位と降格圏の差は確かにあった。

レスター・シティは15日、ニューカッスルとのプレミアリーグホーム試合で1-0の勝戦の便りを伝えた。
18勝9分け3敗を記録したレスター・シティは2位トッテナムとの勝ち点差を維持して首位を疾走した。
ベニテス監督が消防士の役割をするために就任してもニューカッスルは力を発揮できなかった。
最近4連敗を記録しているニューカッスルは、6勝6分け17敗で降格圏の19位に留まった。
降格圏のすぐ外の17位サンダーランドとの勝ち点差は1である。

ベニテス監督はプレミアリーグで少なくないことを成し遂げた監督だ。
ニューカッスルで6年ぶりにプレミアリーグに復帰したベニテス監督への期待は大きかった。

監督交代の効果なのだろうか。
ニューカッスルは首位レスター相手に悪くない競技力を見せた。
支配率の争いはもちろん、攻撃チャンス、シュート数のすべてで押されなかった。
ただし相手ボックス内でのパス成功率が低く威嚇的なチャンスを作れなかった。

初戦から勝利は望んでなかっただろう。
勝ち点1だけを手にしてもベニテス監督のプレミアリーグ復帰戦は成功的だという評価を受けていただろう。
だがベニテス監督は笑えなかった。
ニューカッスルはレスター・シティの牽制に、勝ち点1も手にできずに帰らなければならなかった。

レスター・シティのFW岡崎がベニテス監督の復帰戦を台無しにした。
まあまあの得点ではなかった。
全員が感心した幻想的な得点砲だった。
岡崎は前半25分、FKのチャンスでジェイミー・ヴァーディがヘディングで上げたパスをオーバーヘッドキックで決めた。
岡崎にそのようなシュートを許したニューカッスルはうなだれるしかなかった。


スポンサーリンク
楽天





冷たいソン(SON)セーショナル、熱いシン(SHIN)セーショナル
インターフットボール




※一部要約

ソンセーショナルソン・フンミンの状況が良くない。
そんな中、シンセーショナル岡崎慎司がとてつもない得点で英国を熱くさせた。

レスターは15日、キングパワースタジアムで行われたEPL30ラウンドのニューカッスル戦で、岡崎の幻想的なオーバーヘッドキックゴールで1-0の勝利を記録した。

試合の主人公は岡崎だった。
岡崎は前半24分、ヴァーディのヘディングパスを受けて幻想的なオーバーヘッドキックでゴールネットを揺さぶった。

試合後にクラウディオ・ラニエリ監督もやはり岡崎の活躍を絶賛した。
ラニエリ監督は「岡崎は試合出場の有無に関係なく常に最善を尽くす選手だ。今回の得点は十分資格があると思う。特別なゴールで物凄い瞬間だ」と親指を上げた。

英国メディアもやはり優勝へ向かって一歩近づかせた岡崎のゴールに一斉に賛辞を送った。
"ザ・サン"は岡崎のオーバーヘッドキックの写真とともに、シンセーショナル(Shinsational)という単語で説明した。





実はこの単語は私たちにとって馴染みの単語だ。
まさにソン・フンミンを指す単語だからである。
多くのファンはソン・フンミンの活躍にソンセーショナル(Sonsational)と呼んだ。
だが岡崎の活躍により、ソンセーショナルよりシンセーショナルという単語がメディアを通じて報じられている。

偶然にも最近はソン・フンミンの活躍が静かだ。
ソン・フンミンは最近、UEFAヨーロッパリーグでドルトムントと会った。
蜜蜂に強い養蜂業者というニックネームを得ていたが、この試合ではむしろ蜂に手厳しく刺された。

ソン・フンミンと岡崎の雰囲気は違う方向へ流れている。
ソンセーショナルとシンセーショナルの雰囲気もやはり相反する姿だ。
リーグ優勝をかけて争う対決で、両選手がどんな活躍でチームを輝かせるのか注目される。


【関連記事】
【EL】韓国メディア「養蜂業者ソン・フンミン、むしろ蜜蜂のドルトムントに刺された」「無気力なソン・フンミンにトッテナムファンも怒った」
韓国ネチズン「素晴らしいゴールだった」…岡崎のオーバーヘッドでレスターがニューカッスルを制圧

Leicester City F.C. Silicone WristbandLeicester City F.C. Silicone Wristband


Leicester City
売り上げランキング : 52013

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...