[ACL] チェ・ジンチョル監督、「上がってきた自信で勝利する」
スポータルコリア




※一部要約

浦和レッズ戦を控えた浦項スティーラースのチェ・ジンチョル監督が強い自信を示した。

浦項は2日午後7時30分、浦項スティールヤードで浦和との2016ACL H組2次戦を控えている。

チェ・ジンチョル監督は試合前日の1日、ポステック国際館で行われた記者会見に参加して浦和戦に臨む覚悟を明かした。

この日の記者会見が行われた日は3.1節だったし、韓日戦の特殊性があるだけに、必勝の意志がさらに強まった。
また、チェ・ジンチョル監督も選手時代や指導者生活をはじめとして、常に強い姿を見せてきた点は期待される。


─明日の試合を控えて所感は?

私たちは広州遠征で勝ち点を確保し、選手の自信が上がってきている。
体の状態も悪くない。
自信を持って試合に臨めば良い成果を上げられるだろう。


─浦和戦は勝ち点が必要な状況で、戦術の変化はあるか?

前よりは確実に違うだろう。
ホームでどういう試合をするのか、選手も共感するだろう。
競技力では遠征とホームで差がある。


─浦和戦を分析してどういうチームという印象を受けたか?

非常に良いチームだ。
技術も優れていてパスも上手い。
ポジションチェンジの部分が整っていて、組織力のあるチームだ。


─中盤が以前より弱まった。戦術的な問題か?

変化によって部分的に合ってない。
今はわからないが、次の試合でそういう部分はこの前の試合よりさらに発展するだろう。
遠からず完璧に近いチームとして生まれ変わるだろう。


─選手時代はもちろん、去年のU-17監督時代も日本に強かった。今回も期待して良いのか?

指導者よりは選手のときの方が強かった。
いつもより大事な日であり、その部分を出して日本戦を準備する過程が、選手の個人的な部分で大いに役立つだろう。
メンタルでは負けないので良い試合をする。
韓国と日本のライバル関係がともに成長するきっかけとなり、発展すればさらに意味があるのではないかと思う。


スポンサーリンク
楽天





チェ・ジンチョル監督「浦項のDNAは逃げない」
スポーツトゥデイ




※一部要約

チェ・ジンチョル監督は「負担はあるが、振り払って良い競技力を見せる」として、「(ファンが)競技場を訪れ応援してくだされば、良い競技力と結果で報いる」と伝えた。

また「浦項への憂慮はよくわかっている」として、「主軸選手が出ていき、監督が新たに就任してリスクはあるが、浦項のDNAは逃げない。浦項で良い成績を上げられるだろう」と戦意を燃やした。




[ACL] ファン・ジス、「勝利でホームのファンに喜びを与える」
スポータルコリア




※一部要約

浦項スティーラースの主将でありMFのファン・ジスが浦和レッズ戦の必勝を誓った。

1日にポステック国際館で行われた記者会見に参加したファン・ジスは「浦和が日本を代表する良いチームであることを知っている。ホームで試合をするので、勝ち点を取ってこそGL突破で有利になるとわかっている」として、「勝ってホームのファンに喜びを与えられる試合をしたい」と試合を控えた所感を明かした。

彼は2004年に浦項のユニフォームを着てから、ACLの舞台を多く経験している。
チームで誰よりも日本チームを相手にする方法を知っていて、チームメイトにとって大いに役立つことができる。

ファン・ジスはそれについて「個人技術の良い日本チームには、選手よりチームとして相手にしなければならない。チームで相手にすればいつも強かった記憶がある。それを上手く活かして試合をすれば、良い結果になるのではないかと思う」と大きな期待感をあらわした。


浦和レッズ変革の四年 ~サッカー新聞エルゴラッソ浦和番記者が見たミシャレッズの1442日~ (ELGOLAZO BOOKS)浦和レッズ変革の四年 ~サッカー新聞エルゴラッソ浦和番記者が見たミシャレッズの1442日~ (ELGOLAZO BOOKS)
菊地 正典,サッカー新聞エルゴラッソ

スクワッド
売り上げランキング : 10316

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...