チェ・ヨンス監督「三一節、良い試合を見せる」
ベストイレブン




※一部要約

チェ・ヨンス監督が三一節に行われる韓日戦を前に、良い試合を披露すると語った。

29日午後3時30分、ソウルワールドカップ競技場のインタビュー室で2016ACL F組2次戦の事前記者会見が行われた。

チェ監督は「簡単ではない相手だ。良いチームだ。甘く見ることはできない。だが私たちも良い雰囲気の中で、有利な高地を先に得るために良い結果を出さなければならない。三一節なので良い競技力を遺憾なく見せられれば、良い結果を出せるのではないかと思う」と広島を評した。

続けてチェ監督は「長らく広島の戦力的パターンを見てきたが、大きく変わってなかった。主軸の何人かが抜けたが、試合運営方式やゾーンに入ってくるパターンは似ていた。柴崎など代替できる選手がいる。広島は誰が抜けようと良いチームだ」と付け加えた。

高萩について尋ねる日本記者の質問に、彼は「私の選択が間違ってなかったということを去年の後半期に示した。日本選手の長所である創造的プレーも良い。それより重要なのは選手と調和しようとして、チームのことをさらに考えるマインドが良い。性格とサッカー知能も素晴らしい」と答えた。

続けて彼は「(※森保監督は)非常に感情のコントロールに長けている。若い監督でJリーグ優勝は容易ではないが、監督の力量が大きいのではないかと思う。選手と良い関係を維持しているのも成績の原動力となったようだ。私が認めるJリーグの数少ない監督の一人だ」と答えた。

ブリーラム戦の大勝がむしろ負担になるのではという取材陣の質問には「運があった。肯定と否定が交差した試合だった。この雰囲気を続けてこそ、スコアより良い評価を受けられる。油断は避けたい。選手が上手くするだろう」と語った。
2年前の引き分けの経験については「経験は経験でしかない。内部の状態をしっかり把握し、選手が競技場で見せられるようにする。選手が初勝利の後、世論に陶酔してたるんだ姿も少し見せた。だが競争はずっと進行中である。主戦と非主戦の差も小さい。誰が投入されても良い結果を出すのではないかと思う」と語った。


スポンサーリンク
楽天





シン・ジンホ、「広島に勝てる」
ベストイレブン




※一部要約

FCソウルのMFシン・ジンホがサンフレッチェ広島戦を前に強い自信を示した。

シン・ジンホは「日本でも強いと思うチームだ。今回は開幕して初めてのホーム試合なので、絶対に勝たなければならないという考えで試合をする。準備をかなりしたので勝てると確信している」と語った。

続けて彼は「浦項にいたときの3年前に対決した。試合をして難しい部分はあったが、勝ったので自信がある。選手は冬に準備をかなりした。なので良い試合をすることができると思っている」と自信の根拠を挙げた。

F組首位のソウルは来月1日午後2時、ソウルワールドカップ競技場で広島と2016ACL2次戦に出る。
23日にブリーラム・ユナイテッドと行ったタイ遠征で5ゴールを合作したアドリアーノとデヤンを前面に出し6-0の大勝を手にしたソウルは、広島相手に序盤の上り調子の足場を用意するという覚悟だ。


【関連記事】
【ACL】韓国メディア「民族の魂を目覚めさせる3.1節、FCソウル-サンフレッチェ広島の韓日戦は言葉が必要ない勝負だ」

プロサッカー監督の仕事 非カリスマ型マネジメントの極意プロサッカー監督の仕事 非カリスマ型マネジメントの極意
森保一

カンゼン
売り上げランキング : 25469

Amazonで詳しく見る

Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...