広島森保監督「ソウルの攻撃力、チームで防ぐ」
ジョイニュース24




※一部要約

スタートから危機に陥ったサンフレッチェ広島の森保一監督がFCソウル戦の勝利を誓った。
チームプレーでソウルの攻撃封鎖に出ると伝えた。

広島はホーム1次戦で山東魯能に1-2で敗れ、2次戦の勝利が切実である。
森保監督は「遠征だが良い結果が出るように頑張る」と強調した。
2014年4月、GLのソウルとの遠征試合に2-2で引き分けた記憶のある森保監督は、今回は十分やってみるだけのことはあると自信を示した。

2014年当時を振り返った森保監督は「当時は私たちがリードしていて引き分けた。厳しい試合だったが広島スタイルのサッカーを見せた。勝てなくても良い結果だったと思う」と語った。

チームの核心選手青山敏弘、佐藤寿人が今回の遠征に帯同してない部分については「青山は右足捻挫の負傷、佐藤もやはり負傷で外れた。広島のシーズンは長く、試合は多い」と選手保護の次元で除外したと明かした。

ソウルがブリーラム・ユナイテッドとの1次遠征試合で6-0の大勝を奪ったことについては「ソウルの攻撃力は優れているが、私たちが持っている能力でチームが一つになり、緻密に守備をすれば防げる」と自信を示した。

チームのフランチャイズスターだったがソウルのユニフォームを着たMF高萩洋次郎との出会いについては、「映像を数回見たが良い試合を見せていた。過去のチームメイトとここで会うのは期待される」と言いつつも、「高萩を防ぐのも重要だが、相手チーム全体を防ぐことの方が重要だ。高萩にできるだけボールが行くのを防ぐ」と宣言した。


スポンサーリンク
楽天





広島DFヒロキ、「2014年の引き分けを返す」
ベストイレブン




※一部要約

サンフレッチェ広島の水本裕貴が2014年の引き分けの雪辱を誓った。

広島とソウルは2014年4月にACLで対決したことがある。
それについて彼は「退場して良くない記憶として残っている。勝ち点3を逃したのも惜しい。その記憶を返すため、良い試合を見せられるよう努力する」と当時を振り返った。

ヒロキは強大なソウルの攻撃をどう阻止するのかと尋ねた日本記者の質問に、「強力な攻撃力を持っているが、一つになって守備をすれば十分防げる」と答えた。
ソウルの高萩をどう防ぐのかという質問については「映像で見た。変わることなく上手だった。チームメイトとこういう場所であって期待される。高萩の他にも良い選手が多く、彼らを防ぐことに重点を置く。高萩が良いパスを出せないように時間とスペースを塞ぐ」と答えた。

最後に彼は「難しい試合を予想している。持っている戦力を基に最善を尽くして良い結果を出す」と必勝の覚悟を固めた。

F組首位のソウルは来月1日午後2時、ソウルワールドカップ競技場で広島と2016ACL2次戦に出る。


【関連記事】
【ACL】韓国メディア「民族の魂を目覚めさせる3.1節、FCソウル-サンフレッチェ広島の韓日戦は言葉が必要ない勝負だ」
【ACL】FCソウルのチェ・ヨンス監督、MFシン・ジンホ「森保監督は私が認めるJリーグの数少ない監督の一人」「勝てると確信している」

サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論
松田浩,鈴木康浩

カンゼン
売り上げランキング : 2508

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...