ペク・スンホのバルセロナBデビューのニュースを羨む日サッカーファン
国民日報




※一部要約

FCバルセロナの成人舞台を踏んだペク・スンホのニュースが伝えられると、すぐに日本サッカーファンが羨ましいという反応を見せた。

日本サッカー専門メディア"サカキン"は22日、「バルセロナ1軍昇格も見えた!"第2のシャビ"韓国MFペク・スンホに期待」というタイトルでペク・スンホのバルセロナ2部リーグ出場のニュースを報じた。
ペク・スンホは21日、レバンテBとの試合に後半44分交代投入され、右サイドの攻撃手として3分間グラウンドを踏んだ。
ペク・スンホは攻撃ポイントなしで試合を終えたが、バルセロナBは2-0で勝って6連勝を走った。

一部の日本サッカーファンは嫉妬心のためペク・スンホの成人舞台デビューを低評価した。
ほとんどのファンは海外名門チームの選手を排出した韓国を羨み、アジアサッカーの肯定的な現象として評価した。

「羨ましい。色んな考えがあるだろうが、率直にペク・スンホは物凄いと思う」

「妬ましいがアジアからこういう選手が出てくるのは肯定的な現象だ」


スポンサーリンク
楽天





「若くしてヨーロッパで活躍している選手が将来アジアサッカーの発展に貢献できれば良いだろう」

「韓国は日本とは違って幼少の頃から英語教育と海外留学が早いね」

「残念ながらサッカーではずっと韓国が一歩先に立つように見える」

「韓国人と言っても厳しいのは同じだ。嫉妬するが訳もなく不必要な言葉を吐き出さずに応援したい。このような存在がいるというのが率直に羨ましい」

このメディアはペク・スンホをバルセロナで最も期待されている若い選手の一人だと伝えた。
ペク・スンホは"第2のシャビ"と呼ばれるプレーメーカーで、両足を自由自在に使って試合のテンポ調節が巧みだと紹介した。
また、このメディアは同じチームで活躍中のイ・スンウももうすぐBチームデビューを飾る可能性が高いと伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...