FC東京城福監督「イ・ドング-キム・シヌクが警戒対象1号」
スターニュース




※一部要約

全北現代とのACL1次戦を控えて、FC東京の城福監督が警戒心と覚悟を示した。、

全北現代は23日、全州ワールドカップ競技場でFC東京を相手に2016ACL1次戦のホーム試合を行う。


─全北現代戦を前にした所感は。

全北はKリーグを2連覇したチームというのをよくわかっている。
ダブルスカッドを設けるほど物凄い補強をしたことを知っている。
私たちが持っているすべてのものを一気に注がなければ戦いにならないと思われる。
しつこく諦めず、勝機を掴めるように最善を尽くして良い試合をできるようにする。


─FC東京の監督に復帰して初戦であり、ACL予選の初戦だ。特別な覚悟はあるか。

日本のクラブはACLで成績をあまり出せなくなっている。
厳しい状況だがACL優勝が目標だ。
ホームと遠征は異なるが、明日の試合でFC東京の長所をできるだけ見せる。
ACLで良い姿をアピールする。


スポンサーリンク
楽天





─全北現代に備えてどのような戦術や練習をしたのか。

詳しくは言えないが、全北は選手層が厚く高さもあり、スピードもある。
技術とドリブル能力の良い選手もいる。
対策はひとつふたつではないが、個人そしてチームがミスをしないことがより重要だと考えている。
ゴール決定力の良いイ・ドングと長身のキム・シヌクが警戒対象だ。
両選手はどちらも特徴があるが、二人を抑えるため戦術的に備えた。


─遠征試合だ。守備的に進めるのだろうが攻撃戦術は。

勝ち点を取ることが重要だ。
FWだけでなくMFなど、全体的に粘り強さが必要である。
我慢して諦めず、最後まで勝負するために粘り強く努力する。


─FC東京の長所は何だと思うか。

私たちはキープを土台に戦術展開を多様に成す長所がある。
中盤の争いで良い姿を見せられるようにする。




FC東京森重「キム・シヌクとの1:1の勝負で絶対負けない」
スターニュース




※一部要約

─試合を前日にした所感は。

全北は良いチームだ。
ACLでそうした良いチームを相手に試合をすることになった以上、遠征だがしぶとく最後まで諦めずに最善を尽くす。


─2回目のACL参加で、代表でもアジアチーム相手にプレーした。明日に試合を控えた覚悟は。

アジア1位が目標だ。
Jリーグは最近ACLで弱くなった姿を見せているが、良い姿を見せられるよう最善を尽くす。


─キム・シヌクだけでなく背の高い選手が補強され、空中戦が予想される。対策は。

ロングボールやゴールに迫ったときの能力が優れている選手だ。
フィジカル勝負になるだろう。
1対1の勝負で絶対負けないようにする。
そしてチーム全体の戦術を活用して防ぐようにする。


─公式戦から空白があった。空白の難しさはないか。

全チームがこの時期は似ている。
宮崎現地練習で練習試合を続けてきたので、試合感覚には問題がない。
重要な時期であるだけに、勝ち点を取れるようしぶとく最後まで諦めずに最善を尽くす。


【関連記事】
【ACL】全北チェ・ガンヒ監督「日本チームとの悪縁を今年断ち切る」「FC東京はJリーグチームの特徴を持っている」


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...